投稿カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】梨子「だって恥ずかしいから…///」

【ラブライブ!】梨子「だって恥ずかしいから…///」

2018年03月27日 23:20:27 , JST | 未分類
  2018/03/23(金) 19:22:18.64


ルビィ『初めて会った時から……』

ルビィ『ずっと…ずっと…好きでしたっ!』

ルビィ『ルビィと!付き合ってください!!』

 

それが1ヶ月前、
放課後の教室で、ルビィちゃんにされた告白だった。

うぅ……

今、思い出しても恥ずかしい……

だって、今まで告白なんてされたことないんだもん。

面と向かって『好き』だなんて、初めて言われたから……

梨子『っ…////』

すっごく嬉しくって……

すっごく恥ずかしかったの……



  2018/03/23(金) 19:22:18.64

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

      2018/03/23(金) 19:22:53.95


    ルビィ『ぅゅ…////』

    私に告白したあと、ルビィちゃんも恥ずかしがってたなぁ。

    無理もないよね……

    告白なんて凄く勇気がいる事だもん、私だったら恥ずかしくて絶対出来なかったと思う。

    ルビィちゃんは、恥ずかしがり屋さんでひっこみ思案な所がある子だから、

    告白するのに、たくさん悩んだと思う。

    それでも決心して、
    勇気を振り絞って告白してくれたんだよね。

    梨子『…////』

    だから、早く答えてあげないといけないんだろうけど……

    梨子『えっと…////あの…///』アタフタ

    あの時の私は、突然の告白にビックリしちゃってね……あたふたしてたの。

    情けないよね、先輩なのに……

    でも、恥ずかしかったんだもん……



      2018/03/23(金) 19:23:27.40


    梨子『その…//あぅ…///』アタフタ

    ルビィ『…////』プルプル

    しばらく何も答えられないで……

    ただ、いたずらに時間だけが流れていった……

    ルビィ『っ!』ダッ!

    それに耐えきれなくなったのか……

    お顔を自分の髪の毛よりも真っ赤にしたルビィちゃんが、
    こっちの返事も聞かずに逃げちゃいそうになったんだ。

    だから『待って!』って咄嗟に手を掴んだの。

    『ちゃんとお返事したいから逃げないで!』って……



      2018/03/23(金) 19:24:30.45


    梨子『…っ////』

    でもね、咄嗟に掴んじゃったルビィちゃんの手に意識を向けると……

    すっごく柔らかくて、すっごく温かくて……

    その温もりを感じると何故だか、私……もっと恥ずかしくなっちゃって……

     

    梨子『……/////』

    ルビィ『……/////』

     

    そこからは、またしばらく無言になっちゃった。



      2018/03/23(金) 19:25:00.05


    梨子『うぅっ…/////』

    ルビィ『うゆぅ…/////』

     

    お互い言葉が見つからなくて、
    見つかったとしても、なんて発したらいいのかわからなくて……

    だから、お互い唸ったりしか出来かったんだ。

     

    梨子『うぅぅっ…///////』

    ルビィ『うゆぅぅ…///////』

    ──ガラッ

    千歌『あれ?何してるの二人とも。もう、帰る時間だよー?』

     

    千歌ちゃんが来なかったら、私達ずっとあのままだったかもしれないね……



      2018/03/23(金) 19:25:21.67


    りこルビですか
    やりますね



      2018/03/23(金) 19:25:30.42


    それで……その後もいろいろあったんだけど……

    結論だけ言うとね。

    今は……普通に……

    お付き合いしてます……

    梨子「うふふ//」

    ルビィ「えへへ//」

    ルビィちゃんと……



      2018/03/23(金) 19:26:02.49


    今でも信じられない、こんな可愛い子とお付き合いしてるだなんて。

    梨子「…///」

    だから恥ずかしくなっちゃうの……

    だって、こんな素敵な子とお付き合いしてるんだから。

    ルビィ「どうしたの?梨子ちゃん」

    梨子「恥ずかしくなっちゃって//」

    ルビィ「えっ?」

    梨子「ルビィちゃんが私の彼女なんだなぁって思ったら、とっても嬉しくって……///とっても恥ずかしくなっちゃったの///」

    ルビィ「り、梨子ちゃん……///」カァッ…

    ルビィちゃんは、私が赤くなるとすぐ赤くなる。

    私が恥ずかしいとルビィちゃんも恥ずかしくなっちゃうんだって。

    ふふ、なんだかお揃いみたいだね。



    10   2018/03/23(金) 19:26:45.08


    梨子「ルビィちゃん…♪」

    ルビィ「梨子ちゃん…♪」

    今は、そんなルビィちゃんと普通の恋人みたいにデートしてるの。

    ルビィ「梨子ちゃん…!」

    梨子「なぁに?ルビィちゃん」

    ルビィ「ジュ、ジュース……一緒に飲もう……?」

    梨子「……う、うん//」

    ジュルルル

    ルビィ「/////」

    梨子「/////」

    あぁ、私……今、普通の恋人みたいにデートを楽しんでるんだぁ。

    それってすっごく……

    梨子「うふふ///」

    ルビィ「えへへ///」

    果南「……」

    幸せだなぁ……

    ルビィちゃんとこんな風にすごせて。



    11   2018/03/23(金) 19:27:14.80


    梨子「美味しいね///」

    ルビィ「うん!///」

    果南「……」

    こんな風にデートが出来て……

    私ね、

    今、とっても幸せなんだ♪

    梨子「うふふ//」

    ルビィ「えへへ//」

    果南「……ねぇ?」

    梨子「?」

    どうしたんだろう果南ちゃん。



    12   2018/03/23(金) 19:27:42.37


    梨子「なんですか?」

    果南「私、もう帰っていい?」

    梨子「えっ!」

    ルビィ「っ!!」

    い、いきなり何を言い出すの?

    そんなの……

    梨子「ダ、ダメですよっ!!」ガタッ…

    果南ちゃんが変なこと言うから、思わず席を立ち上がっちゃった。




      13   2018/03/23(金) 19:28:11.90


      梨子「そんな!ル、ル、ルルルルルル、ルビィちゃんと、ふ、ふたたたたたっきりだなんて!」

      果南「落ち着きなよ」

      梨子「恥ずかしすぎます!!」

      果南「恥ずかしいって……」

      梨子「ねぇ?ルビィちゃん!」

      ルビィ「うんっ!ルビィも恥ずかしい!」コクコク

      果南「いや、二人のいちゃいちゃを見せられてる、私の方が恥ずかしいんだけど……」

      梨子「私達、デートの時は誰か側にいてくれないとダメなんですから!」

      ルビィ「そうです!困りますよ!」



      14   2018/03/23(金) 19:28:58.65


      果南「でもさぁ、もう1ヶ月も経ってるんだし、そろそろ慣れない?」

      梨子「なっ……!」

      慣れる?

      慣れるって何も感じなくなるってことだよね?

      無理よ、そんなの絶対無理……!

      梨子「私、絶対慣れません!!」

      果南「えぇ……」

      梨子「慣れませんから!」

      果南「なんで?」

      梨子「だって……」チラッ

      ルビィ「……っ!」ドキッ



      15   2018/03/23(金) 19:29:37.69


      ルビィちゃんは可愛いし、とっても健気で私を慕ってくれる優しい優しい女の子。

      こんな素敵な子……

      一生一緒に添い遂げたって慣れっこないよ。

      そんなルビィちゃんに好かれてる、愛されてるっていう事実だけで、
      今でもたまに気を失いそうになるのに……

      そんな私がルビィちゃんと二人だけでまともに話せる訳ないじゃない!

      二人っきりになんかになったら、絶対話せなくなっちゃう!

      ルビィ「ぅゅ…//梨子ちゃん……そんなにルビィの事、見つめないでぇ……///」

      梨子「あっ、ごっごめんね!ルビィちゃん////」

      う、うそ……!

      私……今、ルビィちゃんの事を見つめてたの?

      そんな……

      梨子「…///」

      そんなの、恥ずかしいよぉ……



      16   2018/03/23(金) 19:30:29.35


      梨子「うぅっ/////」

      ルビィ「うゆぅ/////」

      果南「まーた始まった」

      梨子「ごめんね、ルビィちゃん//見つめちゃって…/////」

      ルビィ「ううん//いいの…///梨子ちゃんだから…//恥ずかしくても我慢しちゃいます///」

      梨子「ルビィちゃん///」

      ルビィ「梨子ちゃん///」

      果南「あー、恥ずかしい恥ずかしい……」



      17   2018/03/23(金) 19:31:02.16


      梨子「ルビィちゃん…今、どのくらい恥ずかしい?」

      ルビィ「うん……とってもとっても恥ずかしいです……」

      梨子「本当?私もね……今、とってもとっても恥ずかしいんだぁ……//」

      果南「私もとってもとっても恥ずかしいよ〜……」

      梨子「私達2人とも……今、恥ずかしがってるんだ……//」

      ルビィ「お、同じ気持ちですね……////」

      果南「私もね〜……」

      梨子「うぅぅっ////」

      ルビィ「うゆゅっ////」

      果南「なに……今度はどうしたの……?」

      梨子「恥ずかしいが恥ずかしいの////」

      果南「はぁ?」

      梨子「ルビィちゃんが恥ずかしいと……私も恥ずかしいよぉっ/////」

      ルビィ「うゆぅっ//ルビィもです///」

      果南「あっそう……」



      18   2018/03/23(金) 19:31:36.63


      ルビィ「あぁ……///恥ずかしい//恥ずかし過ぎますよぉ……///」

      梨子「わ、私も……/////」バタッ

      やだ、恥ずかしい過ぎて思わず腰が抜けちゃった……

      果南「ちょ、ちょっと!大丈夫?」

      梨子「恥ずかし過ぎて、立てなくなっちゃったよぉ……」

      果南「どういう状態なの?」

      ルビィ「あぁ…ルビィも恥ずかし過ぎて…」ガタガタ!

      果南「?」

      ルビィ「耐えられないよぉ」ブルブルブルブル!

      果南「どうしたのルビィ?」

      ルビィ「ピギャアアアアアアアアアアアアアアアアア!」

      果南「ルビィ!?」

      梨子「ルビィちゃん……」

      心が耐えられなくなった時、奇声をあげて誤魔化す人ってあるよね……

      ルビィちゃんはそっちのタイプの人なんだ……



      19   2018/03/23(金) 19:32:14.02


      果南「ちょっと!周りの人達が見てるよ!」

      ルビィ「ピギャアアアアアアアアアアアア!!」

      果南「それは恥ずかしくないの!?」

      梨子「あぁ」ガタガタ……

      私も耐えられなくなってきた……

      梨子「っ!」バンバンバン!

      果南「梨子!?」

      私はね……
      耐えられなくなったら……

      床とか地面を殴るタイプなんだ。

      小さい頃にね、奇声をあげるよりこっちの方が良いかなって思って……

      だっていきなり奇声なんてあげたら、お母さんに心配させちゃうじゃない。

      梨子「あぁっー!!あっー!!!」バンバンバン!

      あげながらする事もあるんだけど。



      20   2018/03/23(金) 19:32:36.59


      梨子「あぁぁぁぁ!!」バンバンバン!

      ルビィ「ピギャアアアアアアアアアアアア!!」

      果南「ちょっと!二人とも!」

      ザワザワザワザワ

      果南「やめなって!」

      梨子「あぁぁぁぁぁっ!!」バンバンバン!!

      ルビィ「ピギャアアアアアアアアアアアアア!!!!」

      果南「今の状況の方が恥ずかしいからね!!」



      22   2018/03/23(金) 19:33:15.84


      〜〜〜

       

      果南「はぁ……なんとか落ち着いた……」

      梨子「うふふ//」

      ルビィ「えへへ//」

      あれから数時間がたって、
      何とか落ち着きを取り戻した私達はデートを再開したの。

      梨子「……////」

      それにしても、やっぱりルビィちゃんとデートなんて……

      今でも夢を見てるみたいな気分になっちゃう……

      ルビィ「り、梨子ちゃん……」モジモジ

      梨子「?」

      なんだろう?

      ルビィちゃんが私に何か伝えたそうにモジモジしてる。



      23   2018/03/23(金) 19:33:44.10


      ルビィ「うゆぅ////」モジモジ

      恥ずかしそうにモジモジしてるの……

      うぅっ……

      そんな姿見せられたら……

      こっちまで恥ずかしくなっちゃうよぉ……

      梨子「……////」モジモジ

      ルビィ「……/////」モジモジ

      果南「なにしてんの二人とも」



      24   2018/03/23(金) 19:33:59.29


      貴重なりこルビ……

      なんか雲行きが怪しくなってきたな



      25   2018/03/23(金) 19:34:26.16


      ルビィ「か、果南ちゃん……!」

      果南「ん?」

      ルビィ「梨子ちゃんに大好きだよって伝えてください……」ゴニョゴニョ……

      果南「はぁ?」

      梨子「果南ちゃん……」

      果南「なに?」

      梨子「ルビィちゃんに私もって伝えてください……」ゴニョゴニョ

      果南「いや、聞こえてんじゃん」

      ルビィ「果南ちゃん!」

      果南「なに……」



      26   2018/03/23(金) 19:35:03.67


      ルビィ「今から、果南ちゃんの手に……ルビィの指で文字を書くんで……それと同じ事を梨子ちゃんにもしてください……」

      果南「そんなの直接やんなよ」

      梨子「果南ちゃん!私も背中に文字を書くから、それをルビィちゃんに……」

      果南「やんないよ」

      梨子「……」スー……

      ルビィ「……」スラァ……

      果南「ちょっ!やんないって言ったでしょ!」

      スラスラァ……

      果南「くすぐったい!くすぐったいって!」

      スー……スラスラァ

      果南「あははは!ほ、本当にくすぐったいからっ!」

       

      果南「あはははははははは!」



      27   2018/03/23(金) 19:36:00.26


      〜〜〜

       

      果南「ぜーっ…ぜーっ…」

      梨子「……以上です」

      ルビィ「うゆ」

      果南「はぁ…はぁ…」

      梨子「伝えてください……」

      ルビィ「うゆ」

      果南「いや、同時にやるからわかんなかったし……」

      梨子「そんな、ルビィちゃん……////私の事…ずっとずっと大好きだよ…だなんて……////」

      ルビィ「梨子ちゃん……世界で一番愛してるんだ……ルビィの事///」

      果南「なんでわかってるの?」



      28   2018/03/23(金) 19:36:27.24


      ルビィ「……梨子ちゃん/////」ギュッ

      梨子「……ルビィちゃん/////」ギュッ

      果南「私を挟んで抱き合わないでよ……」

      梨子「ルビィちゃん…///」

      ルビィ「梨子ちゃん…///」

      果南「はぁ……なんで私がこんなこと……」

      梨子「うふふ/////」

      ルビィ「えへへ/////」

      果南「本当は千歌の役目なのにさ……」

       

      果南「まったく、千歌の奴……」



      29   2018/03/23(金) 19:37:09.02


      〜〜〜〜〜

      〜黒澤邸〜

      千歌「おいしい〜」モグモグ

      ダイヤ「それは良かったです」

      千歌「千歌ね?ダイヤさんの手料理だーいすき!」

      ダイヤ「ふふ、私も千歌さんに食べてもらえて嬉しいですわ」クスッ

      千歌「〜♪」モグモグ

      ダイヤ「ところで千歌さん」

      千歌「ん〜?なぁに?」モグモグ

      ダイヤ「今日はルビィ達のデートに付き添うじゃなかったんですか?」

      千歌「あー、そうだったんだけどね」

      ダイヤ「?」

      千歌「いやになってやめちゃった」

      ダイヤ「えぇ?」

      千歌「もう付き合ってられないよ、あんなの……」モグモグ

      ダイヤ「でも……それだとルビィ達が……」

      千歌「あぁ、大丈夫だよ?」

      ダイヤ「?」

      千歌「果南ちゃんに千歌の代わり、押し付けちゃったから♪」テヘッ

      ダイヤ「果南さんに?」

      千歌「うん、だから大丈夫!」

      ダイヤ「……そうでしょうか?」

      千歌「へーきへーき、果南ちゃんって、なんだかんだ面倒見いいから、最後まで付き合ってくれるよ」

      ダイヤ「だと、いいのですが……」



      30   2018/03/23(金) 19:37:43.39


      〜〜〜〜〜

       

      果南「あー、もう付き合ってられない」

      梨子「えっ?」

      果南ちゃん?急に何を言い出すの?

      果南「私、帰るね」

      ルビィ「うゆっ!?」

      梨子「なっ!?」

      そ、そんなの……!

      梨子「困ります!!」

      果南「困るっていわれてもね」



      31   2018/03/23(金) 19:38:21.55


      ルビィ「果南ちゃんがいなかったら……」

      梨子「私達、どうやってデートしたらいいんですか!」

      果南「普通にデートすればいいと思うけど」

      梨子「普通って……」

      二人っきりで手を繋いだり、お話ししたり、おでかけしたり?

      そんなの無理だよ……

      恥ずかし過ぎるもん……

      果南「あぁ、そうだ……」ピラッ

      梨子「…?」

      果南ちゃんがチケットみたいな物を差し出してくる。

      果南「鞠莉から二人へのプレゼントだって」

      梨子「これは……?」

      果南「ホテルの無料宿泊券」

      梨子「っっっ!!!」



      32   2018/03/23(金) 19:38:56.90


      ホ、ホテル!?

      それって……つまり……

      ルビィちゃんとお泊まりしろってこと?

      果南「まぁ、冗談半分ぽかったし、使っても使わなくてもいいと思うけど」

      梨子「こ、こ、ここここんなものっ///つつ、つかえません//」

      果南「好きにしなってば」

      梨子「まだ早いですよっ////ルビィちゃんとお泊まりなんて……///」

      ルビィ「お、お泊まりっ!?////」プシュー

      果南「はいはい、じゃあ、私はもう行くから、しっかりやんなよ」

      梨子「あっ……待って……!」

      果南ちゃんが逃げるように立ち去っていく……

      果南「ばいばーい」テッテッテッ

      そんな、待って……!行かないで……!

      果南ちゃんがいなかったら……

      ルビィ「り、梨子ちゃん///////」モジモジ

      梨子「ル、ルビィちゃん/////」モジモジ

      私達、どうすればいいの?



      33   2018/03/23(金) 19:40:01.73


      〜小原ホテル〜

       

      鞠莉「うぅーん……」ムクッ

      今日は休日。

      目覚ましもかけないで、マリーはゆっくりと自分のホテルで目覚めるの。

      鞠莉「ふわぁ……」

      ちょっと寝過ぎちゃった?

      鞠莉「……あら」ゴシゴシ

      窓の外を見てびっくり。

       

      外を見ると、夕日が私の街を赤く染めていたんだもん。

      そんな時間までゴロゴロしちゃってたのね。

      鞠莉「……ふぅ」



      34   2018/03/23(金) 19:40:31.61


      でも、後悔はないのよ?

      だって、休日じゃないとこんなこと出来ないじゃない♪

      鞠莉「〜♪」

      それにマリーの休日はこれから始まるんだから。

      楽しい楽しい休日がね〜♪

      鞠莉「うふふふ」

      さーて、今日は何して遊ぼっかな〜♪

      どんな楽しい事しようかしら〜♪



      35   2018/03/23(金) 19:41:06.66


      コンコンコンコンコンコンコンコンコン!

      鞠莉「?」

      唐突に、しつこいノック音が聴こえる……

      なに?ベッドメイクの時間?

      いや、私の部屋は除外されてるはずだから、それはないわね。

      だいたいうちのホテル、
      こんな時間にベッドメイクなんかしないし。

      となると……



      36   2018/03/23(金) 19:41:45.04


      鞠莉「誰よいったい」

      コンコンコンコンコンコンコンコンコン!

      鞠莉「うるさいわね!」

      コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン!

      鞠莉「シャラップ!!今、開けるから静かにしなさいよ!」

      ガチャ…

      扉を開けるとそこには……

      梨子「鞠莉さん!」

      ルビィ「鞠莉ちゃん!」



      37   2018/03/23(金) 19:42:25.20


      鞠莉「梨子、ルビィ……?」

      梨子「あぁ、よかったぁ」

      梨子はそう言うと、断りもなく部屋に上がり込んできて、私の背後へと隠れる。

      鞠莉「なに?なに?なに?」

      ルビィ「あっ……」オロオロ…

      するとルビィは、隠れ場所を奪われたみたいに、オロオロしだして……

      ルビィ「うっ……」ギュッ

      仕方なさそうに、私の正面へ隠れるようしがみついた。

      鞠莉「なに?どういう状況なの?これ」



      38   2018/03/23(金) 19:42:56.27


      梨子「鞠莉さん、ルビィちゃんにごめんって伝えてください」

      鞠莉「はぁ?」

      ルビィ「鞠莉ちゃん、ルビィこそごめんなさいって、梨子ちゃんに伝えてください」

      鞠莉「いや、聞こえてるじゃないの」

      梨子「そんな!私が悪いの……年上なのにモジモジしちゃって、ルビィちゃんを全然リード出来なくて……」

      鞠莉「なんの話?」

      ルビィ「ルビィだって悪いの…!梨子ちゃんばっかりに負担かけちゃって、もっとルビィからもリードしないといけないのに……」

      鞠莉「なんの話なのよ?」

      梨子「そんなこと!」

      ルビィ「あるもん!そんなこ!」

      鞠莉「ちょっと説明しなさいよ」

      梨子「ルビィちゃん……」

      ルビィ「梨子ちゃん……」

      鞠莉「なんなのよこれ?」

      梨子「鞠莉さん、そう伝えてください……ルビィちゃんに……」

      鞠莉「いや、もう伝わってるじゃない」

      ルビィ「お願いします」

      鞠莉「普通に会話してたわよ貴方達」



      39   2018/03/23(金) 19:43:27.38


      〜〜〜

       

      鞠莉「……まぁ事情はわかったけど」

      ようするに……

      果南に見捨てられてどうしたらいいかわからず、
      手元にチケットがあったから、とりあえずこのホテルまで来たと。

      でも、二人っきりで密室なんて絶対無理だから、マリーの部屋まできたわけね。

      梨子「うぅっ/////」

      ルビィ「うゆぅ…/////」

      鞠莉「はぁ」

      チカから聞いてたけど、こんなにうぶだったなんて。

      こんなんでよく1ヶ月も付き合えたわね。

      いたずら半分でチケットをプレゼントしたんだけど、ちょっと悪いことしたかしら?

      まぁ、マリーは反省なんてしないけど〜。



      40   2018/03/23(金) 19:44:08.27


      梨子「はわわっ…/////」

      ルビィ「あわわっ…/////」

      鞠莉「……」

      しっかし……

      鞠莉「貴方達、もう付き合って1ヶ月でしょ?」

      梨子「はい///」

      ルビィ「ぅゅ///」コクコク

      鞠莉「いつもこんな感じなの?」

      梨子「はい……///」

      ルビィ「……////」コクコク

      鞠莉「はぁ、そりゃチカも大変だわ」



      41   2018/03/23(金) 19:45:06.14


      二人は相変わらず、私の体にくっついてモジモジしていた。

      時折、背後の梨子が私の髪で顔を隠しながら、ルビィを見つめたり。

      ルビィも私の脇の間から梨子の姿を見たりしてる。

      梨子「うぅぅっ/////」ギュッ

      ルビィ「うゆぅぅ…/////」ギュッ

      鞠莉「……」

      そうして、ある程度見つめあうと、お互い恥ずかしがって私の胸や背中に顔を埋める。

      それをさっきから何回も繰り返してるの。

      鞠莉「はぁ……」

      いい加減うっとうしくなってきたわ。



      42   2018/03/23(金) 19:45:37.29


      梨子「鞠莉ちゃん……」

      鞠莉「なに?」

      梨子「今から鞠莉ちゃんの耳元で囁くから……それと同じ事をルビィちゃんにもしてください」

      鞠莉「はぁ?どういうプレイよそれ」

      ルビィ「鞠莉さん、ルビィも同じ事するから……お願いします」

      鞠莉「なんでマリーがそんなことしないと……」

      梨子「」ゴニョゴニョゴニョ……

      ルビィ「」ゴニョゴニョゴニョ……

      鞠莉「ちょっと!同時にしないでよ!わけわかんなくなるでしょ?」

      梨子「そんな、ルビィちゃん……////私が…大好きで大好きで…大好きが止まらない…だなんて……////」

      ルビィ「梨子ちゃん……ずっとずっと愛し続けてくれるだ……ルビィの事///」

      鞠莉「なんでわかってるのよ?」

      梨子「うふふ//」

      ルビィ「えへへ//」

      鞠莉「なにこれ」



      43   2018/03/23(金) 19:46:22.61


      梨子「じゃあ、今度はお互いの好きな所に触れる遊び……しない?」

      ルビィ「う、うん////」

      鞠莉「やるなら私から離れてやってよね」

      梨子「じゃあ、私が触れた所と同じ所を触ってあげてくださいね……?」

      鞠莉「……なに?私に言ってるの?」

      梨子「はい」

      鞠莉「私がルビィに触るってこと?」

      梨子「当たり前じゃないですか」

      鞠莉「なにが当たり前なのよ」

      梨子「じゃあやりますよ……」

      ギューー!

      鞠莉「……」

      梨子が私の体をぎゅっと抱き締める。



      44   2018/03/23(金) 19:46:55.07


      梨子「私が好きなのはルビィちゃんの全部だよ…!」

      鞠莉「……」

      ルビィ「梨子ちゃん!ルビィもっ!」

      ギューー!

      ルビィ「梨子ちゃんの全部が大好きだよ!」

      鞠莉「……」

      梨子「ルビィちゃんったら//」

      ルビィ「梨子ちゃんこそ…//」

      鞠莉「はぁ……」

      もう無理、せっかくの休日にこれ以上特殊なカップルのイチャイチャに巻き込まれたくないわ。



      45   2018/03/23(金) 19:47:28.27


      鞠莉「ルビィ、貴方お菓子好きだったわよね」

      ルビィ「えっ?うん、大好きだよ」

      鞠莉「これあげるから、もう帰りなさい」

      ルビィ「えっ?」

      梨子「な、なんで?」

      鞠莉「こうみえてマリーにも予定があるのよ?」

      梨子「そんなっ!また二人っきりにするつもりですか?」

      ルビィ「そんなことするなんて信じられません!」

      カップルとは思えない発言ね。

      鞠莉「ごめんなさいねー」グイッ

      でも、マリーには関係ないし、
      ルビィにチョコレートを持たせて、二人を部屋から追い出した。

      鞠莉「二人で仲良く食べるのよー」

      バタンッ



      46   2018/03/23(金) 19:48:33.48


      梨子『鞠莉さん!こんなことって……!』

      ルビィ『ひ、ひどいよぉ……』

      扉の向こうで二人が騒いでるけど気にしなーい。

      鞠莉「さーて」

      気を取り直して休日を満喫しましょう。

      梨子『鞠莉さん!』コンコンコンコンコンコン!

      ……まずは予定からたてないとね。

      コンコンコンコンコンコン!

      ゴロゴロしながらテレビを見たり?
      溜まってたドラマがあるしそれでも見ようかなー。

      コンコンコンコンコンコン!!

      でも、なにもしないっての良いわよね。



      47   2018/03/23(金) 19:49:10.62


      休日を丸々無駄にしゃうのも贅沢な過ごし方で素敵じゃない?

      コンコンコンコンコンコン!!!

      でも、そんなのaging……
      年老いてからも出来ることよね。

      マリーは花も恥じらう女子高生!
      若いうちにしか出来ないことをするべきだわ!

      コンコンコンコンコン…バン!バン!バン!バンッ!!

      ピギャアアアアアアアアアアアア!!

      鞠莉「うるさいわね!!!いい加減にしないさいよ!!」

      梨子『鞠莉さん!ここを開けてよっ!!』バンバン!

      鞠莉「……」プルルルル

      梨子『中に入れて!!』

      鞠莉「もしもしフロント?私の部屋の前にいる不審者をつまみだしてちょうだい」

      ピギャアアアアアアアアアアアア!!!

      鞠莉「至急ね!」



      48   2018/03/23(金) 19:50:13.62


      〜〜〜〜〜

      〜黒澤邸〜

      千歌「ダイヤさん……」ギュッ

      ダイヤ「な、なんですか……千歌さん//」

      千歌「ふふ♪ぎゅー♪」

      ダイヤ「千歌さん…/////」

      千歌「ねぇ〜?今日は、ずっと二人っきりかな?」

      ダイヤ「えっ?」

      千歌「明日まで、この家には千歌とダイヤさんだけかなって聞いてるの〜」

      ダイヤ「さ、さぁ…///どうでしょう?」

      千歌「ん〜?」ギュー

      ダイヤ「ル、ルビィが……帰ってくるかもしれません……梨子さんのお家に泊まるとは言ってませんでしたから…」

      千歌「そうなんだ」

      ダイヤ「だから、今日はダメですわ……」

      千歌「なにが〜?」

      ダイヤ「その……そういうことです……ルビィが帰って来るかもしれないので……そういうことは出来ません……」

      千歌「そういうことって〜?」

      ダイヤ「そ、そういうことですわ///」



      49   2018/03/23(金) 19:50:43.64


      千歌「こいうこと?」ギュウッ

      ダイヤ「あっ、ダメですってば……///」

      千歌「ふふ、大丈夫だよ?」

      ダイヤ「えっ?」

      千歌「二人とも、今日は鞠莉ちゃんのホテルに泊まるはずだからね」

      ダイヤ「……そ、そうなんですか?」

      千歌「うん、そうなんだ♪」

      ダイヤ「私、そんな事聞いてませんよ……」ボソッ

      千歌「だからね?」クイッ

      ダイヤ「っ!」ドキッ

      千歌「……今日はずっと二人っきりだよ、ダイヤさん」ダキー

      ダイヤ「ち、千歌さん……///」

      千歌「千歌ね?ひさしぶりに……ダイヤさんにたくさん甘えたいなぁ……」

      ダイヤ「……っ」ドキドキ……

      千歌「だめ?」

      ダイヤ「だ、ダメじゃ……ありませんけど……」

      千歌「じゃあ……」スッ

      ダイヤ「あっ…////」

      千歌「甘えさせて?」

      ダイヤ「千歌さんっ…////」

      ガチャ……ガラガラガラ……

      千歌「…ん?」

      ダイヤ「……?」

      ルビィ『ただいまー』

      ダイヤ「ル、ルビィ?」

      梨子『お邪魔しまーす……』

      千歌「っ!?」



      50   2018/03/23(金) 19:51:15.67


      ドンドンドン……

      ルビィ『お姉ちゃん!お姉ちゃん!お姉ちゃん!お姉ちゃん!』

      ドタバタ、バタバタ!

      梨子『千歌ちゃん!千歌ちゃん!千歌ちゃん!千歌ちゃん!』

      ドタバタ、ドタドタ!

      ガチャッ

      ルビィ「お姉ちゃん!」ギュッ

      梨子「千歌ちゃん!」ギュッ

      千歌「ちっ……」

      ダイヤ「ルビィ……」

      千歌「まーたこれだよ……」

      ダイヤ「どうしたんですか二人とも?」

      ルビィ「果南ちゃんと鞠莉ちゃんに見捨てられちゃったの……」グスン

      ダイヤ「あら……」ナデナデ

      梨子「千歌ちゃん!聞いてよ!!」ギュー……

      千歌「抱きついてこないで」ググググ……

      梨子「みんなひどいんだよ!」ギュー……

      千歌「ひどいのは梨子ちゃんの方だと思うよ」ググググ……



      51   2018/03/23(金) 19:51:49.76


      〜〜〜〜〜

       

      梨子「うぅっ/////」

      ルビィ「うゆぅ…/////」

      ルビィは今、梨子ちゃんと二人っきりでいます……

      さっきまでお姉ちゃんと千歌さんがいたんだけど、
      お姉ちゃんは「お茶いれてくるわね」っていって下に降りていったの。

      それからちょっとして千歌さんも「トイレ行ってくる」っていって降りていっちゃったんだ……

      最初は、いかないでって二人でしがみついて必死に止めたんだけどね、
      なんだったらそこでしていいからってごみ箱を指差したらポカンって頭を叩かれちゃったんだ……

      梨子「……///」

      ルビィ「……////」

      うぅっ……恥ずかしいよぉ……早く戻ってきて……



      52   2018/03/23(金) 19:52:35.87


      梨子「……//」モグモグ

      ルビィ「……//」モグモグ

      今、鞠莉ちゃんに貰ったチョコレートを食べて恥ずかしさを紛らわしてるけど。

      うぅっ……チョコの味……

      全然わかんない……

      ルビィ「……ぅゅ」モグ…

      でもちょっと苦い……かも?

      いや、苦いというより辛い……?

      ……なんでだろ?

      ルビィ「……」ポケーーー

      頭もなんだかふわふわするし……

      不思議な感覚がする……

       

      ガラララ……

       

      ルビィ「?」



      53   2018/03/23(金) 19:53:13.53


      なに?玄関の開く音?

       

      チ,チカサン…!

      イイカラハヤクッ!

       

      ルビィ「!!」

      お姉ちゃん達の声が聞こえる……

      まさか、ルビィ達を置いてどっかに行くつもり?

      そんなっ!お姉ちゃん達までルビィを裏切るの!

      そんなの……!

      ルビィ「ふざけんなよ!」

      梨子「っ!!」ビクッ



      54   2018/03/23(金) 19:53:32.87


      あれ……ルビィ、今なんて言ったの?

      なんか変だよ……自分が自分じゃないみたい……

      梨子「ル、ルビィちゃん?」ビクビク…

      あれ……梨子ちゃんもなんだか変だ……

      あんまり変わってないようにみえるけど、ルビィにはわかる。

      いつもより挙動不審でおどおどしてるもん……

      梨子「……」ビクビク……

      ルビィ「……」イライラ……

      いったいどうなってるの?



      55   2018/03/23(金) 19:54:01.94


      〜〜〜〜〜

       

      鞠莉「あっ、そういえば……」

      鞠莉「ルビィにあげたチョコレート……」

      鞠莉「バーボン入ってたわね」

      鞠莉「……」

      鞠莉「ま、いっか!」

      鞠莉「それよりまだ夕方だし、浜辺にフリスビーでもしにいきましょう!」

      鞠莉「ふふ♪」



      56   2018/03/23(金) 19:54:54.47


      〜〜〜〜〜

       

      梨子「やだ……恥ずかしいよ……」ビクビク…

      どうしちゃったの?ルビィちゃん……

      ルビィ「なにが恥ずかしいの?」ドンッ

      梨子「っ」ビクッ

      ルビィちゃん……なんか変だよ……

      いつもはこんなことしてこないのに……

      さっきから凄く大胆に、私に迫ってくるの……

      ルビィ「なにが恥ずかしいのって聞いてるんだけど?」グッ

      梨子「うぅっ……」

      顔が近いよ……ルビィちゃん……



      57   2018/03/23(金) 19:55:21.67


      ルビィ「目ぇ逸らさないでよ……」クイッ

      梨子「あっ////」ドキッ

      やだ……

      顎を掴まれて無理矢理視線をあわせさせられる。

      梨子「ルビィちゃん……////」

      恥ずかしい……

      恥ずかしいよぉ……

      梨子「み、見ないで……」

      ルビィ「なんで?」

      梨子「それは……」オドオド

      ルビィ「恥ずかしいから?」

      梨子「……」コクコク…

      ルビィ「なんで?」

      梨子「えっ……」

      ルビィ「なんで恥ずかしいのかって聞いてるの」

      梨子「うぅっ……」

      やだ……問い詰めてこないで……

      答えられなくなるから……



      58   2018/03/23(金) 19:56:10.22


      ルビィ「……」スッ

      梨子「っ!」

      ルビィちゃんの顔が近付いてくる……

      なんで?

      まさかキスするの……?

      う、うそ……そんなの……

      だめだよ……ルビィちゃん……

      まだ私達……

       

      梨子「あっ//あっ…//」ドキドキドキドキ……

      ルビィ「……」

      梨子「うぅ…////」ドキドキドキドキドキドキ……

      ルビィ「……」

      梨子「んんっ///」ドキドキドキドキドキドキドキドキッ!

       

      チュッ……



      59   2018/03/23(金) 19:56:49.34


      〜〜〜〜〜

      〜浜辺〜

      千歌「はぁ……」

      鞠莉『ダイヤ!フリスビー投げてるんだからちゃんとキャッチしてよ!』

      千歌「……」

      ダイヤ『したいところですけど、さっきから全然こっちに届かないじゃありませんか!』

      果南「ふふーん」ニコニコ

      鞠莉『だって!逆風だからしょーがないじゃない!』

      千歌「……」

      果南「ねぇ?千歌?」

      千歌「うん……」

      果南「友達をだしに使うと、こういう事になるってよ〜くわかったかな〜?」

      千歌「……」



      60   2018/03/23(金) 19:57:19.04


      果南「ふふ、残念だったね?ダイヤを独り占め出来なくて〜?」ニヤニヤ

      千歌「ふん……」

      果南「まったく、人に面倒事押し付けといて、自分はのんびりデートなんてしてるからだよ」

      千歌「別にデートじゃないし……ただ逃げてただけっていうか……」

      鞠莉『いくわよ!ダイヤー!』

      ダイヤ『はーい、どうぞ』

      果南「でも、逃げようと外に出たら私に捕まっちゃったわけで」

      千歌「……」

      果南「結局、悪い事は全部自分に返ってくるってことだね〜?」



      61   2018/03/23(金) 19:57:49.49


      鞠莉『それっ!!』シュッ

      ダイヤ『……』

      鞠莉『いてっ!』バシッ

      果南「あはは!鞠莉下手くそだなぁ」

      千歌「……っ」クスッ…

      果南「自分で投げたフリスビーが自分の顔に直撃してるよ、あははは!」

      千歌「ふふ……」

      鞠莉『ちょっと!ダイヤ!!』

      ダイヤ『はぁ?私のせいですか?』

      果南「ふふっ、ねぇ?千歌……」

      千歌「なに?」

      果南「こういうのもさ、良いでしょ?」

      千歌「……」

      果南「ね?」

      千歌「うん……」



      62   2018/03/23(金) 19:58:27.95


      〜〜〜〜〜

      〜黒澤邸〜

      梨子「……」

      ルビィ「……」スー…スー…

      梨子「ふふ」

      ルビィちゃんの寝顔、可愛いなぁ……

      いつもなら恥ずかしくてルビィちゃんの顔なんて、まともに見れないんだけどね。

      今は寝てるからかな?

      ずっと見てても恥ずかしくないや……



      63   2018/03/23(金) 19:59:18.02


      梨子「……」スッ

      ふと、自分の唇に触れる……

      さっき……キスされちゃったんだよね……ルビィちゃんに……

      梨子「//////」

      キスしちゃったんだ……

      でも、キスされたあと私は気絶しちゃったから……

      もしかしたら、キス以外もされたのかな……

      梨子「っ////」ブンブンブン

      なんて、ルビィちゃんがそんなことするわけないよね。

      起きたら布団をかけてくれてたし、私の隣でずっと手を握ってくれてたんだから……

      梨子「……」チラッ

      きっとルビィちゃんに凄く心配させちゃったんだよね。

      ルビィ「……」スー…スー…



      64   2018/03/23(金) 19:59:58.97


      起きたら謝らないと……

      恥ずかしがらずに、ちゃんとルビィちゃんに……

      ルビィ「……」スー…スー…

      梨子「……」ナデナデ

      でも、今はまだ寝てて。

      貴方が起きるまでに……

      貴方の顔を見て、勇気をたくさんたくわえるから。

      貴方をちゃんと見れるようにね……

      梨子「ルビィちゃん……ごめんね」

      ルビィ「……」スー…スー…

      梨子「あと……」

      梨子「ありがとう……」

      起きたら言うんだ、恥ずかしがらずに……

      私の大好きなルビィちゃんに……

       

      おしまい



      65   2018/03/23(金) 20:00:32.26


      りこルビ乙!



      66   2018/03/23(金) 20:32:06.37


      ちょっと最後の文字薄れて読めませんね
      続きはいつでしょうか?



      67   2018/03/23(金) 20:40:46.01


      G’s梨子ってだけで貴重



      69   2018/03/23(金) 22:37:14.35


      りこルビいいぞ



      70   2018/03/23(金) 22:37:14.35

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1521800538/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど