投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】千歌「あなたと2人で!」ダイヤ「お泊まり会……ですの?」

【ラブライブ!】千歌「あなたと2人で!」ダイヤ「お泊まり会……ですの?」

2016年09月24日 3:53:32 , JST | 未分類
:◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:32:14.17 ID:SBhI567u0


千歌「だぁー……さすがに遠いですって……学校から家までなんて……」

ダイヤ「こ……この程度で息を切らすなんて……た、たるんでる証拠ですわ……」

千歌「ダイヤさんだって息切れしまくってるじゃないですか……とりあえず着きましたよ」

ダイヤ「改めて見ると……結構大きいですわね」

千歌「ダイビングのシーズンってこともあって結構人は来てるんですよねー、とりあえず上がってください」



:◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:32:14.17 ID:SBhI567u0

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

    :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:32:40.08 ID:SBhI567u0


    ダイヤ「お、おじゃましまーす……」

    千歌「ただいまー」

    志満「おかえりなさい、千歌ちゃん……あら、お客さん?」

    千歌「うちの生徒会長兼Aqoursのメンバー、ダイヤさんだよ!」

    ダイヤ「ど、どうも」

    志満「ダイヤさん、ゆっくりしていってくださいね」

    ダイヤ「は、はい!よろしくお願いしますわ!」

    千歌「私の部屋こっちです、ダイヤさん」



    :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:33:10.84 ID:SBhI567u0


    ダイヤ「……それにしても、結構大きいんですのね」

    千歌「そりゃ旅館やってますからね、家とはさすがに殆ど別の建物になってますけど」

    ダイヤ「海も近くていいですわね、ここ」

    千歌「でしょ?」

    ダイヤ「なんでそんな得意気に……って、これは……」

    千歌「あ、すみませんすぐに片付けますから!」

    ダイヤ「……淑女の部屋とはとても思えませんね……ってμ’sのポスターも貼ってるんですのね」



    :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:33:45.20 ID:SBhI567u0


    千歌「このポスターお気に入りなんですよね」

    ダイヤ「これはラブライブ決勝の時のものですわね、私も会場に……」

    千歌「行ったんですか!?」

    ダイヤ「……行きたかったですわ」

    千歌「なぁんだ、残念……」

    ダイヤ「私がスクールアイドルに本格的に入れ込んだのはμ’s解散後ですし、そのことを知った時は本当に後悔しましたわ」

    千歌「当時応援してたファンは自慢できますよね」



    :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:34:10.15 ID:SBhI567u0


    ダイヤ「そうですわね、スクールアイドル黎明期の伝説ですもの……ところで、手が止まってますわよ?」

    千歌「ご、ごめんなさい!」

    ダイヤ「ん?どれどれ、宿題は……」

    千歌「あ、ちょっと!」

    ダイヤ「って!真っ白じゃありませんか!」

    千歌「うぅ……」

    ダイヤ「……後片付けが終わったらみっちりやりますわよ!」

    千歌「はぁーい……」

    ダイヤ「ほら手が止まってますわよ!?」

    千歌「はぁーい!」



    :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:34:35.63 ID:SBhI567u0


    ……………

    千歌「ダイヤさん、ここってどうやって解けば良いんですか?」

    ダイヤ「ここは教科書のここの公式を使って……」

    千歌「……あ、出来た!流石生徒会長!」

    ダイヤ「この場合生徒会長であることは関係ないと思いますが……千歌さんも教えるとすぐ覚えますし」



    10 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:35:08.50 ID:SBhI567u0


    千歌「私、結構やれば出来る子なんですよーっ」

    ダイヤ「なら初めからやりなさい!」

    千歌「ご、ごめんなさい……」

    ダイヤ「……こほん、今何ページまで終わりましたの?」

    千歌「えーと……25ページくらいです」

    ダイヤ「このペースなら夏休みが終わるまではなんとかなりそうですわね、そろそろ休憩しましょう」



    11 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:35:34.26 ID:SBhI567u0


    千歌「わーい!ようやく解放される……」

    ダイヤ「貴女……一応義務なんですわよ?」

    千歌「分かってますけどぉー……結局3時間以上やってましたね」

    ダイヤ「集中すればあっという間に終わってしまいますわ。練習の時とかもそうでしょう?」

    千歌「それもそうですね、夕飯ここで食べます?」

    ダイヤ「そうですわね、さすがに家族団らんに混じってというのは……」



    12 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:36:00.59 ID:SBhI567u0


    千歌「彼女の家に遊びに来た彼氏みたいで?」

    ダイヤ「そうで……って違いますわ!」

    千歌「あはは、ジョークですよやだなぁ」

    ダイヤ「……前から思ってましたけど、千歌さんは人をからかうのが好きなのですか?」

    千歌「んー……嫌いではないですけどダイヤさんは反応が面白いなって」

    ダイヤ「あのですね……」

    千歌「と、とりあえずご飯持ってきますね!」

    ダイヤ「はぁ……わかりましたわ」



    13 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:36:28.55 ID:SBhI567u0


    ……………

    千歌「カレー美味しかったですね」

    ダイヤ「人の家で食べるカレーって案外美味しいものですわね」

    千歌「あー、なんかそれ分かります、でもなんだかんだ自分ちのご飯って一番美味しいですよね」

    ダイヤ「やっぱり慣れ親しんだ味ですものね……それにしてもプリンまでご馳走になるなんて……ありがとう」

    千歌「いやいや、まさかダイヤさんプリン好きなんて、結構可愛いところあるんですね」



    14 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:37:06.19 ID:SBhI567u0


    ダイヤ「それは、もしかして馬鹿にしているんですの?」

    千歌「いやいや!むしろ親しみやすいなって」

    ダイヤ「親しみやすい?」

    千歌「やっぱり硬いイメージって中々抜けないんですよね、お話することも増えていろんな一面を知れましたけど、こういう所にも可愛いところたくさんあっていいなって」

    ダイヤ「……そうですか」

    千歌「あっ、お風呂どうです?特別に露天風呂使っても良いって」




      15 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:37:32.07 ID:SBhI567u0


      ダイヤ「露天風呂……いいですわね、入らせていただきますわ……あ、でも一緒に、とかは……」

      千歌「いやいや、女同士で何を……まいっか、先に入って下さい」

      ダイヤ「はい、いただきますわね」



      16 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:38:04.94 ID:SBhI567u0


      ……………

      カポーン

      ダイヤ「はあ……心が洗われますわ……」

      ダイヤ「それにしても……誰もいないのですわね、ここまで広いと少し物悲しいですわ」

      ガララ

      ダイヤ「……お客さんですの?」

      千歌「えへへ、きちゃいました!」

      ダイヤ「ぴっ!?ち、千歌さん!?」



      17 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:38:30.65 ID:SBhI567u0


      千歌「いやー、来るなっていわれると来たくなりますよね」

      ダイヤ「って他のお客は!?」

      千歌「あー、清掃中の立て札かけてるので誰も来ないと思いますよ?」

      ダイヤ「ああそういうからくり……ってそうではなく!」

      千歌「女同士なんですからそんな構えないで下さいよー。セクハラしようってんじゃないし」



      18 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:38:58.35 ID:SBhI567u0


      ダイヤ「ああもう……!」

      千歌「あれ、恥ずかしいんですか?」

      ダイヤ「そんなことは……って、ちょっと、近寄ら……」

      千歌「んー……えいっ」ギュ

      ダイヤ「ぴぎゃっ!?」

      千歌「……あれ、ダイヤさん?ダイヤさーん!」



      19 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:39:27.23 ID:SBhI567u0


      ……………

      ダイヤ「……んぅ?」

      千歌「あ、良かった目が覚めたんですね」

      ダイヤ「私……あれ、先程までお風呂に……千歌さんが乱入して……あれ?」

      千歌「えーと……そ、そう!逆上せちゃってたから運んできたんですよ!」

      ダイヤ「それはお手数をおかけしましたわね……ところでなんで私は千歌さんを見上げてるんですの?」



      21 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:39:54.78 ID:SBhI567u0


      千歌「ああ、膝枕してるからですよ」

      ダイヤ「なんだ膝枕……膝枕!?」

      千歌「おわっ!?」

      ダイヤ「そ、そういうのはきちんと許可を取ってから!」

      千歌「いや気絶してる人に許可も何もないと思うんですけど……」

      ダイヤ「お黙らっしゃい!だいたい……あっ……!?」ふら



      22 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:40:22.07 ID:SBhI567u0


      千歌「あーもー激しい動きするからですよ、ほら掴まって」

      ダイヤ「あ、ありがとうございます……」

      千歌「もう膝枕しませんから、少し横になってください」

      ダイヤ「……申し訳ありませんわ」

      千歌「なに謝ってるんですか、大体私の……」



      23 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:40:54.47 ID:SBhI567u0


      ダイヤ「?」

      千歌「な、なんでもないです」

      ダイヤ「それにしても千歌さんのベッド、結構ふかふかしてますわね」

      千歌「ふふーん、でしょ?」

      ダイヤ「なんで得意気なんですの……それに、いい匂いがしますわね、ここ……」

      千歌「ん?特になんもしてないですけど……」

      ダイヤ「千歌さんの……匂い……」

      千歌「へっ!?……って寝てる……まあいっか、私も寝よっと」

      もぞ……



      24 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:41:23.18 ID:SBhI567u0


      ……………

      ダイヤ「ふぁ……あれ、寝てましたの……?」

      むにゅ

      ダイヤ「……は?」

      千歌「すかー……」

      ダイヤ「なっ!?なななななな……」

      ダイヤ(なんで千歌さんが隣で寝てるんですの!?)



      25 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:42:08.89 ID:SBhI567u0


      ダイヤ(あ、いい匂い……じゃなくて!……冷静に考えれば私が千歌さんのベッドを占領してたので当然ですわね……)

      千歌「ダイヤさーん……」

      ダイヤ(わっ、私の名前を!?一体どんな……)

      千歌「うへへへへ……」

      ダイヤ(……とりあえず)

      ダイヤ(眠れない……)



      26 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:42:34.78 ID:SBhI567u0


      ……………

      千歌「ダイヤさん、ダイヤさんっ」

      ダイヤ「んぁ……?結局眠れましたのね……ってまだ5時前じゃありませんの……」

      千歌「ちょっと海見に行きません?」

      ダイヤ「海……ですの?」

      千歌「はいっ、ちょうどこの時間なら見られると思うので!」

      ダイヤ「……仕方ないですわね」

      千歌「えへへ、やったぁ」



      27 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:43:00.83 ID:SBhI567u0


      ……………

      ダイヤ「流石に早朝は冷えますわね」

      千歌「真夏と言っても朝と夜は少しはださむいですよね……あ、見えましたよ」

      ダイヤ「……あら、これは」

      千歌「綺麗でしょ?ここから見る朝日」

      ダイヤ「……良いですわね」



      28 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:43:30.34 ID:SBhI567u0


      千歌「なんかこう、頑張るぞー!みたいな感じで元気貰えるんですよね」

      ダイヤ「そうですわね、なんだかやる気が出てきますわ」

      千歌「私、良かったです。こうしてダイヤさんと朝日が見られて」

      ダイヤ「奇遇ですわね、私も丁度同じ事を考えていましたわ」

      千歌「じゃあ2人は相思相愛の……」



      29 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:43:56.89 ID:SBhI567u0


      ダイヤ「だから、せっかくいい雰囲気なのに茶化さないで下さい!」

      千歌「あはは、ごめんなさい……じゃ、そろそろ戻りましょうか」

      ダイヤ「千歌さん」

      千歌「はい?」

      ダイヤ「……ありがとうございます」

      千歌「えへ、どういたしまして」



      30 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:44:23.47 ID:SBhI567u0


      ……………

      ダイヤ「ちゃんと宿題は持ちましたか?」

      千歌「バッチリです!」

      ダイヤ「練習道具も?」

      千歌「もちろんです!」

      ダイヤ「なら良し!お世話になりました」

      美渡「いえいえ、なんならまた来てください、 ご覧の通り何も無いですが」



      31 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:45:26.78 ID:SBhI567u0


      志満「またいらして下さいね、千歌ちゃんもすごく上機嫌で……」

      ダイヤ「はあ……?」

      千歌「し、しま姉そういうのはいいの!ほ、ほらほらダイヤさんバス来ちゃう!」

      ダイヤ「ちょっと、お待ちになって!」

      千歌「いってきまーす!ほらダイヤさん急いでー!」



      32 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:45:52.33 ID:SBhI567u0


      ……………

      千歌「なんとか間に合いましたね……」

      ダイヤ「いくらバス停の前とはいえバスが着いてるのを見ると焦りますわね……」

      千歌「……あ、そうだダイヤさん」

      ダイヤ「なんですの?」

      千歌「また、来てくれますか?」

      ダイヤ「……喜んで」



      33 :◆SnRYFtRlz.  :2016/09/06(火) 22:46:24.31 ID:SBhI567u0


      これにておしまい

      同じ景色を眺めて、見えるもの

      そんなテーマでした
      ありがとうございました



      34 :名無しで叶える物語 :2016/09/06(火) 22:52:16.37 ID:M3Vn7cMQ0


      乙です
      ダイヤ様かわいい



      35 :名無しで叶える物語 :2016/09/06(火) 22:56:38.44 ID:ScdARadO0


      おつ
      次も期待してるぞ



      36 :名無しで叶える物語 :2016/09/06(火) 22:56:39.86 ID:atJuvXzUd


      なんて有能なんだ



      40 :名無しで叶える物語 :2016/09/06(火) 23:20:50.54 ID:mJF4bIG20


      ダイチカいいね……



      41 :名無しで叶える物語 :2016/09/06(火) 23:24:00.31 ID:Yrzl87OQ0


      ダイちかよい‥



      45 :名無しで叶える物語 :2016/09/07(水) 00:23:20.83 ID:OhsJQUZCa


      ダイチカルビィで三姉妹もいいぞ



      47 :名無しで叶える物語 :2016/09/07(水) 05:38:32.24 ID:IVKcVNdW0


      少しづつ仲良くなっていく感じが見てて面白い
      次も楽しみー



      48 :名無しで叶える物語 :2016/09/07(水) 05:38:32.24 ID:IVKcVNdW0

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1473168706/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど