投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】海未「かしこいかわいい?」

【ラブライブ!】海未「かしこいかわいい?」

2016年05月31日 10:55:29 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 19:51:47.93 ID:856heT0I


海未「絵里、ちょっといいですか」

絵里「ん、どうしたの海未?」

海未「お話ししたいことがあるのですが…」

絵里「構わないけれど…私生徒会の仕事あるわよ?」

海未「お手伝いしましょう」

絵里「それはありがたいわね。じゃあ生徒会室に行きましょうか」

海未「ありがとうございます」



:名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 19:51:47.93 ID:856heT0I

おすすめのウェブサイト

    戦争映画とゾンビ映画のコラムサイト|戦争映画が好きだッ!

    :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 19:52:20.38 ID:856heT0I


    絵里「………」カタカタ

    海未「………」カリカリ

    絵里「話したくなったら言ってね」

    海未「あ、いえ、特に重要ではない話なので」

    絵里「えっ……てっきり練習後に呼び止めるものだから重要な話だと思ったのだけれど…」

    海未「すみません、ただの世間話なんです」

    絵里「なんだ、心構えしてたのに損した気分だわ」

    絵里「…で、そんなに私と話したかった世間話ってなに?」



    :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 19:52:53.20 ID:856heT0I


    海未「……その、絵里は賢いですよね?」

    絵里「うん………うん?」

    海未「だって、かしこいかわいい……って言うじゃないですか」

    絵里「え、ええ……そりゃあ言うけど…」

    海未「そこなんですよ」

    絵里「???」

    海未「かしこいはまだわかります。絵里は部活と今のように生徒会とを両立させている上に、みなさんを主導してくれているのですから」

    海未「ですが『かわいい』というのはどうでしょうか。私にはどうもそうは思えないのです」



    :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:00:15.84 ID:856heT0I


    絵里「なによ。私の顔に不安があるとでも言いたいのかしら?」

    海未「あっ、いえ!そんなことはありません!絵里は整った顔立ちをしていますし、身長も高くスタイルもよくて、日本人離れした雰囲気を持っています。表情も柔和でいつも安らぎを与えてくれますし………」

    絵里「ああもういいわよ!わかったから少し静かにしなさい!////」カァァ

    絵里「海未、あなた人のこと褒めすぎよ」

    海未「事実を述べたまでです」

    絵里「はぁ……病気ね」

    海未「まあ、それはそうとしまして、あなたはかしこいしかないと思うのですよ、絵里」

    絵里「んーーー……まあ合ってるといえば合ってる…のかな?」

    絵里「実際、『かしこいかわいいエリーチカ』なんて呼ばれていたのも昔のことで、今ではおばあさまくらいにしか言われないし」

    海未「…なるほど」



    :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:01:25.12 ID:856heT0I


    絵里「……続けて?」

    海未「ぇ……終わり………ですけど」

    絵里「………本当にただの世間話だったのね…」

    絵里「手伝ってもらったお礼に(?)話を広げさせてもらうけれど、人によって捉え方が違うのかもしれないわよ?」

    海未「というのは?」

    絵里「今、私をかわいいって言ってくれる人はおばあさましか居ないけれど、探せばおばあさまと同じ感性、もしくは私の過去に基づいてかわいいと感じる人も居るかもしれないってことよ」

    絵里「海未で例えてみましょうか、海未、あなた自分をかわいいって思ったことある?」

    海未「………その質問はいいえと答えなければいけないのでは?」



    10 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:02:16.55 ID:856heT0I


    絵里「ううん、そういう話じゃなくて、自分が『かわいい系』に該当するかってこと」

    海未「かわいい系…?というのはつまり、ことりやにこ、凛などのことを指すようなものでしょうか」

    絵里「まあ、これも個人差があるのだけれど…そういうこと」

    海未(ラブアローシュートっとぉとぉとぉとぉ〜〜〜♥ )

    海未「……思いませんね」

    絵里「うん、そう答えるって思ってた」

    絵里「『かわいい系』と『かっこいい系』に二極化するのであれば、海未はどっちに入るって自分では思う?」

    海未「………かっこいい系?」

    絵里「うん、そうだと思う。海未のファンもあなたの凛々しい部分に惹かれているのだと思うし、女の子に好かれるのもその部分が強いからだと思うわ」



    11 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:10:25.55 ID:856heT0I


    絵里「でもね、私は違うの」

    絵里「私は海未をさっきの二極化で言えば、かわいい系に分類してるの」

    絵里「あなたはかわいいわよ、海未」

    海未「は、はあ!?///なに言ってるのですかいきなり……///」

    絵里「そうそう、そうやってすぐ顔を赤くするところとか、心の奥底からキュンキュンしちゃう」

    絵里「大体今だって、オチのない話をするためだけに、わざわざしなくていい仕事を手伝ってトコトコついてきてくれたんだから、それだけでもうかわいすぎよ」

    海未「ぁ……え……///」カァァ

    絵里「まあ、そういうわけで他の人にとってはかっこいいと感じるかもしれないけれど、私にとっては海未はかわいい女の子に感じるって話」



    12 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:10:50.73 ID:856heT0I


    絵里「って海未?」

    海未「………か…」プルプル

    絵里「??」

    海未「かえりますっ!////」

    絵里「ぇ」

    海未「絵里はいつもそうやって私をからかうのですから!もう知りませんっ!///」

    絵里「えぇ……」

    海未「それではまた明日!体調にはしっかり気をつけてくださいね、ごきげんよう!///」バタン



    13 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:11:27.39 ID:856heT0I


    絵里「……イジメすぎたかしら」

    絵里「あ、海未…ちゃんと仕事全部終わらせて帰ってる……」

    絵里「適当でいいのに…きちんとしてるわね」

    絵里「本人にいうとさも当然のような顔をするからあんまり言わないけれど……この辺がかっこいいのよね、海未」

    絵里「私にとってはまさに、かしこいかわいいウミーチカだわ」

    海未(どうして絵里はこう……いつも私を……///)

    海未(私からすれば、(ずる)かしこい、かっこいい、とかの要素しかないわけですが……)

    海未(かわいい絵里……というのも、見てみたい気がしますね)



    14 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:19:51.65 ID:856heT0I


    ーそれからある日ー

    絵里「ただいま、亜里沙」ガチャ

    絵里「あら、お友達来てるの?」

    海未「お帰りなさいませ、絵里」

    亜里沙「お帰り、お姉ちゃん!」

    絵里「……なんで海未がいるの」

    亜里沙「今日は海未さんにお勉強を教えてもらうと思って……」

    海未「高校受験は大変ですので…不肖ながら私ができるだけのお手伝いをさせていただきましょう」

    絵里「いや、私は海未と亜里沙がいつの間にか仲良くなっていることに疑問を呈しているのだけど……まあいいわ」

    絵里「折角だから、ごはん食べて行きなさい。亜里沙もそっちのがいいでしょう?」

    亜里沙「うん!」

    海未「いや、でもそんな……悪いですよ」



    15 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:20:17.44 ID:856heT0I


    絵里「二人分も三人分も変わらないし、亜里沙も喜んでるわ。あなたのお家さえよければ是非食べていって欲しいの」

    海未「そ、それでは…ご馳走になります」

    絵里「ん、よろしい」

    絵里「じゃあ早速作ってるから、ゆっくりしてて」

    海未「なにを言いますか、練習上がりで疲れているでしょう?手伝いますよ」

    絵里「それは海未もでしょ?だいたいあなたは亜里沙に勉強教えに来たんじゃない」

    海未「ですが絵里は人一倍………」ガヤガヤ

    亜里沙「…………」




      16 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:20:35.94 ID:856heT0I


      3人「ごちそうさまでした〜!」

      海未「亜里沙、食器を下げましょう」

      絵里「こら、海未。あんまり亜里沙を甘やかさないの。自分の食器は自分で片付けるのが絢瀬家のルールよ」

      海未「絵里のもお下げいたしますよ」

      絵里「えっ………いや…それはさすがに……」

      海未「遠慮することないですよ。美味しいごはんをご馳走してもらったお礼です」

      絵里「いやでも、それでも……うぅーん……」

      亜里沙「…………」



      18 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:29:30.95 ID:856heT0I


      亜里沙「ここは……こうかな?」カキカキ

      絵里「あっ、亜里沙。そこ間違ってる」

      絵里「ここは少し複雑だけれど、よく見ると公式にそのまま当てはめられるから………」ペラペラ

      海未「…………」ポケー

      海未(やっぱり絵里は…かしこい、かっこいい、ですよね……)

      亜里沙「………」ジー

      絵里「ごめんなさい、少しお手洗いに行ってくるわね」

      海未「はい、いってらっしゃいませ」

      絵里「…………」トタトタトタ

      バタン



      19 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:29:59.26 ID:856heT0I


      海未「亜里沙、聞きたいことがあるのですが、よろしいでしょうか?」

      亜里沙「…その前に、私も海未さんに聞きたいことがあります」

      海未「質問ですか?いいですよ、なんでも………」

      亜里沙「そうではなくて、お姉ちゃんについてのことです」

      海未「絵里について…?」

      亜里沙「タントウチョクニュウに聞きますが、海未さんってお姉ちゃんのことが好きなんですか?」

      海未「え?」

      亜里沙「海未さん、お姉ちゃんと話してる時ずっと楽しそうにしてたりしてる」

      海未「そ、そうでしょうか……自覚はないのですが」



      20 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:30:28.52 ID:856heT0I


      海未「絵里のことは好きですよ。最初の頃なんかは、私は人見知りの面があるので……絵里は話しやすいように配慮してくれました」

      海未「最近は…あまり無理をしないようにとよく気遣ってくれて……先輩としても、友人としてもよい人ですよ」

      海未「って、姉を褒められるのはなんだかむず痒いですよね」

      亜里沙「そういうことが聞きたかったわけじゃ…自覚ないのかな?」

      海未「??」

      亜里沙「まあ、いいです。…それで、海未さんの聞きたいことってなんですか?」

      海未「はい、普段亜里沙は、絵里の『かわいい』ところを見たことがありますか?」

      亜里沙「はい?」



      22 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:38:45.88 ID:856heT0I


      海未「私は絵里のかわいいところを見たことがないのです。絵里が言うには感性の違いだと言うことですが、妹の視点からしてどうですか?」

      亜里沙「かわいい…お姉ちゃんのかわいい、ですか……」

      亜里沙「………あ」

      亜里沙「かわいいかどうかはわかりませんが、絶対他人の前では見せなさそうなものならいくつか……」

      海未「本当ですか!?」

      亜里沙「お姉ちゃん今トイレか……ちょっとついてきてください」トタトタ

      海未「え?」



      23 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:39:39.47 ID:856heT0I


      海未「ちょ、ちょっと…どうしたのですか、トイレの前なんかに立って……」ヒソヒソ

      亜里沙「静かに……ここに4つスイッチがありますね?上が電気で、下が換気扇です。左右はどちらかが洗面台で、もう一方がトイレです」

      海未「はぁ……」

      亜里沙「どちらか押してください」

      海未「え?」

      亜里沙「いいですから」

      海未「そ、それじゃあ…こっちで」カチッ

      「えっ!?な、なに?!?」

      海未「しまっ……!?」



      24 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:40:34.31 ID:856heT0I


      「ちょ、亜里沙!?そこにいるの!?」

      海未「あ、ありs……いない!?」

      「ちょっと、返事して!亜里沙!?海未!?」

      海未「は、はい!海未は私です!」

      ガチャ

      絵里「うみぃ!!」ダキッ

      海未「きゃあっ!?」

      絵里「なんでいきなり真っ暗になるのよぉ……普通にトイレしてただけなのに……」グスグス

      海未「え、絵里……一旦落ち着いて、まずは下着をはいてください…」

      絵里「え……きゃあぁぁっっ!!?///み、見ないでよっ!」

      海未「す、すみませんっ!///」

      バタンッ!



      26 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:48:13.03 ID:856heT0I


      亜里沙「どうでしたか?」

      海未「亜里沙……今度からお姉さんにはそういうことをしないようにしなさい……あまりにも……」

      亜里沙「海未さん、顔が笑ってますよ?」

      海未「え?」ニタ

      海未「あ、あれ……なぜでしょう…頬が引きつるのが治りません」グニグニ

      ガチャ

      絵里「ていうか、なんで電気消したのよ……」

      亜里沙「ごめんね、お姉ちゃん。海未さんが洗面所使いたいって言うから案内したけど、スイッチのこと言うの忘れちゃってた」

      絵里「亜里沙……。まあ、わざとじゃないなら仕方ないわね」

      絵里「なんだか疲れちゃった……早いけどもう寝る準備しましょう……」

      海未「そ、それでしたら私もそろそろお暇させていただきますね」

      絵里「あら、そう?下まで送っていきましょうか?」

      海未「いえ、お構いなく!それではまた明日会いましょう!?お邪魔しました!」ガチャ バタン

      絵里「……急いでたのかしら」

      亜里沙「………」



      27 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:49:24.41 ID:856heT0I


      海未「はぁっ……はぁっ…!」ゼエゼエ

      海未(家まで走って帰ってきてしまいました……)

      海未(亜里沙に笑っていることを指摘されてからずっと胸がドキドキして…逃げるように家を後にしましたが……)

      海未(…あの時の絵里、泣いていました。普段私には絶対に見せるはずのない顔で……)

      海未「っ!?」ゾクゾクゾク

      海未(な、なんですかこの高揚は……私は…絵里の、あの顔をもっとみたいと思っているのでしょうか……?)

      海未(もしあれが、私にとっての絵里のかわいさであるとすれば…絵里の『かわいい』はとても素晴らしいものではないでしょうか……)

      海未「ふふ………」

      海未「明日が楽しみになってきましたよ、絵里……♥ 」



      28 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:50:13.80 ID:856heT0I


      絵里「じゃあ今日はこれでおしまい!明日は休みだからよく休んでね」

      「ありがとうございました〜!」

      絵里「ふぅ………」

      海未「絵里っ」

      絵里「海未、お疲れ様」

      海未「はい、お疲れ様です。……今日も少しお話ししませんか?」

      絵里「いいけど……今日も仕事が…」

      海未「構いませんよ、つまらない話ですので」

      絵里「そう。それじゃあ一緒に行きましょうか」



      29 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:59:01.03 ID:856heT0I


      絵里「………」カタカタ

      海未「………」カキカキ

      絵里「で、その仕事中にも関わらず聞かせたいつまらない話ってどんな話なのかしら?」

      海未「……すみません、考えてなかったです」

      絵里「はい?」

      海未「今日こうやって絵里と一緒にいるのは、単に仕事を手伝いたかったからなんです」

      絵里「えぇ?そんな、悪いわよ」

      海未「悪くなんてありませんよ。あなたは最近頑張りすぎです。μ’sもライブ前でいつもより練習量が多いのに、それに加えて生徒会の仕事をしようとするだなんて……」

      絵里「今日終わらなかったことを明日に回したくないだけよ……好きでやってるだけだから」

      海未「それが頑張りすぎだと言っているのです。……絵里が私を気遣ってくれるように、私が絵里を気遣っても構わないでしょう?」

      絵里「……頑固ね。そういうことなら、お言葉に甘えようかしら」

      海未「ええ、ありがとうございます」

      絵里「それはこちらが言うことだわ。…ありがとう」



      30 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 20:59:36.62 ID:856heT0I


      絵里「うーん、終わったー!」

      海未「お疲れ様です」

      絵里「本当にありがとう、一人でやってたらいつ終わるかわからなかったわ」

      海未「いえ、私は簡単なものしかしていませんので……」

      絵里「そうだとしても、よ。あぁ、疲れたわ……」トントン

      海未「………」

      モミモミ

      絵里「ひゃあっ!?海未…?」

      海未「つらそうだったので…迷惑でしたか?」

      絵里「そんなことないけど…」

      海未「では続けますね」モミモミ



      31 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:00:12.76 ID:856heT0I


      絵里「ふぁっ……んっ…」

      モミモミ

      絵里「だ、だめよ海未…こんな気持ちいいことされちゃったら、私……」

      海未「いいですよ、流されるままに身を委ねてください」ニヤ

      モミモミ

      絵里「も……だめ…ぇ……」

      絵里「zzz………」スヤスヤ

      海未「絵里、大丈夫ですか?」

      絵里「………」スヤスヤ

      海未「……ふふ」ニヤ



      32 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:10:46.86 ID:856heT0I


      絵里「んぁ……」

      絵里「ごめん海未……寝ちゃってたみ……」

      絵里「!?」

      絵里「ちょ……なんで真っ暗なの!?」

      絵里(なにこれ…目隠しされてる!?)

      絵里「っ!」ガチャガチャ

      絵里(手足が縛られて…!)

      絵里「ね、ねえ!いるんでしょ、海未……」

      ……………

      絵里「ねえ、ちょっと……」

      絵里「うみぃ………」



      33 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:11:54.33 ID:856heT0I


      海未「…………」ゾクゾクゾクッ

      海未(こ、これです…!これですよ!)

      海未(今の絵里は『かわいい』です!)

      絵里「なんなのよぉ……」グスッ

      海未(もっと…絵里のかわいい姿が見たいですね…少しいたずらしてみますか)

      海未「………ふっ」

      絵里「ひゃあああっっ!?耳に何かきたぁ!?」ゾワッ

      海未「………♥ 」

      海未(真っ白な脚……素敵です)ツツー

      絵里「ひゃうぅ!?///」ビクンッ

      海未(ああ……いい声です♥ かわいいですよ絵里)ハアハア



      34 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:12:37.84 ID:856heT0I


      絵里「ちょっと!?荒い息が聞こえるんだけど!?」

      絵里「海未、そこにいるのね!?なんでこんなことするの!?」

      海未「黙りなさい」

      絵里「ひっ」

      海未「……失礼、静かにしてください」

      絵里「うぅ……なんで、こんなこと……」グスッ

      海未「私にもわかりません。ただ、今の絵里は最高に『かわいい』ですよ」

      絵里「かわ……///」

      海未「恐怖に涙を滲ませ、未知の感覚に甘ったるい声を出し、身を震わせる……そんな絵里が私は大好きですよ」ニッコリ

      絵里「ひぃっ………」

      海未「さて、もうしばらく付き合ってもらいましょうか」

      絵里「もういやぁ……」

      海未「れろ………」

      絵里「ふぁぁっ!?///」

      海未「いい反応ですよ…もっと絵里の『かわいい』を見せてください」ゾクゾク



      35 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:22:54.35 ID:856heT0I


      ー5分後ー

      絵里「あ……うぁ……」

      海未「反応が無くなってきましたね……」

      海未「絵里、今から拘束を全て解きます。逃げ出す気力があるかどうかは知りませんがそのままでお願いしますね」シュル

      絵里「ん……」パチッ

      海未「ふふ…目を隠すのに使ったタイが湿っています……♥ 」

      海未「目もこんなに腫らして……かわいいです♥ 」チュ

      絵里「んぅ……!」

      絵里「もう……勘弁してよ…」



      36 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:23:27.64 ID:856heT0I


      海未「……す、すみません絵里」ハァハァ

      海未「ここまでにしようかと思っていたのですが…どうも私は欲深いようで……」

      海未「絵里の全てが欲しくなってきちゃいました……♥ 」

      絵里「えっ…」

      海未「失礼しますよ」プチプチ

      絵里「えっ!?ちょっと何やってるの!?」

      海未「絵里の胸、大きいですね……羨ましい。いつか私もこんなおしゃれなブラを着けられるようになりたいものです」

      絵里「お願い海未……これ以上はっ……!」



      37 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:24:12.20 ID:856heT0I


      プオーンプオーン

      うみえり「!?」

      グラグラ

      海未「っ!!?」ビクッ

      絵里「な、なに?地震!?」

      グラグラグラグラ

      海未「っはぁ……っはぁ………!」ドキドキ

      絵里「って海未、突っ立ってたら危ないでしょ!?早く身を隠すなりしなさい!」グッ

      海未「ひゃっ……」

      グラグラグラグラ

      絵里「結構長いわね……」

      海未「っっ………」プルプル



      38 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:32:55.39 ID:856heT0I


      グラ……

      絵里「収まった…かしら?」

      海未「はーっ……はーっ……」ゼエゼエ

      絵里「海未、もう大丈夫だって」

      海未「………」フルフル

      絵里「……もう、面倒ね」グイッ

      海未「えっ?」

      ギュッ

      海未「むぐっ……!?」

      絵里「しばらくこれで落ち着きなさい」ナデナデ

      絵里「誰かさんが剥ぎ取ってくれたおかげで、服はだけてるのだけど……」

      海未「っ………」



      39 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:33:58.81 ID:856heT0I


      ー3分後ー

      絵里「そろそろいい?」

      海未「…はい、ありがとうございました」

      海未「……あの、怒って…ますよね?」

      絵里「怒らないわけないでしょ。でもそれと今のは別」

      絵里「……あのね、海未がなにをしようとしたのか知らないけれど」

      絵里「私の『かわいい』っていうのは『弱い』のとほぼ同義で、なるべくかわいいを見せないようにしてるの、特に好きな人の前ではね」

      絵里「もし仮に私のそういうところがバレちゃって、今の海未みたいに一方的に介抱されるとなにか悔しいでしょう?」

      絵里「私がそれを見せるのは家族と、人生をこの人に預けてもいいって思った人だけ」



      40 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:34:40.25 ID:856heT0I


      海未「そ、それ……私ではいけないのですか?」

      絵里「海未はダメ」

      海未「どうして……」

      絵里「あなたに弱いところを全部見せちゃうと、更に気を遣ってくるでしょう?海未が私のことでがんばって体を壊されるとか嫌なのよ」

      海未「……でしたら」

      海未「私もかわいい……弱いところを全て曝け出します。ですので、私と絵里で弱さを分け合いませんか?」

      絵里「…それは、私とずっと一緒に居たいってことになるのだけど……いいのかしら?」

      海未「はい、願ってもないことです」

      絵里「……そうね、私もこんなに見られた上に逃げられるなんて嫌だもの」

      絵里「ねえ海未、もう一度抱きしめさせてくれる?」

      海未「ええ、もちろんです」



      42 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:43:34.50 ID:856heT0I


      ギュッ

      絵里「絶対逃がさないから。最後まで責任とってよ」

      海未「はいっ。もちろんです」

      絵里「バカ、あなたも私に責任を取らせるのよ」

      海未「ええ……そうでしたね。不束者ですが…よろしくお願いします」ギュッ

      絵里「うん……」

      サワッ

      海未「っ!?」ビクッ

      絵里「言っておくけど、さっきまでのこと許したわけじゃないから」

      絵里「これから、あなたの『かわいい』ところをじっくり開発してあげる…♥ 」ツプ

      海未「っっ♥ ♥ 」



      43 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 21:46:10.70 ID:856heT0I


      ー後日ー

      海未「みなさんお疲れ様です。今日も頑張りましたね」

      海未「それでは各自で解散してください」

      絵里「海未」

      海未「はい、なんでしょう?」

      絵里「今日もいいかしら?」

      海未「っ……///わかり、ました…」

      海未「え、絵里…やっぱり恥ずかしいですよ……///」

      絵里「あら、私の恥ずかしいところたくさん見たくせにそういうこというの?」

      海未「それは……うぅ……」

      海未「…わかりました。いいです…よ?好きにしてもらって……」

      海未「私の全てを知って欲しいです……///」

      絵里「うん、やっぱり私の海未はかわいいわね♥ 」チュ

      海未(ああ、もう……結局こうなってしまうのですから……)

      海未(やっぱりこの人はかしこくて、かわいい、私が大好きな人なのだと再認識しました)

      おわり🍫🌊



      47 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 22:02:37.45 ID:NJxvggMc


      わいは好きやで



      51 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 22:25:17.17 ID:ytXtNXmb


      やわ銀神



      52 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 22:30:39.16 ID:1xXW+HdA


      海未ちゃんが地震苦手って設定いつの間にか忘れ去られてるよね



      53 :名無しで叶える物語 :2016/05/20(金) 22:39:25.32 ID:N+WHi6De


      ガチでネタにできなくなったからじゃないの?



      60 :名無しで叶える物語 :2016/05/21(土) 12:35:03.51 ID:ZKrYelIn


      またお前かもっとやれ



      61 :名無しで叶える物語 :2016/05/21(土) 12:35:03.51 ID:ZKrYelIn

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1463741507/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど