投稿カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】希「絢瀬絵里賢くない疑惑裁判」

【ラブライブ!】希「絢瀬絵里賢くない疑惑裁判」

2018年10月05日 0:00:22 , JST | 未分類
  2018/10/03(水) 23:20:21.45


ヒデコ「只今より、絢瀬絵里本当は賢くない疑惑裁判を開廷します。検事及び原告団入廷してください」

ガチャ

検事 東條希

希「……」テクテク

原告団

高坂穂乃果 星空凛 矢澤にこ

穂乃果「……」テクテク

凛「……」テクテク

にこ「……」 テクテク



  2018/10/03(水) 23:20:21.45

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

      2018/10/03(水) 23:22:11.75


    ヒデコ「次に被告、絢瀬絵里。入廷しなさい」

    ガチャ

    絵里「ちょっと。なんなのよ、これ。説明してよ」

    凛「入ってくるなり怒鳴ってるにゃ」

    にこ「有罪ね。有罪」

    希「被告、着席下さい」

    絵里「被告ってなによ、被告って。私何もしてないじゃない。なんで裁判に掛けられなきゃならないのよ」



      2018/10/03(水) 23:26:40.40


    ヒデコ「検事。訴状をお読み下さい」

    希「はい。スクールアイドルμ’sのメンバーである絢瀬絵里は賢い可愛い元生徒会長を謳っている裏で数々の賢くない発言を繰り返し周囲を困惑させています。よってここに絢瀬絵里賢くない疑惑裁判を申請致します」

    絵里「はあ?賢くない発言って何よ。誰の事言ってるのよ」

    にこ「だいたい自分で賢い可愛いとか言ってる時点でどうかしてるわよ」

    凛「にこちゃんみたいだよね」

    にこ「なんですって?」

    凛「あっ、いや…」

    絵里「自分で言ってた訳じゃないわよ。そう言うあだ名だったのよ。子供の頃!」

    ヒデコ「静粛に!わかりました。それでは東城検事、証拠を提出して下さい」

    希「はい。今回は各方面から証拠書類及び証言を集めて来ました。先ずはこちらの資料をご覧下さい」



      2018/10/03(水) 23:28:38.24


    絵里「資料?なによそれ…そんなもの…」

    希「こちらのノート見覚えありませんか?」

    絵里「それは活動日誌…」

    希「このノートはμ’sのメンバーが交代でつけていた活動日誌です。勿論メンバーの一員である被告も書いているわけですが」

    絵里「べ、別に変な事は書いてないわよ」

    希「被告が書いた活動記録の内容に問題がありましたので読み上げたいと思います」

    絵里「ちょっと。プライバシーの侵害よ」

    穂乃果「別にもう皆んな目を通してるんだし今さらだよね?」

    にこ「ああ言う所なのよね」

    絵里「違うわよ。声に出して読まれると恥ずかしいでしょ」



      2018/10/03(水) 23:30:51.07


    かしこくない(かわいい)



      2018/10/03(水) 23:31:18.70


    希「これは被告がμ’s加入後に職員室に行った際にスクールアイドル活動を始めた事に関して教員にいじられイメージが崩壊した事によるショックを受けた事が書いてあります」

    絵里「ちょっと待って。それは…」

    希「では、星空さん。一部抜粋して読み上げて下さい」

    絵里「なんで凛が読むのよ。希でいいじゃない」

    希「裁判長。これは星空さんが読み上げる事に意味があるのです」

    ヒデコ「許可します」

    凛「え〜、じゃあ読みます。私、色んな先生に声掛けられて〜〜〜〜〜〜自分で覚悟を決めて自発的に決めた事。でも、うわぁぁぁぁん。今日はもうやる気なくなったぁぁぁぁぁ。エリチカおうちに帰る」

    絵里「ねえ、それは私のモノマネしてるつもりなの?ねえ?誇張が酷い過ぎるわよ」

    希「ちなみに日誌にはお家を平仮名でおうちと書いていました」

    絵里「別にそれはいいじゃない」

    穂乃果「お家くらい漢字で書けるよね?」

    にこ「当たり前よね?」

    絵里「私だって書けるわよ」



      2018/10/03(水) 23:36:41.25


    希「え〜裁判長。証人がいますので」

    ヒデコ「では、証人、証人台へ」

    穂乃果「はい」テクテク

    絵里「穂乃果…って言うか本当にプライバシーの侵害だからね?むしろこっちが裁判起こすわよ」

    希「え〜被告人はこの活動日誌の中であなたに対して文句を言ってるようでしたが」

    絵里「別に文句じゃないってば。ちょっと冗談で」

    穂乃果「いやぁ、本当にビックリしました。元々絵里ちゃんは私のイメージの中ではクールで頭が良くて美人でカッコいいイメージだったんですよ」

    希「はい」

    絵里「ちょっとやめてよ。そんな急に」 カァァ

    にこ「なんで照れてんのよ。立場わかってんのかしら?」

    穂乃果「それが文章とは言え…うわぁぁぁぁん、やる気なくなったですよ?」

    絵里「だから誇張が過ぎるって。悪意があるわよ」

    穂乃果「挙句の果てにはエリチカ、おうち帰るですよ?もう、私の中の絵里ちゃんのイメージが崩壊しました」

    希「なるほど。では、あらためてどう言う風にイメージを持ちましたか?」

    穂乃果「絵里ちゃん可愛いって思いました。今までの憧れのお姉さんのイメージから少し甘えん坊さんな所もあるんだなって。ギャップにやられちゃうね。でも、やっぱりここぞと言う時頼りになるんで尊敬してます」

    絵里「穂乃果ぁ。あなただけは信じてたわ」

    希「な、なるほど。ですがイメージは変わったんですね?」

    穂乃果「はい!」

    にこ「あんた趣旨を理解してるの?絵里を訴えるどころか持ち上げてるじゃない」



    10   2018/10/03(水) 23:39:29.27


    希「え〜、さあ、被告…」

    絵里「オッケー、分かったわ。一つ言わせて貰うけど。確かに私は子供っぽい文章を書いたわよ。でもね、これはあれよ?私って周りから怖いって思われがちだったでしょ?そこら辺自覚はあったのよ。だから、早く皆んなと打ち解ける為に」

    希「打ち解ける為におうちに帰ると言ったんですね?分かりました。では、今この場で同じ事を言って見てください」

    絵里「なんでそうなるのよ!!!!」

    希「恥ずかしくないなら言えるはずです」

    絵里「なっ…わかったわよ。言ってやろうじゃない。お家に帰る」

    希「違います。うわぁぁぁぁん。もう、やる気なくなった。エリチカ…エリチカおうちに帰るぅぅです」

    絵里「くっ……やる気…なくなった。…エリチカ……」

    穂乃果「絵里ちゃん、もう少し。ファイトだよ」

    絵里「エリチカ、お家に帰る!」カァァァァ

    希「ありがとうございます。今、絢瀬さんの顔の色が全てを物語っている。何よりの証拠です」



    11   2018/10/03(水) 23:41:12.65


    絵里ちゃんが氷の時代に戻ってしまう…



    12   2018/10/03(水) 23:42:49.00


    絵里「でも…それだけじゃない。そんなんで鬼の首を取ったように。そんなんじゃ認められないわ」

    にこ「認められないって。実は絵里の口から聞くの初めてよね。凛がモノマネするからイメージあったけど」

    凛「凛のせい?」

    にこ「せいって言うかね」

    希「そうですか。分かりました。しかし、証拠はまだまだあります」

    絵里「え?」

    希「先ずはこちらの動画をご覧下さい」

    絵里「動画?」



    13   2018/10/03(水) 23:43:51.14


    絵里『ねえ、にこ?起きてる?』

    にこ『………』

    絵里『にーこー?』

    にこ『………何よ?』

    絵里『起きてるんじゃない』

    にこ『……寝てるわよ。何なのよ』

    絵里『別に…用はないんだけど…』

    にこ『なら寝なさいよ』

    絵里『ほら…せっかくの合宿なのに勿体無いでしょ?』

    にこ『なに穂乃果みたいな事言ってんのよ。早く寝なさいよ』

    絵里『じゃあ、寝るから。私が寝付くまで寝ないで』

    にこ『…怖いの?』

    絵里『ま、まさか…』

    にこ『怖いなら真姫に頼みなさいよ』

    絵里『そんな事出来るわけないでしょ?』

    にこ『どうしてよ?』




      15   2018/10/03(水) 23:48:59.56


      希「え〜動画はここまでです」

      絵里「ちょっと待って。なんなのこの動画は?」

      にこ「この動画はですね前に合宿に行った時の」

      希「にこっち、出来れば証人台で喋ってな」

      にこ「あっ、そうだったわ、ついウッカリ。にこ」

      希「しっかりしてな」

      絵里「何よ?そんなんでよく人の事言えたわね」

      希「にこっち。えりちの裁判やからね?」

      にこ「分かってるわよ。この動画は前に真姫の別荘で合宿行なった時に私が隠し撮りした動画です」

      希「隠し撮り?何故隠し撮りなんかしたんですか?」

      にこ「この動画を撮った時は私と真姫と絵里で別荘の近くの森にテントを張って寝泊まりしていたんです」

      絵理「動画なんて撮ってたの…」



      16   2018/10/03(水) 23:50:05.83


      弁護士なしとか可哀想



      17   2018/10/03(水) 23:50:12.91


      にこ「で、焚き火をして焼き芋を食べてたんですけど急に絵里がソワソワし始めて」

      希「ほう。ソワソワ」

      にこ「絵里は暗いのが大の苦手だったんです」

      希「なるほど。高校生三年生にもなって暗いのが怖いと」

      にこ「そう言う事です。で、面白そうだからテントの中で動画を撮っておいたんです」

      絵里「全然気づかなかった…」

      にこ「多分普段も夜一人でトイレにも行けないと思います」

      絵里「それくらい行けるわよ。馬鹿にしないで」

      にこ「どうだか」



      18   2018/10/03(水) 23:52:16.50


      絵里「だいたい…私は暗闇なんて怖くないわよ。さっきの動画だって別ににこに起きてるかどうか確認してただけじゃない。私が怖がりなんて証拠にはならないわ」

      にこ「どう聞いても怖がってるじゃない…」

      希「では、何故あなたはにこっちに自分より後に寝るようお願いをしたんですか?」

      絵里「それは…」

      にこ「動画は電池が切れちゃったのであそこまでしか映ってなかったけどあの後怖いからって私の方にひっついてきたり大変でした」

      絵里「なっ…嘘よ。動画がないからって」

      希「これは、もうこれは賢くないと言わざるを得ないですね」

      絵里「でも…にこだって怖がってたじゃない。火が消えないように必死だったし」

      にこ「は?何よ急に?私は怖がってなんかないわよ」



      19   2018/10/03(水) 23:53:56.55


      絵里「じゃあ、どうして必死になって火を消さないようにしてたのよ。説明して」

      にこ「それは…芋を焼く為に決まってるじゃない」

      絵里「食べ終わった後も必死だったわよ」

      にこ「そんな事ないわよ。にこはテントの中でだって平気だったじゃない。だいたいあんたの裁判をやってるのよ?今、にこの事は関係ないの」

      絵里「とにかく!私は認めません。こんなのは証拠にもならないし」



      20   2018/10/03(水) 23:55:56.95


      希「ほう、あくまで認めないという訳ですね?」

      絵里「そうよ。もういいでしょ?」

      希「この件では証人をもう一人呼んでおります」

      絵里「は?」

      ガチャ

      真姫「もう、なんなのよ」

      にこ「げっ、真姫…」

      希「西木野さん。今日はお越し頂きありがとうございます」

      真姫「お越し頂きもなにも校内じゃない。って言うか何をしてるのこれは?」

      希「あなたは絢瀬絵里さんが暗闇が苦手だと言う事をご存知ですね?」



      22   2018/10/03(水) 23:57:46.85


      真姫「絵里が?あ〜、もしかして合宿の時の話?あの時は絵里もにこちゃんも怖がってたわね。まあ、にこちゃんは想像通りだったけど絵里は意外だったわ。物凄い怖がってたもの。私とにこちゃんを置いて一人でテントの中に籠っちゃって」

      にこ「にこの事はいいのよっ!」

      真姫「だって本当の事じゃない」

      希「なるほど。真姫ちゃんを置いて一人でテントに」

      真姫「そうね。まあ、誰にだって苦手な物はあるものでしょ?仕方ないわよ」

      希「被告人。これでもまだ否定しますか?」

      真姫「ねえ?なんで裁判の真似事なんてしてるの?」

      にこ「後で説明するから」

      絵里「くっ、まさか真姫まで来るとは…」



      23   2018/10/03(水) 23:59:27.96


      希「え〜まだまだ証拠は沢山あります」

      絵里「まだあるの?嘘よね?」

      希「嘘ではありません。引き続き矢澤さん証言の方をお願いいたします」

      にこ「はい。え〜あれは…μ’sのメンバーでプールに行った時の話です」

      穂乃果「あ〜皆んなで行ったねぇ」

      凛「あの時凛は大変だったにゃ」

      絵里「ちょっと待って。その話はよしましょう?」

      希「続けてください」

      絵里「なんで検事にそんな権限があるのよ。裁判って知ってる?ちゃんと理解してる?ねえ?」

      にこ「あの時もその場に居たのは真姫と絵里と私の三人だったのよね〜」

      絵里「無視なの?」

      真姫「あ〜もしかしてあの話?」



      24   2018/10/04(木) 00:01:17.10


      にこ「あの日はスイカ割のイベントをやってたの」

      穂乃果「え〜そうなの?穂乃果もやりたかったぁ」

      凛「凛も」

      希「あなた達3人も参加したんですね?」

      にこ「そう。最初は私がやって…まあ、外したんですけど。で、次に真姫がまあ無難にやってのけたのよ」

      穂乃果「流石真姫ちゃん」

      真姫「別に…普通よ」

      希「で、被告人の出番という訳ですね?」

      にこ「ええ、まあ絵里の事だから上手くやるんだろうなぁと思ってたら。まあ、勝手に一人で始めてるのよ」

      希「勝手に?」

      にこ「そう。勝手に一人で始めて全然違う方向に進んでいくのよ」

      希「それはそうですよね?一人でやってるんですから」

      にこ「そうなのよ。助けてあげなきゃと思って方向を指示してもまあ全然違う方を向くのよ」



      25   2018/10/04(木) 00:04:29.53


      真姫「あの日の絵里はやけにテンションが高かったのよね」

      希「一人先走ってスイカ割りを始めた挙句棒を一度も降り下ろす事もなくプールに落ちてしまったんですね」

      にこ「はい」

      絵里「あれは…難しいのよ。だって目隠ししてるのよ?方向なんて分かるわけないじゃない」

      凛「それがスイカ割だからね」

      希「でも、真姫ちゃんは成功しているのですよ?」

      絵里「それは真姫が凄いんであってにこだって失敗してるじゃない」

      真姫「そうよね。なんでにこちゃんは偉そうな訳?」

      にこ「私は外しただけでしょ?あんたは失敗どうのこうのの前にプールに落ちてるのよ」

      絵里「それはたまたま私の向かってる方向がプールだっただけでにこだって向かってる方向にプールがあったら落ちてたわよ」

      にこ「そうならない為に周りの声を聞くんでしょ?私は方向はそれ程間違えてはなかったんだから」

      真姫「でも、にこちゃんも周りの声を聞いてないから失敗したんでしょう?」

      にこ「だから私の事は今はいいのよ」

      真姫「はあ?なんで?」

      にこ「いいから」



      26   2018/10/04(木) 00:07:19.99


      希「この他にも被告は数々のドジっ子エピソードを…」

      絵里「ちょっと待って…ドジっ子はやめて…なんか嫌」

      希「おもちゃのチョコレートを本物と間違えて食べたと言うエピソードも」

      凛「希ちゃんそのエピソード好きだね」

      穂乃果「何回も聞いたよね。その話」

      絵里「いや、だからそれは。本物そっくりなのよ?最近のおもちゃって凄いんだから…そう、技術が凄いの。物作りの技術が凄いのよ。技術の勝利なの。それって世界に誇れる日本の凄い所だと私は思うわ」

      にこ「それで誤魔化せると思ってんのかしら?」

      凛「もう、訳わかんなくなっちゃったんだろうね」

      希「他にもあります。被告人はそこの高坂穂乃果ちゃんを生徒会長に任命する際に慌てふためき滑って頭を強打すると言う一歩間違えれば笑い事じゃ済まない事件まで起こしています」

      穂乃果「あったねぇ」

      凛「あの時は冷やっとしたよね?凛泣きそうだったもん」

      絵里「まあ…そうね…その節はご心配おかけしました」



      27   2018/10/04(木) 00:09:57.78


      希「え〜裁判長。判決をお願いします」

      凛「今日凛って来た意味あったのかな?」

      穂乃果「穂乃果だってほとんど喋ってないよ。希ちゃんとにこちゃんばっかりだもん」

      真姫「私なんて殆ど意味も分かってないんですけど」

      ヒデコ「それでは判決を下します。被告、絢瀬絵里はμ’sきっての常識人ポジションでありなが数々の賢くない言動で周囲を困惑させその被害ははるかに私達の想像を上回りました。よって、弁明の余地なしとみなし判決は有罪」

      絵里「有罪…そう…私が一体何をしたのかしら…私はただ普通に過ごしているだけなのに…」

      ヒデコ「絢瀬絵里罰ゲーム確定」

      絵里「罰ゲーム!!?」



      28   2018/10/04(木) 00:10:32.22


      閉廷



      29   2018/10/04(木) 00:19:54.09


      罰ゲーム楽しみ



      30   2018/10/04(木) 01:36:40.65


      細かいようだが検察と原告を分ける必要はないぞ



      31   2018/10/04(木) 01:40:56.08


      可愛いから何も問題ないんだよなぁ



      32   2018/10/04(木) 06:53:42.99


      ガキ使の裁判パロディすこ



      33   2018/10/04(木) 06:53:42.99

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1538576421/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど