投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】ことり「弓道場にて」

【ラブライブ!】ことり「弓道場にて」

2016年01月06日 7:02:11 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:55:08.16 ID:JjZdUuJO0


ぱんっ、と。

弦音が鳴ったのは、ことりが弓道場に足を踏み入れると同時でした。

─────真剣な表情で射った矢の先を見つめる海未ちゃんを見つけた時、ことりの胸はどきりと跳ね上っちゃったの。

だって、海未ちゃんが、あまりにも。

その横顔が、あんまりにも、格好良くて。

キラキラと、輝いて見えたから。




:名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:55:08.16 ID:JjZdUuJO0

人気の記事

    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:55:57.61 ID:JjZdUuJO0


    「海未ちゃん………」

    ことりなんかが、あの神聖な空間に割って入っちゃったら駄目なんじゃないかって。

    尻込みする。

    再び弓を構えた海未ちゃん。弓を引き分ける。

    ことりは、ふと目線を下に落として、そこで靴を見つけた。

    それは、見慣れたローファーだった。

    海未ちゃんが、一日中履いた、ローファー。



    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:56:32.95 ID:JjZdUuJO0


    ───────あっ。

    あっ、と思って。はっ、とした。

    周りにはことりと海未ちゃん以外は誰もいない。

    海未ちゃんも、ことりには気が付いていない。

    手を伸ばして、腰を屈めて、ってところで、我に帰り、動きが止まる。

    「………」

    目の前にあるのは海未ちゃんのローファー。他に靴はないから、間違いはない。

    「はぁ…はぁ…」

    どどど、どうしよっかな。



    :【沖縄電 – %】 (家)@\(^o^)/ (ワッチョイW 65a5-XfM4) :2015/12/22(火) 19:56:59.81 ID:RDjCYoXS0





    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:57:18.88 ID:JjZdUuJO0


    弓が放たれた音。

    「───────っ!」

    とっさに身を引いて、息をひそめる。

    ああ…なんでことり、隠れてるの?

    なんで、息をひそめてるんだろ…

    ─────はぁ、はぁ。

    だ、だめよ、そんなこと。

    見つかったら、きっと一撃のもとに討ち取られちゃうよ…。



    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 19:59:24.52 ID:JjZdUuJO0


    気が付けば、ことりは片手に靴を掴んでいた。

    あぁ、こんなこと、ほんとはしちゃ駄目だけど───でも。

    でもでも、胸がドキドキして、我慢できないんだもん。

    うぅっ!ごめんなさい海未ちゃん。

    ちょっとだけ。ほんのちょっとだけ、だから────。

    すん、すんすん。

    ああぁ、やっちゃった♡

    だめ、あぁん、すんすん、はぁん!

    いけないって分かってるのに、止められない。

    ───海未ちゃんのローファーからは、ことりの胸をぎゅって締めつけちゃうほどの匂いがしたの♡



    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:02:04.99 ID:JjZdUuJO0


    「す─────………はぁ─────♡」

    思いきって、つま先のほうまで鼻を入れる。

    海未ちゃんの匂いが鼻腔をくすぐる。

    部活後の海未ちゃんの耳の裏を嗅いだ時と同じ…

    クラクラ、する。

    抱き締めて、耳に鼻をくっつけた時の海未ちゃんの恥ずかしそうな反応が脳裏によぎる。

    やだ♡ ねえ海未ちゃん。今のほうが、もっと恥ずかしいことしてるよ?

    クスクス♪

    あああ─────ゾクゾクしてきた、かも♡



    :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:03:11.18 ID:JjZdUuJO0


    「あぁん……」

    やだ、すごい。

    海未ちゃんの靴って、こんなに刺激的なんだね。

    ことりの頭の中が、どんどん掻き回されていっちゃう。

    海未ちゃんの唇、海未ちゃんのおなか。海未ちゃんの生足────

    海未ちゃんの足で一日中踏まれた、靴。

    次々浮かんでは消える、海未ちゃんの姿。

    すごい。海未ちゃんってば本当にすごい。



    10 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:03:44.67 ID:JjZdUuJO0


    「ああぁ、んっ────」

    胸が苦しくなって、ぎゅって押さえる。

    左手は靴を顔に押し付けて、右手で胸を鷲掴む。

    「はぁ、はぁ──────♡」

    舌を出す。

    中敷きに一瞬触れた。

    ゆっくりと、舌を這わせる。

    舌の先をぐっと底に押し付けて、舐め上げる。

    ──────ごっくん。

    口の中に溢れてくる唾液と一緒に、その味を堪能。



    11 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:04:52.56 ID:JjZdUuJO0


    踵の部分を噛んでみる。

    何度か甘噛みして、感触を確かめたあと、一度強く噛んでみる。

    うっすらと跡がついた。ことりのつけた跡が。

    征服欲─────というよりは、所有欲?

    マーキング♡

    これはもうことりのものなんだからねって思うと、不思議とゾクゾク。

    あぁ、ことりは─────

    いけない子でしょうか?



    12 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:05:28.02 ID:JjZdUuJO0


    名残惜しさを感じながら、ことりはローファーから顔を離します。

    海未ちゃんを一瞥。今は残心中です。

    「ほっ……」

    よかった。

    海未ちゃんには気付かれてなかったみたい。

    トリップしてる間は、完全に無防備になるから、用心しなきゃ。

    「でも、ここは思い切って…」




      13 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:05:38.99 ID:sPVDp97up


      いけません



      14 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:06:05.71 ID:JjZdUuJO0


      ことりはそっと土間に横たわりました。

      自分の顔の上に、海未ちゃんの靴を置いてみる。

      ───────あぁ、こんなところ、誰かに見られたら終わっちゃうな。

      「くんくん……はぁはぁ♡」

      海未ちゃんに踏み付けられてる妄想をしつつ、靴底の匂いを嗅ぐ。

      特に海未ちゃんの香りはしなかった。

      でも、なんだろう

      ことりの中で大きくなっていく、この解放感は。



      15 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:07:01.78 ID:JjZdUuJO0


      『ことりぃ、なんですかその情けない姿は?』

      「ああん♡海未ちゃん♡」

      『そんなに踏んでほしかったんですか? いやらしい子ですねぇ』

      「あんあん♡ ことりはいやらしい子です!だから、もっと強く踏んでぇ♡」

      左手で靴をぐいぐい押し付けてながら、右手を胸に添える。

      『ほら、ほら。望み通り踏んであげますよ』

      はぁ、なんて楽しい妄想なんでしょう。



      17 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:07:57.61 ID:JjZdUuJO0


      ───────
      ─────
      ───

      「─────あぁ、ことりでしたか」

      「お疲れ様、海未ちゃん」

      声を掛けると、海未ちゃんはことりの方に振り返って、一息ついた。

      「タオル、どうぞ♪」

      「ありがとうございます。……ふう。穂乃果は?」

      「先に帰っちゃった。穂乃果ちゃん、最初は海未ちゃんを待つつもりだったんだけど、凛ちゃんからのクレープの誘いには勝てなかったみたいで」

      「そ、そうですか。私よりクレープ…」

      海未ちゃんは少し拗ねたような顔をした。

      クスクス♪ かーわい♡



      18 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:08:33.54 ID:JjZdUuJO0


      「今日はもう終わり?」

      「はい、タオル、ありがとうございます」

      ことりのおやつ、もとい海未ちゃんの汗が染み込んだタオルを受け取る。

      「いつもありがとうございます、ことり」

      「きゅん♡」

      あ、だめよ海未ちゃん。

      そんな色っぽい目で見つめないで。

      「そ、それじゃ……えっと、か、帰ろっか」

      「はい。あ、着替えてきますので、外で待っていてください」

      「あ、うん」



      19 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:09:26.74 ID:JjZdUuJO0


      ・・・・・

      「お待たせしました」

      「それじゃ、いこっか♪」

      「はい。ところでことり、さきほど靴を履いたとき、少しだけ暖かい気がしたんですが、カイロでも入れていてくれたんですか?」

      「ははぁ、懐で温めさせてもらいました」

      「おや。どこぞの猿でも紛れ込んだのでしょうか?」

      「やだ、ふふふ♡」

      「クスクス♪ 冗談ですよ♪」

      「ふふ♪」

      夕陽に包まれて、ことりと海未ちゃんは仲睦まじく帰路につきました。

      今日も平和な、良い一日だったな。



      20 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:09:40.86 ID:5RrVeSIaa


      いけない子ですね……



      21 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:09:56.71 ID:Zh5HCwhx0


      いけませんよことり



      23 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:39:05.31 ID:Et6tzTo60


      >>8

      ことりちゃんの鼻長くてワロタ



      24 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:45:57.80 ID:vDRqaOT90


      >>23

      爪先まで とは言ってない

      文才の塊



      25 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 20:47:09.38 ID:1JBps6s70


      新しい世界が見えた



      30 :名無しで叶える物語 :2015/12/22(火) 22:12:02.23 ID:Sgi9Wtyd


      >>4

      うおおおおおお



      43 :名無しで叶える物語 :2015/12/23(水) 23:45:30.11 ID:nmwxvcf5K


      既に弓道場から出て>>19
      で平和な一日だったなで締めてるから終わりなのでは?



      44 :名無しで叶える物語 :2015/12/23(水) 23:45:30.11 ID:nmwxvcf5K

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1450781708/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど