投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】善子と千歌の楽しい一日

【ラブライブ!】善子と千歌の楽しい一日

2018年04月27日 20:20:17 , JST | 未分類
  2018/04/26(木) 09:49:12.75


『明日ヒマ?』

『ひまだよ〜』

『なら会いたいな』

『うん! 善子ちゃんちに行けばいい?』

『そうね…でも、ウチやることないのよね。来てもらってもいつもゲームばっかりで悪いし』

『チカ普段ゲームしないから楽しいけどな』

『そう? 千歌さんさえいいのならいいんだけど』

『そうだねー、どこか出掛ける?』

『そうねえ、行きたいところある?』

『特にないかな。善子ちゃんと一緒ならなんでも楽しいし』

『私も。どうしましょうか』

「なんでも楽しい、か………それなら」

『明日は私がそっちに行くから、家で待っててちょうだい』

『わかったー』

『明日ヒマ?』

***



  2018/04/26(木) 09:49:12.75

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

      2018/04/26(木) 09:49:59.38


    ***

    「おはよー、善子ちゃん」

    「おはよう千歌さん。寝坊しなかったのね」

    「なんか、どの世界線でも同じこと言われてる気がする…」

    「世界線?」ピクッ

    「あ、ごめん。中二的なあれじゃなくて。ごめん」

    「世界線が中二的なあれじゃないことある…?」

    「ところで、なんでうちにしたの? チカんとこも遊ぶものとかほとんどないよ」

    「ああ、別に千歌さんの家で遊ぶつもりじゃなかったのよ。こっちのほうが近かったからこっち待ち合わせにしただけなの」

    「ほえ。どこか行くの?」

    「行くわよ。もう出られる?」

    「うん、出れるよ」

    「それじゃ出発しましょうか! 堕天獣コード006、『四ツ足のペガッソス』を召喚します」

    「バスだね」オッケー

    「バスだねゆーな!」

    「えー、だってバスじゃん。ペガサスってそもそも四本足だし」

    「うっ…と、とにかく出発ーっ!」

    「お〜!」

    ***



      2018/04/26(木) 09:50:40.33


    ***

    プシュー バタン ブゥゥゥン…

    「土曜日でもガラガラね」

    「平日でもガラガラなの?」

    「ガラガラとまで言わないけど…って、あなたも知ってるでしょ」

    「だって毎日よーちゃんと登下校してるんでしょ? いーなー」

    「どっちに対して言ってるのよ、それ」ム…

    「でも善子ちゃんとバスに乗るの新鮮だね。遠足みたいで楽しいなー」

    「ねえ、修学旅行ってどこ行くの?」

    「東京だよ。梨子ちゃんと同じ班になれなかったんだ〜」

    「そうなの? 残念ね。でも一緒に行けるだけいいじゃない」

    「善子ちゃんとは毎週修学旅行してるじゃーん」ギュッ

    「ちょっ抱き付かないでっ意味わかんないしっあとヨハネだからーーー!」

    ブゥゥゥン…

    ***



      2018/04/26(木) 09:51:14.06


    ***

    「いらっしゃい。千歌ちゃん、善子ちゃん」

    「おはよ、ずら丸」

    「おはよー! …花丸ちゃんと三人で遊ぶの?」キョトン

    「まあ、そういうことになるわね」

    「へー! 珍しいね。善子ちゃん、いつも二人きりになりたがるのに」

    「?! 千歌さんっ」//

    「へえ〜…善子ちゃん、千歌ちゃんと二人きりになりたがるんだあ」ニヤニヤ

    「なっ、ちがっ、ばっ……そーゆーんじゃないんだから!!」

    「そーゆーの?」

    「なんでもないからあっ!!」



      2018/04/26(木) 09:52:57.64


    「千歌ちゃんにはなにも話してないずら?」

    「してないわ。話しとかなくても付き合ってくれるし」

    「だとしても失礼だよ」

    「善子ちゃんいつもこんな感じだよね」

    「千歌ちゃんがいいならいいんだけど…」

    「それで、なにするか考えてくれた?」

    「うん。まるはもちろん、これずら!」サッ

    『北の海まで』

    「ま、そうよね」

    「……?」

    「今日のコンセプトは、『みんなの好きなことを試してみる』よ。二人で考えてると同じようなことしか思い付かないじゃない? だから、他の人たちが好きなことを一緒にやってみて、世界を拡げてみようと思ったの。
    …どうかしら。花丸は、その、読書が好きだから、三人で本を読んでみるの…」モジモジ

    「面白そう! いいねいいね、善子ちゃん天才!」

    「そ、そうかしら」パアッ

    「ふふ…こっちの部屋にたくさん本があるから、好きなの選んでみんなで読むずら」

    「「はーーい!」」

    ***



      2018/04/26(木) 09:53:41.15


    ***

    「うわー! ほんとにたくさんあるねー!」

    「どういう本が多いの?」

    「うーん…物語とか小説が多いかな。古今東西、色んなのが揃ってるずら」

    「チカ、小説ってほとんど読んだことないなあ」

    「私も。黒魔術の本とかないかしら」

    「ないよ。それに、いつもと同じ目線で選んだら今日の趣旨から外れるんじゃないの?」

    「あ」

    「あ」

    「しっかりするずら、善子ちゃん。それか、決められないならまるが選ぼうか?」

    「そうしよ! お願い、花丸ちゃん」

    「読みやすいやつで頼むわよ、ずら丸」

    「任せて!」



      2018/04/26(木) 09:54:23.75


    「千歌ちゃんにはこれと、」

    『女王蜂となりたがり屋さんたち』

    「善子ちゃんにはこれなんてどうかな」

    『いとみち』

    「これ、どういうお話?」

    「スクールカーストと陰湿ないじめの話ずら」

    「あんた先輩になんてものを…私のは?」

    「内気な主人公が頑張る話ずら」

    「私のほうは込められた意図が見える」

    「百聞は一見に如かず。一読は百の感想を超えるずら。さ、みんなで読書の時間にしよう」

    「はいはい。…あんたはなに読むの? さっきの、北のなんとか?」

    「これだよ」サッ

    『チョコレート・アンダーグラウンド』

    「私そっちがいいんだけど」

    「読書が面白いと思ったら、貸してあげるよ」

    「わかったわよ…」

    ***



    10   2018/04/26(木) 09:54:57.61


    ***

    「うわー、いいなー。一気に人気者だー」

    「この子が成功する未来が見えないわね…」

    「………………」モクモク

    「えー、意外! 協力してくれるんだー」

    「がんばれ…ああっもう、不器用な…」

    「………………」モクモク

    「うっそお?! ひどいよひどいよ、そんなの〜」

    「やりぃっ! なによ、格好いいじゃないこのオタ客」

    「………………」モクモク

    「うわー…これはこれでえげつないやり返し…」

    「トド…」

    「………………」モクモク

    ***



    11   2018/04/26(木) 09:55:44.28


    ***

    「結構すっきりする話だったよ! 面白かった〜」

    「こっちも良かったわよ。なんかこう、頑張らなきゃって思わされたわ」

    「いい物語は、読者の心にもいい影響を与えてくれるものだよ。楽しめた?」

    「「うん!」」

    「それはよかったずら」

    「…え? っていうかずら丸、あんたそれこの時間で読んだの?」

    「そうだよ?」

    「私たちのと比べてかなり分厚いんだけど…」

    「まあ、これ読むの六回目だから」

    「そ、そういうもの…?」

    「ねーねー、これからどうするの? もう一冊読む?」

    「そうね…面白かったんだけど、また一冊読むってなるとちょっとしんどいわ…」

    「えへへ…正直チカも」

    「慣れてないとそうかもしれないね。読書が面白いと思えたのなら、自然と本に触れる機会は増えるはずだから。無理して今からもう一冊読む必要はないと思うよ」

    「そうかもね。ずら丸、そのチョコレートのやつ貸してよ」

    「あ、いーなー。チカもなんか借りていく! 花丸ちゃん、また選んで!」

    「はいはい。…それと善子ちゃん、これ別にチョコレートの図鑑とかじゃないからね」

    「わ…わかってるわよ!」

    ***



    12   2018/04/26(木) 09:56:42.26


    ***

    「ばいば〜い。またねー」ノシ

    「…さて、次に行きましょうか」

    「次は誰のとこ?」

    「ルビィよ。さっき連絡したら家にいるって」

    「ルビィちゃんか〜。ルビィちゃんの好きなことってなんだったかなあ。スクールアイドルのことかなー」

    「スクールアイドルなら…微妙ね」

    「そう? 善子ちゃん、スクールアイドル嫌いなの?」

    「嫌いなわけないじゃない。じゃなくて、今回の目的は新しいことに触れることだから」

    「あ、そっか」

    「簡単に説明はしておいたけど、あの子がどのくらい理解してるかしらね」

    (ルビィちゃんのこと小学生だとでも思ってるのかな)

    「ルビィのとこなら歩いて行っちゃいましょうか」

    「うん。天気もいいしね」



    13   2018/04/26(木) 09:57:32.20


    「そういえば、千歌さんはなに借りたの?」

    「えっとね、これ」ゴソゴソ サッ

    『マチルダは小さな大天才』

    「天才的な頭脳を持った女の子が、そのことに気付かない大人たちを相手に奮闘する爽快なお話だって!」

    (これも微妙に読ませる意図が見えるわね…)

    「ちょっとだけ中身見てみたけど、あんまり難しくなさそうで安心したよ」

    「そう。私のほうは分厚いし、なかなか読みごたえがありそう」

    「でも、すごいよね。ほんとだったら今日も善子ちゃん家でゲームしてたかもしれないのに。物語一冊読んじゃって、しかも次のまで借りてきちゃったんだもん!」

    「そうね。なかなか当たりかもしれないわ、今日のコンセプト」

    「さすが善子ちゃんだね!」

    「えっ、も、もう…たいしたことじゃないわよ」プイッ

    「あー、照れてる」

    「照れてない! あと千歌さんが変なこと言ったから花丸に誤解されたじゃないの!」

    「え?! いつの話?!」

    「朝の話〜〜〜っ!!」

    ***




      14   2018/04/26(木) 09:58:09.68


      ***

      ー黒澤邸ー

      「ようこそいらっしゃいましたわ。お茶で?」

      「あ、はい、お茶で」

      「お構いなく…」

      「しばしお待ちくださいね」

      スッ コポポポ…

      「ちょっと! なんでナチュラルにこの人が出迎えてくれてんのよ?!」コソ

      「チカが知るわけないでしょ! 善子ちゃんがルビィちゃんに連絡してくれたんじゃん!」コソ

      「ぐぬぬ…あの子なにやってんのよ…」コソ

      「連絡してみたら?」コソ

      「出迎えてもらったばっかりで携帯いじるなんて失礼でしょ!」コソ

      「なかなかの常識」コソ

      「くっ…こうなったら、順番を前後させるしかないようね…」コソ

      「順番を?」コソ

      「粗茶ですが」コトリ コトリ

      「ありがとうございます」

      「ありがとうございます」



      15   2018/04/26(木) 09:58:52.37


      これはぬしくん



      16   2018/04/26(木) 09:59:02.51


      「頂きます」

      「け、結構なお手前で」

      「それ飲んでから言うやつよ」

      「あ、そうなの?」

      「そう緊張なさらずとも結構ですわよ」クス

      「それにしても、珍しいですわね。お二人が訪ねてきてくださるなんて、嬉しいですわ」

      (やばい。ルビィを訪ねてきたって言いづらくなった)

      「かねてから下級生との交流が不足していると感じていて…こういう機会を得られてよかった」ニコ

      (……ん?)

      「あの、もしかして…ルビィからなにか聞いてる?」

      「? ええ、もちろん。言伝てを依頼なさったのは善子さんでしょう?」

      「そう…だけど、ルビィは、なんて?」

      「ですから、善子さんと千歌さんがお琴の稽古をご一緒なさりたいから訪ねてくる、と」

      (どんな理解力よ、あのピギィ!!)

      「ちなみにルビィはどこに?」

      「沼津のほうまでお菓子を買いにいきましたわ。稽古が終わったらみんなで食べるんだと、随分はしゃいでいましたわね」フフ

      (自分は稽古したくないからでしょ、あのピギィィィ!!)



      17   2018/04/26(木) 10:00:03.28


      「それでは私は稽古場の準備をしてきますから、もう少しこちらでお待ちくださいね」

      スッ パタン…

      「どうしましょう、千歌さん」

      「へ? どうって?」

      「このままじゃ琴の稽古をさせられることになるのよ?! 一旦この場は失礼して、ああ先にルビィに連絡したほうがいいかしら」

      「なんで? 受けよーよ、琴の稽古。楽しそうじゃん」

      「え…」

      「元々、したことないことをしにきたんだから。やってみたら案外楽しいかもしれないよ、読書みたいに。ね?」

      「…はあ。千歌さんがそう言うのなら文句ないわ。ルビィは帰ってきたら堕天十字固めだけどね」

      「だってどっちみち、ダイヤさんとも遊ぶ予定だったんでしょ?」

      「あー…それよ、それ。さっき順番がどうこうって言ったの」

      「あ、つまりルビィちゃんより先にダイヤさんと遊ぼうってことでしょ」

      「うん、まあ、そんなところ」

      「じゃあたいした問題じゃないよね! 楽しみだな〜」

      (そもそも、今回三年生の人たちを対象にするか…から悩んでたんだけど。この様子ならたぶん全員とやることになるわね…)

      (………………)

      (ま、これもいい機会か。千歌さんも楽しそうだし)

      ***



      18   2018/04/26(木) 10:01:03.88


      ***

      「私が嗜むのは、筝の中でも和琴(わごん)といって、日本最古の楽器と言われていますわ」

      「日本最古の…」ゴクリ

      「…別に、このコ自体が大昔から存在しているわけではありませんわよ?」

      「わ、わかってるわよ」

      「ねーねーダイヤさん、早く弾いてみたい!」

      「はいはい、せっかちですわね。琴軋(ことざき)は着けました?」
      ※琴軋…和琴を弾く際に親指、人差し指、中指に着ける爪のようなもの。

      「着けました!」ハーイ

      「ちょっ! 危なっ! その状態で手を振り回さないで!」

      「それでは、お琴に対して少しだけ斜に座り、右手をこう添えます」スッ

      「こ、こう?」

      「ええ、そんな感じですわ。でも、もう少し竜角(りゅうかく)から離れた位置に…そう、その辺です。竜角に近すぎても、逆に離れすぎても、出る音が変わってしまいますから」
      ※竜角…筝の向かって右側にある、弦を支える部分。

      「それで、親指で弦を押すようにして…」

      ペンッ

      「わあ! 鳴った!」キャッキャ



      19   2018/04/26(木) 10:01:50.73


      ピィンッ

      「あれ? ねえ、なんか私のほう音が違うんだけど」

      「もう一度弾いてみてくださいます?」

      「うん」

      ピィンッ

      「ああ。上向きに弾いているからですわね。弦は下からはじき上げるのではなく、そう、『押し』て、次の弦で親指を受け止めるようにしてみてください」

      「こ、こうかしら…」

      ペンッ

      「あっ」

      「綺麗な音が出ましたわね」ニコッ

      「さすが善子ちゃん!」

      「う…えへへ…」

      (意外と楽しい…)



      20   2018/04/26(木) 10:02:34.85


      一時間後

      ♪さくら さくら 野山も里も

      ♪見わたすかぎり かすみか雲か

      ♪朝日ににおう さくら さくら 花ざかり

      「ーーーー……っ、ふう…どうかしら」

      「お見事ですわ! 飲み込みが早いですわね」パチパチパチ

      「すごいすごい、善子ちゃん! プロみたい!」パチパチパチパチパチパチ!

      「ぷ、プロは言いすぎよ…」//

      「いえ、でも本当にお上手ですわよ」

      「せ、先生がいいからじゃないの?」プイッ

      (かわいい)

      (かわいい)

      「千歌さんも第三小節まで弾けましたものね。始めて一時間でここまで弾ければ上出来ですわ」

      「えへへ…楽しかったー」



      21   2018/04/26(木) 10:03:20.90


      「…ところで、私たちに教えてばっかりだったけど、どのくらい弾けるものなの?」

      「あら。よかったら聴いてくださいます?」

      「あっ、聴きたい聴きたい!」

      「そうよね、私も」

      「せっかく琴軋も着けてお琴の準備もしたので、一曲くらい弾きたいと思っていたところですわ。それじゃ、僭越ながら…」

      「 」ワクワク

      「 」ワクワク

      「………」スゥ

      ーーーーーーッッ♪

      私と千歌さんは後にいつまでも語ることになる。

      あの一時間はお遊びだった、と。

      和琴ってすげえ。

      黒澤ダイヤって、すげえ……と。

      ***



      22   2018/04/26(木) 10:04:56.32


      ***

      「ただいま〜。おねいちゃあ、善子ちゃんたちもう来てr」ガラッ

      「待ってたわよ、ルビィ」ニコォ…

      「ピッ?! よ、善子ちゃ…目が笑ってないような…?」ニ、ニコッ?

      「あなた、体よく逃げ出したわね」ニコォ

      「や、いや、お菓子が…あったほうが……ね? ね?」タジ…

      「お仕置きの堕天十字固めーーーーっ!!」

      「ピギャァァァアアアッッ!!」

      「ダイヤさん、ああいうのは止めないんですね」

      「友人との戯れですもの。止める理由がありませんわ」ズズ…

      「そっか〜」ズズ…

      ***



      23   2018/04/26(木) 10:05:46.20


      ***

      「ということで、次はルビィの好きなことを一緒にやるわよ」

      「うゆ…よかった。ルビィとは遊んでくれないかと思った…」

      「和琴が楽しかったから特別よ。お姉さんに感謝しなさい」

      「ありがとう、おねいちゃあ!」

      「うふふ。明日はルビィも一緒にお稽古する?」

      「しない!」

      「 」

      「参考にと思って、ルビィのAqoursのプロフィール見直したんだけど」

      『趣味:お洋服、お裁縫』

      「裁縫はわかるけど、趣味が洋服ってなによ。モノじゃないの」

      「えー。お洋服するの好きだから」

      「『お洋服する』がわかんないんだってば」

      「お洋服を作ったり見たり着たり、そういうの全部ってことでしょ?」

      「そう!」ピッ

      「それ、『特技:衣装選び』と同じじゃないの?」

      「ルビィ細かいことは気にしないから!」

      「ほら、衣装は衣装だけど、お洋服は洋服全般だから」

      「…いや、うん、………わかったわ」



      24   2018/04/26(木) 10:07:32.52


      「それで、ルビィは『お洋服する』ってことでいいの?」

      「うーん…お洋服は部活でいつもやってるから…」

      「あれ? ねえ、やっぱり『お洋服する』と『衣装選び』の境界線、この子の中でも曖昧じゃないの?」

      「……あ! そうだ! 善子ちゃん、千歌ちゃん、こっちの部屋に来て!」

      「思い付いたみたいね」

      「お、お姉ちゃんも行っても…?」オソルオソル

      「うん、もちろん!」

      「るびぃ…!」パアアッ

      (普段、蔑ろにでもされてるのかしら)

      ***



      25   2018/04/26(木) 10:09:12.02


      ***

      コポポポ…

      「ごはんの時間だよ〜」

      「…ルビィ。なにこれ?」

      「えっ。善子ちゃん、メダカさん知らないの?!」

      「メダカくらい知ってるけど。…え、これ全部?」

      「うん!」

      「ほえー…水槽がいっぱいあるよ…」

      「こっちがヒメダカさんで、こっちがコハクメダカさん。そっちのがマダラメダカさんで…」

      「ルビィって割とマニアなのね…」

      「少し前からはまり出しましたわね。生き物に触れるのはいい機会だと思って口出ししませんでしたが、こんなに増えて…」

      「ルビィちゃんルビィちゃん! チカもメダカにごはんあげたい!」

      「それじゃちかちゃんはコハクメダカさんにお願い。ごはんはこれなんだけど、だいたいひとつまみくらい取って、指ですり潰しながら水槽全体にぱらぱら〜って撒いてあげて」

      「わかった! ほ〜ら、ごはんだよ〜」パラパラ

      スウーッ パクパク

      「うわー! みんな寄ってきて食べてるー! きもちわるい!」キャッキャ

      「ちかちゃんこっちも! ヒメダカさんもみて!」

      「きゃーー! きもちわるーーい!」キャッキャ

      「…台詞とオノマトペが噛み合ってないように見えるんだけど」

      「まあでも口ではああ言いつつ楽しそうですし、よいのでは…」

      ***



      26   2018/04/26(木) 10:10:01.53


      ***

      「おじゃましました」

      「もう行くのですね。お昼くらい召し上がっていけばよいのに」

      「お昼は…ちょっとね、あてがあるのよ」

      「そうなの?」

      「そうなの」

      「またお時間が合えば、お琴の稽古にいらしてくださいね」

      「はい! お琴、楽しかったです!」

      「ふふ…そう言っていただけると、教えたかいがありますわ」

      「善子ちゃん、千歌ちゃん、またねー!」ノシ

      「ええ。また」

      「ばいばーい!」

      ***



      27   2018/04/26(木) 10:10:58.57


      ***

      「ねーねー、お昼のあてってどこ?」

      「リリーのところよ」

      「梨子ちゃん?」

      「ええ。リリーもさっき連絡したら家にいるっていうから。リリーだけは、私からお昼をご一緒したいって伝えたわ」

      「そっかー、梨子ちゃんお料理上手だもんね。用意周到だね、善子ちゃん!」

      「ふふん。任せなさいよ」ドヤッ

      「梨子ちゃん家なら、歩けるね」

      「あと遊んでないのはリリー、センパイ、曜、マリよね。順番どうしようかしら」

      「一応、今みんなに連絡しといてみる?」

      「うん…それもそうね。誰かと遊んでるときに次のアポに掛かりっきりになりたくないものね」

      「じゃチカはよーちゃんと果南ちゃんに連絡してみるね」

      「ありがとう。リリーは話ついてるから、あとはマリね」



      28   2018/04/26(木) 10:12:45.66


      「よーちゃんも果南ちゃんもひまだって!」

      「マリも。ひまではないけど、遊んではくれるって」

      「さすが鞠莉ちゃん、オトナだな〜」

      「ね。私たちの中で誰よりも多忙でしょうに…こういうところ憧れるわ」

      「よーちゃんも果南ちゃんもおうちにいるってけど、鞠莉ちゃんは?」

      「ホテルのほうだって」

      「それほんとに遊んでくれるのかな…」

      「さあね…好意には甘えたいけど無理は言わない、って感じでいきましょう」

      「うん!」

      ***



      29   2018/04/26(木) 10:13:26.18


      ***

      「こんにちは。待ってたわ」

      「こんにちはー、梨子ちゃん!」

      「突然で悪いわね、リリー」

      「ううん。二人とお昼ご一緒できるなんて嬉しいよ。さ、上がって」

      「「お邪魔しまーす」」

      「でも、珍しいね。『作るところから一緒に』なんて、よっちゃんの口から聞くと思わなかった」

      「どういう意味よ」

      「そのままの意味よ。そんなに時間なかったからあんまりたいしたものは準備できなかったけどね」

      「へ? 梨子ちゃん、なんか準備してくれたの?」

      「ええ。みんなで楽しくお昼ごはん作りできるようにと思って…ほら」

      「うわーーー! すごーーい!」



      30   2018/04/26(木) 10:14:33.15


      「これ…サンドイッチの材料? リリーが一人で、全部?」

      「まさか。入れ替わりで出ていっちゃったけど、お母さんも手伝ってくれたのよ」

      「それにしたって二人であの時間でこの準備…慣れてるとこんな芸当ができるのね…」

      「大袈裟だよ〜。うちではたまにやるのよ、パンと具をありったけ用意して、それぞれ好きにサンドイッチ作るの」

      「楽しそう楽しそう! ねーねー梨子ちゃん、始めていい?!」

      「こら、まだだめよ。千歌ちゃんたち、手を洗ってないでしょう。食べ物を触るのはそれからよ」

      「うー…はーい」

      「さすがリリーね。千歌さんの手綱は慣れたものだわ」ヨイショ

      「なにくつろいでるの。よっちゃんも手洗うのよ?」

      「あっ、はい…」//

      ***



      31   2018/04/26(木) 10:15:24.92


      ***

      「さあ! たくさん作るわよ!」

      「チカみかん挟むー!」ワーイ

      「あっ千歌ちゃん、果物を挟むときはホイップクリームをパンに塗ってから…」

      「チリソースを掛けて…よし。ククク…堕天BLTサンドの完成」ギラリ

      「よっちゃん。BLTサンドのBはゆでたまごじゃないからね」

      「?!」

      「…って、ああ! 千歌ちゃんなにそのまま食べてるの?!」

      「へ? これおつまみ用のあんこでしょ?」モチャモチャ

      「そんなの用意してないわよ! あんこもパンに挟むの!」

      「ハム、きゅうり、ハム、ハム、きゅうり、ハム、ハム、ハム」ヒョイ スッ ヒョイ スッ

      「ちょっとよっちゃん! 極端にハムに寄ってるわよ! っていうか一つでそんなにハム使わないで!」

      「たまごサンド四つめ〜! …あ、ゆでたまごなくなっちゃった」

      「あ〜〜〜っ、ゆでたまご! 私まだ作ってないのに〜〜〜!」

      ***



      32   2018/04/26(木) 10:16:09.61


      ***

      「はあ…はあ……っ、疲れた…」

      「いっぱいできたね! 善子ちゃん、梨子ちゃん」

      「そうね。色んな具があって楽しかったわ。サンドイッチってこんなに種類豊富なものなのね」

      「もう…千歌ちゃんってば、どうして一人でゆでたまご全部使っちゃうのよ!」

      「なんか挟むの楽しくって。でもほら、別にこれ全部チカが食べようと思ってたわけじゃないから」

      「私が自分で作りたかったの〜〜〜!」ジタバタ

      (ゆでたまごガチ勢?)

      「じゃあ食べない?」

      「食べるに決まってるでしょ?!」サッ

      (確保した…)

      (二つ取られた…四つしか作ってないのに…)



      33   2018/04/26(木) 10:16:55.35


      「結構いい時間になっちゃったわね」

      「ダイヤさんのとこ出たのが遅かったもんね〜」

      「ごめんなさい、リリー。付き合わせてしまって」

      「えっ、いいよそんなの。私も楽しかったから」

      「そう。ありがとう」

      「ふふ…善子ちゃん、礼儀正しいよね」

      「そうだよ。普段は変だけど、いざってときは頼りになるんだから!」

      「んな…っ?!// に、人間社会に紛れ込むための最適行動を取っているだけです…って、普段は変って言った?」

      「食べよー、梨子ちゃん。チカもうおなかぺこぺこ!」

      「ええ。よっちゃん、早く席に着いて」

      「んもーーーっ、無視するなあーーーっ!!」

      ***



      38   2018/04/26(木) 11:50:47.61


      ***

      「それじゃ、チカたちそろそろ行くね!」

      「洗い物まで手伝ってくれてありがとう」

      「当然よ。材料と下準備までしてもらったんだもの」

      「次は誰のところに行くの?」

      「果南ちゃんとこだよ!」

      「その後マリーのホテルに寄ってから、曜のところよ」

      「結構ハードスケジュールなのね。今からそんな風にしたら、曜ちゃんのところに着くの夜になっちゃうんじゃないの?」

      「そしたら泊まるからだいじょーぶだよ!」

      「ちゃんと前もってそのこと連絡しておくのよ?」

      「だいじょーぶだよ〜、よーちゃんのお母さんとも仲いいから!」

      「…善子ちゃん、お願いね」

      「わかってるわよ。…っていうか私は曜のとこから家近いし、千歌さんだけ預けて帰るわ」

      「ええー?! 善子ちゃん一緒に泊まらないの?!」

      「二人も泊まったら迷惑じゃないの」

      「だいじょーぶだよー!」

      「それはあなたが決めることじゃないでしょ…」



      39   2018/04/26(木) 11:51:35.97


      「ねーねー、善子ちゃんも一緒に泊まろーよー」グイグイ

      「ちょっ、やめなさい! ああもう、曜のお母様が許可してくださったらそうするから! 引っ張るのやめて!」

      「ほんと?! やったー!」ピョンピョン

      「もう、強引なんだから」

      「それが千歌ちゃんだから」

      「尊敬するわよ、リリーも曜も」

      「よーちゃんに連絡しとこーっ」

      「こういう根回しは速いのね…」

      「それが千歌ちゃんだから…」

      「じゃー行こっか、善子ちゃん!」

      「連絡するなら終わってからにしなさい。歩きながらスマホいじっちゃだめよ」

      「えー…はーい」

      「リリー、お母さんみたいね…」

      「手の掛かる娘よ」

      ***



      40   2018/04/26(木) 11:52:11.86


      ***

      「果南ちゃん家にしゅっぱーつ!」

      「おー」

      「果南ちゃんとはなにして遊ぶのかな〜」

      「さあね。あの人のことだから、海に行くんでしょ。きっと」

      「別に果南ちゃんだって一日じゅう海にいるわけじゃないよ?」

      「でも一日に20時間くらいはいるじゃない」

      「まあそうだけど」

      (そうなの?)

      「私、あの人が楽しそうに遊んでるのってドッチボールの印象しかないのよね」

      「あー…あの一年生がこてんぱんにやられたやつ?」

      「そうあれ。以来ボールがちょっとしたトラウマよ。できれば対戦型のスポーツは避けてほしいわね…」

      「三人だから、チーム分けしなきゃいけないことはやらないんじゃないかな」

      「二対一でちょうどいいとか言いそうじゃない」

      「二対一でもハンデ足りないけどね」

      「やっぱりスポーツ以外がいいなあ…」

      ***



      41   2018/04/26(木) 11:53:10.62


      ***

      「待ってたよ! さ、水着に着替えて! ビーチバレーやるからね! ああ、チカと善子がチームでいいよ。後輩二人くらい、私一人で充分だからね!」

      「うわああああんっ、やっぱりそうじゃないのーー!」ビエエッ

      「さすが果南ちゃん」

      「インドアな遊びばっかりやってないで、たまには太陽浴びながら汗かかなきゃね! 魅力的な女になれないぞ〜」

      「ひえええ…全身筋肉になっちゃう…」ガクブル

      「普通ほとんど筋肉だと思うけど」

      (ボールがっていうより果南ちゃんがトラウマに見える)

      「か、果南ちゃん! 提案がありますっ!」バッ

      「ん? どした? チカ」

      「チカたちさっきお昼食べたばっかりで、今すぐ運動するのはちょっときついかな〜…なんて。ビーチバレーは人が集まったときにして、なにかもう少し落ち着いたことしない?」

      (ち、千歌さん……!!)パアアッ

      「うーん、そうだねえ…食後にビーチバレーは確かに激しいか…う〜〜ん………うん、じゃあ、ナシ!」

      「………………」

      「………………」

      「「え?」」ナシ?

      「だから、ナシ! 私との時間は終わりだよ。次は鞠莉のとこだっけ? よし、行っておいで!」

      「「え………えええええええええっっ??!!」」

      「さ、二人とも。行った行った」ハイハイ

      ***



      42   2018/04/26(木) 11:54:52.03


      ***

      テクテク

      「……ねえ千歌さん」

      「……なあに善子ちゃん」

      「助け船を出してくれたのは嬉しいんだけど、ここまで予想してた?」

      「まさか…予想外だよ。あの遊びたがりの果南ちゃんが、まさかなにもせずにチカのこと見送るなんて…」

      「遊びたがりなの?」

      「遊びたがりだよ。昔っからね。小学生の頃なんか、学校にマイドッチボール持ってきてたくらいだもん」

      「なにそれ。持ってこなくても学校にあったんでしょ」

      「果南ちゃんのマイドッチボールは、お昼休み用じゃなくて下校用なの」

      「下校…用…?」

      「下校する時間も遊びたがって仕方ないから、帰りながらドッチボールしてたんだよ」

      「だいぶ危なくない?」

      「車に轢かれ掛けたのは一回や二回じゃないね…」ウンウン

      (狂気の沙汰じゃないの…)

      「だから、まさかあんな風に引き下がるなんて思わなかったなあ」

      「実はお店のほうが忙しかったのかもしれないわね」

      「そうだね。果南ちゃん面倒見もいいし付き合いもいいから、結構自分の用事を後回しにしたりしてくれちゃうんだよね」

      「あと遊びたがりだしね」

      「あはは。それが一番の理由かも」

      「ま、こうなったものは仕方ないわ。センパイとはまた今度遊ぶことにしましょう」

      「うん、そうだね〜」

      (連絡したときにはひまだって言ったって、千歌さん言ってたと思うんだけどな…)

      ***



      43   2018/04/26(木) 11:55:59.45


      ***

      「ハァイ、ちかっち! 善子!」

      「こんにちはー、鞠莉ちゃん」

      「こんにちは。相変わらず元気ね」

      「モッチロン。元気じゃないとなんだってできないからね!」

      「鞠莉ちゃんその格好なんだかオトナだね〜」

      「あら、そう? 練習着とは雰囲気が違うわよね、確かに」シャラーン

      「…ここにいてそんな格好してるって、つまり忙しいんじゃないの? 私たちと遊ぶために無理してない?」

      「wao. 気を遣ってくれてるの? 善子。ほんとに善い子だね」ヨシヨシ

      「んなっ、はあ?! そーゆーんじゃないけど?! 善子ゆーなし…んにゃあ撫でるなーーっ!」ウガーッ

      (それでも払いのけたりしない善子ちゃんかわいい)

      「don’t worry. 気にしないで。たとえどれだけ忙しかったとしても、かわいい後輩たちのために時間を割けないようじゃ、マリィは務まらないもの。さ、こっちよ」カモン

      「うぎゅー……うちの三年生はこんな人ばっかりなのね」

      「みんな優しいからね〜。行こ、善子ちゃん」

      「ええ」

      ***



      44   2018/04/26(木) 11:56:56.29


      ***

      「ねー鞠莉ちゃん、今からなにするの?」

      「ウーーン…決めてないのよね」しれっ

      「マリの好きなことってなに?」

      「スポーツはなんでも好きよ。あと歌うのも好きだし、動物も好きね。ダイヤと果南も好き」

      「えーーー、チカのことは好きじゃないのー?」

      「なに言ってるの! ちかっちも善子も、Aqoursの仲間はみーんな大好きだよ!」ムギューッ

      「きゃー、鞠莉ちゃんが大胆だよーっ」キャッキャ

      「ほんと、いつも楽しそうよね…あなたたち…」

      「ここに来るまではなにしてたの?」

      「えっとね、まず花丸ちゃんのところで本読んで、ダイヤさんとお琴の稽古して、ルビィちゃんとメダカのお世話して、梨子ちゃんとサンドイッチ作って、
      あ、果南ちゃんとはビーチバレーやろうとしたんだけど、ごはんの後だから…って言ったら、『私と遊ぶのはナシ』って追い返されちゃった…」シュン

      「果南が? 珍しいわね。遊びたがりなのに」

      (やっぱり遊びたがりなんだ)

      「それにしても、色んなことしたのね。マリィも参加したかったわ」

      「次は鞠莉ちゃんも一緒にやろうね!」

      「モチロン!」



      45   2018/04/26(木) 11:57:43.51


      「さて、なにしましょうか」

      「チカたちはなんでもいいよ! 鞠莉ちゃんのしたいこと!」

      「そ。今日はそういう目的だからね」

      「そうねえ、だったらーー」

      「あ、ごめんなさい。なにか来たみたい」

      「気にしないで、読んで」

      「thank you. んん……」

      「ねね、チカいーこと思い付いたよ」

      「なに?」

      「鞠莉ちゃん、ドレスとかたくさん持ってそうでしょ。だから、」

      「却下よ」

      「えーーー! まだなんにも言ってないじゃん!」

      「どうせファッションショーでもしようって言うんでしょ」

      「あれ。なんでわかったの?」

      「あなたの考えることなんてお見通しよ」

      「さすが善子ちゃん…いつもチカと一緒にいるだけのことあるね」

      「ま、まあね…」//

      「でも、ファッションショーはなんでだめなの?」

      「文字だけじゃほとんど伝わらないからよ」

      「へ?」



      46   2018/04/26(木) 11:58:40.32


      「ごめんなさい、善子。ちかっち。今から遊ぶのは無理そうだわ」

      「あら、お仕事のメールかなにかだったの?」

      「そんなところ。sorry… それでね、提案なんだけど。遊ぶ代わりと言ったらなんなんだけど、パーティ会場の飾り付けを一緒にやらない?」

      「パーティ会場?! 鞠莉ちゃんパーティやるの?!」

      「ええ、今夜ここにちょっとしたお客さんを呼ぶことにしたの。それで、簡単に会場を作る必要があるのよ…どうかしら」

      「おもしろそー! ね、善子ちゃん、いいよね!」

      「…私は別に構わないわよ」

      「really?! 助かるわ、ありがとう! それじゃ、会場まで案内するわね」

      「鞠莉ちゃんとこでやるパーティか〜、すごいんだろうな〜」

      「必ずしも豪華なパーティばっかりをするわけじゃないわよ。大切な相手と静かに過ごすパーティもあるんだから」

      「屋上に上がるよ。ついてきて」

      「は〜い!」タタタ

      「………………」テクテク

      (自分のとこでやるパーティの準備の手伝い? をさせられるの? なんか…あんまりマリらしくないわね…)

      ***



      47   2018/04/26(木) 11:59:46.91


      ***

      「うわーー、広っろーーーーい! 初めて来たーー!」

      「ほんと。この建物の面積がはっきりわかるわね…」

      「向こうは客室用のシーツを干すスペースで、あっちに並んでるのはガスエアコンの本体機ね。その隣が貯水タンクで、こっちの一帯だけ空きスペースなの」

      「今日はここでパーティするの?」

      「そうよ!」

      「へえ…パーティやるには手狭な感じがするけど」

      「今夜のお客さんは10人弱だから、こんなもので充分なのよ」

      「そう。飲めや騒げをするわけじゃないなら、確かにそこまで不足する感じでもなさそうね」

      「そうでしょ。安心してね! …あ、飾り付けの道具来たみたい」

      ザッザッザッ ドサドサドサッ ペコッ ザッザッザッ…

      「軍隊みたいな人たちが控えてるのね…」

      「みんな、昔からここに仕えてくれてる方々なの。給仕はプロ級よ」

      「いいな〜。チカのとこにも給仕さん雇おうかな〜」

      「いや、あなたの旅館には合わないでしょ…」

      「それじゃ始めるわよ!」

      ***



      48   2018/04/26(木) 12:01:01.28


      ***

      「端っこ持ってちょうだい。よし、ひろげるわよ」

      「うわ〜! こんなふわふわの絨毯初めて見たーー!」

      「ほんと…寝っ転がったら気持ちよさそう…」

      「カラフルなクッションだね。かわい〜」

      「一目惚れしちゃってね。つい買っちゃったのよ」

      「いち、にい、さん…………ふうん」

      「鞠莉ちゃーん。これどこに置くー?」

      「それは隅に置いておいて。誰かさんが蹴飛ばすといけないからね」

      「はーい」

      「…うん! 上出来ね」

      「お〜っ、かわいいパーティ会場になったね!」

      「マリ。やっておきながらこんなこと言うのもどうかと思うんだけど、その…ほんとにこれでいいの?」

      「why? 完璧だよ。今日のお客さんは堅苦しいのより、こうやってわいわいできるほうがいいはずだからね」

      「…そう。マリがいいって言うなら、きっとそうなのね」

      「鞠莉ちゃん! そのうちチカたちも誘ってパーティやってね!」

      「任せて。近いうちに、必ずね」

      ***



      49   2018/04/26(木) 12:02:06.10


      ***

      「ここまででいいわよ。やっぱり、本当は忙しいんでしょ」

      「善子は気を遣ってくれすぎよ。でも、ありがとね」

      「鞠莉ちゃんこれからなにするの?」

      「おもてなしするための料理を作らなくちゃいけないからね。その指揮と、私自身も手伝うよ」

      「鞠莉ちゃんお料理できるんだ〜!」

      「モッチロン! ほら、一般常識ってやつ? ちかっちたちは料理しないの?」

      「料理本ならたまに読むけど…実践には至ったことないわね…」

      「チカの得意料理はサンドイッチかな!」ドヤッ

      「excellent. いつか食べさせてね」

      「うん! それじゃ鞠莉ちゃん、またね!」

      「お邪魔したわね」

      「ええ。曜たちによろしくね〜」チャオ!

      ***



      50   2018/04/26(木) 12:03:14.77


      ***

      プシュー バタン ブゥゥゥン…

      「最後はよーちゃんのとこだね」

      「そうね……」

      「善子ちゃん? どうかした?」

      「えっ。いや、別に。やっぱり結構遅くなっちゃったなと思って」

      「そうだね。疲れちゃった?」

      「私は平気だけど。曜のとこ、迷惑じゃないかしら」

      「だいじょーぶだと思うけどな〜。一応連絡してみるね」

      「うん、お願い」

      「それにしても、今日一日楽しかったね」

      「ほんと、色んなことしたわね。私たち二人じゃ絶対に思い付かなかったようなことばっかり」

      「善子ちゃんはなにが一番楽しかった?」

      「もう一日が終わったかのような話をするわね。早くない?」

      「今聞いても後で聞いても、答えは変わらないかなーって」

      「あら、まるで曜と遊ぶのが一番になることはないって言ってるみたいね」

      「そういうつもりじゃないけど…今で一番のことはそのまんまかなって、ね」

      「それなら私も言っておくけど、その話をするのはまだ早いと思うわ」

      「そうかなあ」

      「きっとそうよ」

      ブゥゥゥン…

      ***



      51   2018/04/26(木) 12:04:11.77


      ***

      「いらっしゃい、ちかちゃん。善子ちゃん」

      「さっきぶりずら〜」

      「やっほー、よーちゃん。花丸ちゃん。遅くなっちゃってごめんね」

      「平気だよ。ママも今日は泊まっていけばいいって言ってるし」

      「ほんとに?! やったー! ほらね善子ちゃん、チカの言ったとおりでしょ!」

      「まるも泊まっていっていいの?」

      「うん、もちろん! 何人でもオッケーだよ。ま、その分狭くなっちゃうのは勘弁してね」アハハ

      「花丸ちゃんとお泊まりするのって珍しいよね」

      「AZALEAだけど、よろしくお願いしますずら」ペコ

      「善子ちゃんもギルキスだからだいじょーぶだよ! ね、善子ちゃん。気にしないよね!」

      「そりゃもちろん、ユニット以前にずら丸だから気にしないけど」

      「よーし! じゃーさっそく遊ぼーっ!」

      「「おーーーっ!!」」

      「ちょっと待ちなさーーーーーい!!!」



      52   2018/04/26(木) 12:05:24.08


      「おっとお! ここで善子ちゃんからタイムが入ったよ」

      「善子ちゃん。人のおうちで大きな声を出しちゃだめだよ」

      「どうかした? 善子ちゃん」

      「よ、善子善子連発しないで…っ! じゃなくて、なんでずら丸がいるのよ?! さも当然のように!」

      「えー。善子ちゃん、千歌ちゃんと二人きりになりたいわけじゃなくて、まるのこと嫌いなだけずら?」

      「えっ? ちかちゃんと二人きり? なにそれ、なんの話??」ワクワク

      「そ、その話は今いいから!」

      「後で聞かせてね」

      「ずらっ」

      「そこ、密約を交わすな! さっき別れた友達が再登場したら驚くでしょ、普通! 曜はまだしも、なんで千歌さんまでそうあっさりしてるの?!」

      「へ? だって花丸ちゃん呼んだのチカだもん」キョトン

      「でえええっ?! いつの間に?!」

      「梨子ちゃん家出るとき」

      「やけに長いことケータイいじってると思ったら…」

      「よーちゃん、準備できてる?」

      「ばっちりだよ!」ゞ

      「え、もうなにするか決まってるの? ……なにするの…?」

      「あはは、やだなあ善子ちゃん。まるたち三人と善子ちゃんで、やることなんか一つしかないよ」ニコォ

      「な、なに…」タジ

      「メンバーのプロフィールはしっかり抑えとかなきゃだめだよ、善子ちゃん!」ニコッ

      ***



      54   2018/04/26(木) 12:14:00.74


      つまらないから自分のブログででもやってどうぞ



      57   2018/04/26(木) 15:08:46.47


      ***

      「ぎにゃーーーーっ、放してーー! 放せーーー!! 放しなさーーーいっ!!!」ジタバタ

      「よくこんなにたくさん用意できたずらね」

      「親戚のおじさんがみかん農家やってるからね。よく送られてくるんだ」

      「だからよーちゃん家いつもみかんの匂いするよね」クンクン

      「言われてみたらそうだね」クンクン

      「あはは…天然のお香ってことで」

      「和んで会話してるんじゃないわよ! ほどきなさいよコレ!」

      「ほどいたら善子ちゃん逃げちゃいそうだから」

      「そりゃ逃げるわよ! あんた目の前に牛乳500リットル置かれて縛られてみなさいよ! 気絶できるならしてるとこだから!」

      「いつにも増して荒れてるね〜、善子ちゃん」

      「他人事みたいに言うなーーーっ!」ジタバタジタバタ

      「う〜ん…善子ちゃんも構ってほしそうだし。そろそろ始めよっか」

      「えっ」ジタバ… ピタッ

      「うん、今日もみかんが旨い!」

      「そもそも善子ちゃんがいけないずら。こんなに美味しいのに苦手なんて言うから」モグ

      「こんなに美味しいみかん、善子ちゃんに分けてあげないわけにいかないもんね」

      「えっ、や…いいから……そういうの、いいからあ…」

      ギャーーーーーーーーーーーー………ッッ

      ***



      58   2018/04/26(木) 15:09:30.53


      ***

      「 」←善子(!DEAD!)

      「いやー、よーちゃんとこのみかんほんと美味しいよね〜」

      「ほんとに。甘味がぎゅっと詰まってるずら」

      「いくらでも食べられちゃうよね」

      「善子ちゃーん、いつまで死んでるのー? みかんなくなっちゃうよー」

      「す、好きに食べればいいじゃないの…」グッタリ

      「でも善子ちゃん何粒か食べれたずら」

      「あんだけ詰め込まれ続ければ舌も麻痺するっての!」

      「でも美味しいよね!」

      「う、…まあ。他のやつよりは少し食べやすかったけど」

      「こうやって食べる前に手で揉むと、甘味を感じやすくなるからね」ギュギュ

      「さすがよーちゃんだよね。チカも酸っぱいの引いちゃったらそれやろーっと」パクパク

      「まるもー」モグモグ

      ワイワイ パクパク キャッキャ モグモグ

      「………………」ヒョイ パク

      「…悪くないわね、みかん」モグ…

      ***



      59   2018/04/26(木) 15:10:03.94


      ***

      「…あ、もうこんな時間か」

      「ずら。みんなといると時間が経つのが早いね」

      「よし。ちかちゃん、善子ちゃん。外に行こっか」

      「へ? お散歩?」

      「そんなところ!」

      「善子ちゃんも。行くよ」

      「…はいはい」

      「あんまり驚かないずらね」

      「なんとなくね、わかってたから」

      「…さっすがあ」

      ***



      60   2018/04/26(木) 15:10:45.71


      ***

      プシュー バタン ブゥゥゥン…

      「お散歩なのにバスに乗るんだね」

      「歩いていくには少し遠いからね」

      「そっか〜…あれ? どこに行くか決まってるの?」

      「うん。実はね」

      「あっほら見て見て善子ちゃん、海が黒いずら〜!」

      「夜の海はいつだって黒いわよ」

      「まる、遅い時間に外に出ることほとんどないから…」

      「夜のバスって、なんだか不思議な感じだね」

      「不思議?」

      「うん。外は暗くて、バスの中も明るくはなくて、途中で止まることもなくて、このままどこまでも走り続けるみたい」

      「あはは…それは怖いなー。でも、大丈夫だよ。このバスはちゃんと、向かう先があるから」

      「…うん!」

      ブゥゥゥン…

      ***



      61   2018/04/26(木) 15:11:27.95


      ***

      「ハァイ、お帰りなさい。善子、ちかっち。ハナマルと曜はいらっしゃい」

      「…………???」

      「あはは、ちかちゃん混乱してる」

      「無理もないわね。それより、善子がわかってました〜ってカオしてるのがかわいくないわ」

      「かわいくなくて悪かったわよ」

      「善子ちゃんは変なところで察しがいいから困るずら」ヤレヤレ

      「なんで私が悪いみたいになってるのよ」

      「鞠莉ちゃん、パーティはもう終わったの? あのねよーちゃん、チカたちさっきまでここにいたんだよ。鞠莉ちゃんとパーティの準備してたの」

      「うん、そうみたいだね」ニシシ

      「私たち、ロビーで立ち話するような仲じゃないわ。上に行きましょう。ちかっちたちで全員だよ」

      「全員? なにが?」

      「モチロン、パーティのお客様が…よ」

      ***



      62   2018/04/26(木) 15:12:11.46


      ***

      「あれ?! 果南ちゃん!」

      「よっ。遅かったね」

      「遅くないよ。チカたちお散歩のついでに来たんだもん」

      「あっはっはっは。なに、チカまだ状況よくわかってないの?」

      「そうみたいですね。同じ境遇のはずのよっちゃんは驚いてなさ過ぎますけど」

      「梨子ちゃんもいる…」

      「ダイヤとルビィもいるよ」

      「Aqours全員揃ってるの?! すごいね、奇跡みたいだね!」

      「奇跡じゃないわよ。マリが言ってたでしょ、私たちでお客さんがみんな揃ったって」ハァ

      「へ? お客さんって、ここでパーティする人たちでしょ。あれ? チカたちここにいていいの?」キョロキョロ

      「どれだけ鈍いのよ……だから、マリが今夜やるパーティのお客さんってのは私たちAqoursのことで、今からそれをやるのよ」

      「え………えーーーー?! そうだったの?!」

      「ようやく理解できたようですわね」

      「近いうちにちかっちたち誘ってパーティやるって、約束したからね」

      「近いよ! 近すぎだよ!」



      63   2018/04/26(木) 15:13:09.06


      「善子ちゃんはどこで気付いたずら?」

      「ほとんど最初よ。マリが私たちに自分のとこのパーティの準備なんか手伝わせるわけないもの」

      「はは…鋭いなあ」

      「なにヒトゴトみたいに笑ってるの。企画したのあなたでしょう」

      「あれ? そこまでバレてたの?」

      「こっちは勘だけどね」

      「もう! 果南のせいでバレてたんじゃないの!」プンスカ

      「違うでしょ、鞠莉がもっと上手に手伝わせてればバレなかったんだよ」

      「ちーがーうー! 果南のせーいー!」ポカポカポカ ←果南たたいてる

      「まあいいや。みんな揃ったし、始めよっか」←たたかれてる

      「ところで、パーティってなにやるの? オーケストラで踊るダンスパーティとか?!」

      「いや、音楽できるの梨子ちゃんしかいないから」

      「マリィもできるわよ?」

      「できてもやりませんから」

      「こんなに空に近い場所で、満天の星空だよ。だとしたら、やることは一つしかないでしょ!」

      ***



      64   2018/04/26(木) 15:14:01.62


      ***

      「ルビィちゃんほらあれ! 大っきく光ってるの! あれが琴座ずら!」

      「どれ?! 花丸ちゃん、どの星?!」ピョンピョン

      「飛んでも星には近付けないぞ〜」アハハ

      「ルビィ。他のより輝いてる星が三つあるでしょう。その三角形のてっぺんにあたるのが琴座ですわ」

      「あー、だめだめダイヤ。この中からたった三つの星を探そうとしても、慣れてなきゃ無理だって。それよりほらルビィ、あそこにいるか座があるでしょ? その上のほうにあるやつだよ」

      「はあ?! いるか座のほうがよっぽどわかりませんわ! だいたいいるか座だって四つ星なのだから、ほとんど変わらないでしょう!」

      「遠い三つを探すより近い四つを探すほうが簡単じゃん。ね、ルビィ」

      「え? え? うゆ、えっと…」オロオロ

      「果南が星座を知ってるなんて… surprised だよ…」

      「梨子ちゃん、星は?」

      「私もあんまり。でも、夏の大三角くらいはわかるわ」

      「そっか。見付けるコツとかある?」

      「そうね…やっぱりダイヤさんが言ってるように、琴座を探すのが一番じゃないかな」

      「むむむー……っ、あれ!!」ビシッ

      「ふふ、曜ちゃんったら。指を差されたってわからないわ」

      「あ…へへ、それもそうだよね」



      65   2018/04/26(木) 15:15:05.56


      「ねえ果南、これマリィも一緒に作ったのよ。食べてみて」

      「ん、美味しいよ! …でもなんか鞠莉らしくないような」

      「どれどれ……うん、美味しいですわね。それに鞠莉さんらしくありませんわ」

      「ルビィも〜。……おいしいっ!」

      「ちょ…ちょっと、そんな言い方ってないよ。果南を想う気持ちが料理の腕を grate にしたってことでーー」

      「あー! これ、『mezzo piAno』のたまごサンド! すごい、まさかこんなところで食べられるなんて!」

      「…………ん?」

      「…………はい?」

      「…………woo」

      「なに? 有名なとこのやつなの?」

      「有名なんてものじゃないわ! 開店前から交差点の向こうまで行列になるくらい人気のお店で、私も一回しか食べたことないの。はわ〜…幸せ…」

      「へー、いいやつなんだ。……うん、美味しいね!」ゞ

      「まるもまるも〜! ……美味しいずら! お出汁が入ってるの?」

      「さすが花丸ちゃんね。そうよ、このたまごサンドの一番の特徴なんだから」

      「鞠莉…」

      「鞠莉さん…」

      「oh… 間違えたわ、マリィが手伝ったのこっちのお煮しめだったかしら」



      66   2018/04/26(木) 15:15:47.13


      ーーだあって果南に誉めてもらいたかったんだも〜〜ん!

      ーーだとしても嘘はよくありませんわ!

      ーー梨子が余計なこと言うからよー!

      ーーええ?! なんですか?! なんの話?!

      ーーん〜〜〜っ、おいしーーー!

      「…いつでも元気ね、あの人たち」

      「あはは…そうだね」

      「行かなくていいの? 美味しいサンドイッチがあるみたいよ」

      「いーの。サンドイッチならお昼に食べたし、きっとそれより美味しいことないしね」

      「あら。超人気店に言うじゃない」

      「善子ちゃんだって同じこと言うでしょ」

      「まあね」



      67   2018/04/26(木) 15:16:46.54


      「ねえ、千歌さん」

      「なあに?」

      「今日の中で、なにが一番楽しかった?」

      「あー! それチカが聞こうと思ってたやつ!」

      「こういうのは先に思い出した者勝ちの早い者勝ちよ」

      「ぶー。…みんな楽しかったなー。果南ちゃんとは遊べなかったけど、こっちの準備してくれてたってことだよね」

      「そうでしょうね。いつ思い付いたのか知らないけど」

      「そーいえば、なんで果南ちゃんだって思ったの?」

      「ほんとに勘なんだけど…強いて言うなら、メールを受け取ったときのマリの表情かしら。仕事のメールにしては、随分嬉しそうに読んでたから」

      「それだけ?!」

      「あとは、あなたもマリもセンパイを『遊びたがり』だって言うのがどうも引っ掛かってて…メールのタイミング的にもそうかなって」

      「ほえー…善子ちゃんは騙せないなー」

      「騙す予定でもあるわけ? …ってえ、わかったんだからね私!」ガバッ

      「えっ、な、なに?!」

      「曜のとこに行くとき、あなたが『答えは変わらないと思う』って言った理由よ! みかん攻めにするつもりだったからでしょ!」

      「ああ。うん、そーだよ」ニヘッ

      「悪びれず認めるなーーーっ!」ウガーーーッ



      68   2018/04/26(木) 15:17:18.61


      「ね、善子ちゃん」

      「なによ」ムスッ

      「今日、なにが一番楽しかった?」

      「まだその話するの?」

      「だって結局聞いてないもん」

      「あ、そうだっけ」

      「そーだよー!」

      「…そうね。私は琴の練習が意外と楽しかったかも」

      「わかる! 楽しかったよね! また弾きたいな〜」

      「日課や義務になったら違うんでしょうけどね」

      「またダイヤさんとこ遊びにいこうね!」

      「ええ、必ずね」



      69   2018/04/26(木) 15:17:52.49


      「でもね、千歌さん」

      「うん。なーに?」

      「こうして友達の声を聞きながら星を眺める時間も、悪くないわ」

      「…そーだね」

      「ねえ、千歌さん。これからも、たくさん遊びましょうね」

      「みんなともいいけど、やっぱりたまには二人きりでーーね」

      終わり



      74   2018/04/26(木) 15:24:02.50


      >>37

      今回は「嫉妬」という感情を世界から排除してみた
      その甲斐あって誰もが優しかった



      78   2018/04/26(木) 17:56:42.36


      いちおつでした |c||^.- ^||
      こうやってみんなでワイワイするお話好きですよ



      79   2018/04/26(木) 18:04:50.28


      >>78

      ありがとう
      みんなを均等に出そうと思うけど、なかなか難しいね



      80   2018/04/26(木) 18:19:14.19


      これは…ゆっくり読ませてもらいます!
      ちかよしいいよねすき



      81   2018/04/26(木) 18:30:08.30


      >>80

      ありがとう
      楽しんでもらえるといいな!



      82   2018/04/26(木) 19:20:05.76


      |c||^.- ^||👍



      85   2018/04/26(木) 23:12:47.25


      ちかよしの親友感堪らん
      ほかのメンバーともほのぼのしてて最高や



      86   2018/04/26(木) 23:12:47.25

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1524703552/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど