投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】真姫「想いを歌に乗せ」

【ラブライブ!】真姫「想いを歌に乗せ」

2016年03月31日 13:32:06 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:03:27.48 ID:opa6pHCp


真姫「……」

真姫「……」コト

ポロロン…♪

真姫「……」

ポロロン……♪



:名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:03:27.48 ID:opa6pHCp

おすすめのウェブサイト

    戦争映画とゾンビ映画のコラムサイト|戦争映画が好きだッ!

    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:04:06.00 ID:opa6pHCp


    真姫「……」…コト

    穂乃果「……」スースー

    真姫「……」

    真姫「……はぁ」

    穂乃果「……むにゃ」スースー

    トコトコ…

    真姫「……」スゥ…

    ホーノカ———ッッッ!!!

    タイジュウフエチャッタァッ!?



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:04:44.30 ID:opa6pHCp


    真姫「……」

    穂乃果「あうぅ……耳がキンキンするぅ」メクルクル

    真姫「ふん、いい気味ね」クルクル

    穂乃果「もぉー真姫ちゃんひどいよっ!」プンプン

    真姫「どっちがよ」

    穂乃果「せっかくいい気分で真姫ちゃんのピアノ聞いてたのにぃ!」

    真姫「聞いてた……?」ジロ

    穂乃果「真姫ちゃんのピアノ聞きながら、すごいリラックスしてたんだよっ!」

    真姫「ふぅん……」

    真姫「寝息まで立てながらなんて、随分とリラックスしていたのね」

    穂乃果「うっ」ギクッ

    真姫「……」クルクル



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:05:16.11 ID:opa6pHCp


    穂乃果「ね、寝息なんて、そんな……た、たたたててないよー」アセアセ

    真姫「ヨダレの跡」

    穂乃果「へ!?」ドキ

    穂乃果「〜〜」フキフキ

    真姫「……はぁ。嘘よ」

    穂乃果「うぇ!?ま、真姫ちゃーん!!」

    真姫「……帰るわ」スク

    穂乃果「あ、ご、ごめん真姫ちゃん!謝る!謝るから!」ペコペコ

    真姫「……」クルクル

    真姫(……はぁ)

    真姫(……もう……)

    コト…

    真姫(なんでこんな人、好きになっちゃったのかしら……)



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:06:13.40 ID:opa6pHCp


    穂乃果「ほ、本当にごめんね〜、真姫ちゃんのピアノ聞いてたらついウトウトしちゃって……」テヘ

    真姫「穂乃果が聞きたいって言うから弾いてあげたのよ?」

    真姫「これじゃあ私がバカみたいじゃない……」

    穂乃果「そ、そんなことないよっ!」

    穂乃果「ほら!真姫ちゃんのおかげで、元気が出たっていうか!」グッ

    真姫「……本当に?」

    穂乃果「う、うん!真姫ちゃんのピアノは聞いてるだけで元気が出るから!」

    真姫「そ、そう……?」クルクル

    穂乃果「眠っちゃってても、身体がこう、ぐわぁーって熱くなるーっていうか!」

    真姫「……ふ、ふん!」

    真姫「口だけは調子いいんだから……!」クルクル

    穂乃果「あ、あはは……」ホッ



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:07:12.27 ID:opa6pHCp


    真姫「……それで?」

    穂乃果「ほぇ?」キョトン

    真姫「一体どうしたのよ?」

    穂乃果「どうしたのって、何が?」

    真姫「……ピアノ、ただ聞きに来た訳じゃないでしょ」

    穂乃果「え、あー……」

    真姫「ただ聞きたいだけの人が、豪快にイビキをかいて寝るわけ無いものね」

    穂乃果「イビキなんてかいてないよっ!……多分」

    真姫「……冗談よ」

    穂乃果「ま、真姫ちゃぁーん!!」ポカポカ

    真姫「……何か、悩みでもあるの?」

    穂乃果「……」ピタ



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:08:02.31 ID:opa6pHCp


    穂乃果「えっと……」

    穂乃果「……うん、そんなとこ」エヘヘ

    真姫「……ま、そんなことだと思ったわ」

    穂乃果「……」

    カチコチ…カチコチ…



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:09:48.43 ID:opa6pHCp


    穂乃果「なんとなく……」

    穂乃果「ここに来れば、何かいい案が浮かぶかなーって思ったんだよね」

    穂乃果「ここで、真姫ちゃんのピアノを聞いてれば……」

    真姫「……」

    真姫「……ところが実際は、ただグースカ寝てしまっただけというわけね」

    穂乃果「だからグースカなんて寝てないーっ!」プンプン

    真姫「そんなことどうだっていいでしょ?」クルクル

    穂乃果「どうでもよくないっ!」

    真姫「……」

    カチコチ…カチコチ…



    :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:11:30.90 ID:opa6pHCp


    真姫「穂乃果」

    穂乃果「……?」

    真姫「……あなたはこの学院を、廃校の危機から救い」

    真姫「スクールアイドルとして、ラブライブ優勝までやり遂げて」

    真姫「果ては、ドーム大会まで実現させた――」

    真姫「μ’sの高坂穂乃果といえば、この学院じゃ知らぬ者は誰一人いないであろう、輝ける時の人」

    真姫「そんなあなたの悩み事」

    真姫「それは一体、何かしら……?」



    10 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:11:59.04 ID:opa6pHCp


    穂乃果「……」

    穂乃果「……えっと、その」

    穂乃果「……しんろ、そうだん……なんだけど」ボソ

    真姫「帰るわ」ガタ

    穂乃果「わぁー!待ってーっ!!」ダキッ

    真姫「ちょっ!?///」



    11 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:12:33.13 ID:opa6pHCp


    穂乃果「真姫ちゃぁぁぁん、行かないでぇぇぇぇ!!」ギュウ

    真姫「は、放しなさいよっ!///」

    穂乃果「もうほのかには!ほのかには真姫ちゃんしかいないんですぅぅぅーーー!」

    真姫「は、はぁ!?イミワカンナイ!!」

    穂乃果「真姫ちゃぁぁん!真姫ちゃぁぁぁん!!」

    カチコチ…カチコチ…




      12 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:13:19.08 ID:opa6pHCp


      真姫「全く……後輩に進路のことで相談なんて恥ずかしいと思わないの?」クルクル

      穂乃果「……はい。情けないと思います」

      真姫「しかも泣きながらすがりついてくるなんて……///」

      穂乃果「……面目ない」

      真姫「……///」クルクル

      穂乃果「……真姫ちゃん、顔赤いよ?」

      真姫「っ!?」ギロ

      穂乃果「はい、スイマセンデシタ」

      真姫「……もう!海未とことりはどうしたのよ!?」

      真姫「相談だったら真っ先にあの二人にするもんなんじゃないの!?」

      穂乃果「えっと……その」

      穂乃果「実は……まだ誰にも言ってないんだ」

      真姫「……え」



      13 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:14:01.33 ID:opa6pHCp


      真姫「誰にも……?」

      穂乃果「……うん」

      穂乃果「……」

      穂乃果「ほのかが……進路で迷ってること」

      真姫「……どうしてよ」

      穂乃果「んと……」

      穂乃果「なんとなく、かな」タハハ

      真姫「……」

      穂乃果「なんとなく、この進路相談は……」

      穂乃果「自分の道は、自分で考えなくちゃいけない」

      穂乃果「そう思ったから……誰にも言ってないんだ」



      14 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:14:34.09 ID:opa6pHCp


      真姫「……じゃあ、なんで私には言うのよ」

      真姫「私しか……いないなんて……」クルクル

      穂乃果「……」

      穂乃果「なんでかな」

      穂乃果「この音楽室にきたこともそうなんだけど」

      穂乃果「真姫ちゃんにこうやって、相談しようとしてることも……」

      穂乃果「真姫ちゃんだったら、いいかなって」

      真姫「……///」



      15 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:15:24.35 ID:opa6pHCp


      真姫「り、理由になってないわよ!///」クルクル

      穂乃果「……うん、ほのかにもよくわからないんだけどね」

      穂乃果「……でも、スクールアイドルを始めようとしてる時も」

      穂乃果「この音楽室に来たからこそ、物語は繋がった――」

      ポロロン…♪

      穂乃果「そう思うから、真姫ちゃんになら……って」

      真姫「……なによそれ」

      真姫「意味……分かんない」

      カチコチ…カチコチ…



      16 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:16:07.90 ID:opa6pHCp


      真姫「……はぁ」

      真姫「……分かったわ、相談に乗ってあげる」クルクル

      穂乃果「ホント!?」ズイ

      真姫「ぅ……///」ドキ

      穂乃果「真姫ちゃん、ありがとーーっ!!」ダキ

      真姫「ダ、ダキツカナイデ!!///」



      17 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:16:38.72 ID:opa6pHCp


      真姫「……で、進路相談って、具体的に何で悩んでるの?」

      穂乃果「うん……」

      穂乃果「……」

      穂乃果「なんかね……」

      穂乃果「ほのか、自分が何をやりたいのか、分からなくなっちゃったんだ」

      真姫「……」

      穂乃果「真姫ちゃんの言うとおり……」

      穂乃果「私はこの学院で……廃校の危機を救い――」

      穂乃果「スクールアイドルとして、ラブライブで優勝もした……」

      穂乃果「それで、絵里ちゃん達三年生が卒業して、μ’sは解散……」

      穂乃果「こんどはほのかたちが三年生になった」

      穂乃果「そして……私は」

      穂乃果「今も、変わらずにアイドル活動を続けている」



      18 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:17:20.61 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……でも」

      穂乃果「今の私は、それがやりたいことなのかなって」

      穂乃果「……なんとなく、惰性で続けているんじゃないかって思えてきちゃったんだ」

      穂乃果「あの輝かしいμ’sであった高坂穂乃果は、もういない」

      穂乃果「それは……みんなで決めて、みんなで終わらせたから」

      穂乃果「じゃあ、次に私は……何がしたいんだろう、って」

      穂乃果「……この、進路相談表を突きつけられた時」ピラ

      穂乃果「気がついちゃったんだ」

      真姫「……ふぅん」



      19 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:18:03.94 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……」

      真姫「……」

      穂乃果「ふぅんって、真姫ちゃんそれだけ!?」ゴーン

      真姫「な、何よ……」クルクル

      穂乃果「ひどいよ!冷たい!真姫ちゃんの雪女!」

      真姫「だ、誰が雪女よ!」

      穂乃果「真姫ちゃんだったら、なんかこう……それっぽいこと言ってくれると思ってたのにぃ!」

      真姫「何よ、それっぽいことって……」

      真姫「……」

      真姫「私が、何も言えるわけないじゃない……」

      真姫「私だって、似たようなものなんだから」

      穂乃果「え……」



      20 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:19:41.27 ID:opa6pHCp


      穂乃果「真姫ちゃんも……?」

      真姫「……」

      真姫「私はまだ二年生になったばかりだから……」

      真姫「穂乃果に突きつけられている時間の余裕の違いはあると思う」

      真姫「……けど、μ’sが終わってからという気持ちは、穂乃果と一緒」

      真姫「スクールアイドルとして頑張って、輝いていた西木野真姫は……もういない」

      真姫「……私の場合は穂乃果と違って、やりたいことは既に”決められている”」

      真姫「病院を継がなければいけないという、強い意志が存在する」

      真姫「だから、私がいくらどう足掻こうと……その結果は変わらないと思う」



      21 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:20:29.30 ID:opa6pHCp


      真姫「それでも……スクールアイドルとしての私、μ’sとしての私は」

      真姫「その強い意志ですら跳ね除けられるんじゃないか……」

      真姫「……そう思わせるだけの力があった」

      真姫「その力が消えてしまった今……」

      真姫「私は……何がやりたいのか、よく分からなくなった」

      穂乃果「……」

      穂乃果「そう……なんだ」



      22 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:21:23.11 ID:opa6pHCp


      真姫「私は……まだ二年生だから」

      真姫「このまま、凛や花陽とスクールアイドルをやり続けていれば……」

      真姫「また違う道が見つかるかもしれない」

      真姫「でもそれも……ほんの僅かな時間しか残っていない」

      真姫「私は多分……いいえ、ほぼ間違いなく、何も見つけることができないままだと思う」

      真姫「ねぇ、穂乃果」

      真姫「私は……どうしたらいいと思う?」

      穂乃果「真姫ちゃん……」

      カチコチ…カチコチ…



      24 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:22:01.50 ID:opa6pHCp


      真姫「……ごめんなさい」

      穂乃果「穂乃果が相談しに来たのに、私の方が相談するような形になっちゃって……」

      穂乃果「う、ううん!そんな!謝ること無いよっ!」

      穂乃果「なんというかその……嬉しかったし」

      真姫「嬉しい……?」

      穂乃果「うん!」

      穂乃果「真姫ちゃんは……強いから、あまり他人に弱いところを見せようとしない……」

      穂乃果「それに、ほのかは上級生なのにしっかりしてないから、普段頼られることないしね」

      穂乃果「それはそれで問題なんだけどさ……」アハハ

      穂乃果「だから、こうやって色々言ってくれることが、私は嬉しいな♪」

      真姫「……///」



      25 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:22:51.32 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……でも」

      穂乃果「なんか安心した」

      真姫「安心……?」

      穂乃果「みんな、悩んでることは一緒なんだな―って」

      穂乃果「だから……ちょっと安心」

      真姫(……違う)



      26 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:24:12.49 ID:opa6pHCp


      穂乃果「真姫ちゃんが同じように悩んでるんだったら、ほのかなんかじゃ、正解のだしようがないよね……」

      真姫(……そうじゃない)

      穂乃果「真姫ちゃんと私じゃ、背負っているものの大きさが全然違うから……」

      真姫(……そんなことない)

      穂乃果「だから、今のほのかには、真姫ちゃんに何も言葉をかけてあげられない」

      真姫(なんで……)

      穂乃果「だったら、私もまだ、答えが出せなくてもしょうがないのかなーって……」

      真姫「だめ!!」ガタ

      穂乃果「っ」ビクッ



      27 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:25:08.21 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……ま、真姫……ちゃん?」

      真姫「……それじゃ、ダメ」

      穂乃果「……ダメ?」

      真姫「穂乃果、あなたは……違う」

      真姫「穂乃果はそうじゃ……ダメなの」

      穂乃果「ど、どういう……」ハッ

      穂乃果「真姫ちゃん……泣いてる……?」



      28 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:26:34.60 ID:opa6pHCp


      真姫「……私の、私の知ってる穂乃果は……っ」ポロポロ

      真姫「そんな……弱気なことを言って」

      真姫「他人に流されるような存在じゃない……!」

      穂乃果「え、と……あの……」

      真姫「どんなに暗くて先の見えない夜の道だって、あなたは迷わず突き進んできたでしょ!」

      真姫「後ろを顧みず……それどころか、周囲を照らし出しながら……」

      真姫「あなたは道の果てまでやってきた!」

      真姫「それが何よ今更!」

      真姫「たかだか進路ごときで、引き返すっていうの!?」

      穂乃果「っ……」



      29 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:27:09.33 ID:opa6pHCp


      真姫「私の知ってる……」

      真姫「私の……な穂乃果は、私のこともあなたの輝きで照らしだしてくれる!!」

      真姫「……そう思ったから……私も、穂乃果に……今を伝えた」

      真姫「μ’sが終わったあとの……西木野真姫を……」

      真姫「輝きを失った……」

      真姫「輝くことを忘れた、西木野真姫を……!」

      カチコチ…カチコチ…



      30 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:27:54.03 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……」

      ギュ…

      真姫「っ///」

      穂乃果「……ごめんね、真姫ちゃん」

      真姫「〜〜!」ポロポロ



      31 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:28:29.97 ID:opa6pHCp


      穂乃果「真姫ちゃんにとってのほのかが、そんなに大きな存在になっていたなんて……」

      穂乃果「ほのか、知らなかった」

      真姫「……」グス

      真姫「……そうよ、あなたが周りに与えている影響を……」

      真姫「穂乃果は、もっと考えるべきなのよ……!」

      穂乃果「私が与えている影響……」

      真姫「……穂乃果は、あなたが思っているほど、小さな存在じゃないの」

      真姫「あなたは太陽――」

      真姫「常に輝き続ける存在」



      32 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:29:40.57 ID:opa6pHCp


      真姫「あなたが輝き続けることで、新たに照らしだされる光が、幾つも存在するの」

      真姫「それは……多分、μ’sのメンバーも同じ」

      穂乃果「μ’sのメンバーも……」

      真姫「花陽だって、凛だって……」

      真姫「海未もことりだってそう」

      真姫「多分、三年生の三人だって、あなたの輝きに照らしだされた人たち……」

      真姫「……そして、私も」

      穂乃果「……」

      真姫「だから……穂乃果、あなたは私たちの太陽であり続けて欲しい……」

      カチコチ…カチコチ…



      34 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:30:45.90 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……」

      穂乃果「……ほのか、気が付かないうちに、ちゃんと先輩してたんだね」

      穂乃果「なんか、嬉しいような、恥ずかしいような」アハハ

      真姫「……」グス

      真姫「……それが、穂乃果のいいところでもあるし、悪いところでもあるのよ」

      穂乃果「……そうだね」

      穂乃果「真姫ちゃん」

      穂乃果「穂乃果……やりたいこと、見つかったかも」



      35 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:32:09.85 ID:opa6pHCp


      真姫「ホント?」

      穂乃果「やりたいこと、とは……ちょっと違うのかもしれないけど」

      穂乃果「目標みたいな感じなのかな?」

      穂乃果「……」スゥ

      穂乃果「私は……もっと大きく輝きたい!」

      穂乃果「真姫ちゃんが教えてくれたように……」

      穂乃果「私を見てくれる誰もが、新たに輝き出せるような大きな存在になりたい!」

      真姫「///」



      36 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:32:55.52 ID:opa6pHCp


      穂乃果「なんか、結局漠然とした答えになっちゃったけど……」テヘ

      穂乃果「この気持ちがあれば、次にやることの意味は大きく変わってくる気がする」

      穂乃果「ね、真姫ちゃん!?」

      真姫「そ、そうね……///」

      真姫(……やっぱり)

      真姫(……輝いているあなたの笑顔は)

      真姫(とても眩しい……)

      カチコチ…カチコチ…



      37 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:33:50.92 ID:opa6pHCp


      穂乃果「でも、具体的に何をすればいいのかな……」

      穂乃果「その問題は変わらず白紙のままだよぉ……」

      真姫「……そうね」

      真姫「アイドル、続けてみたらいいんじゃない?」

      穂乃果「アイドル?って、スクールアイドル……」

      真姫「じゃなくて」

      真姫「本当の、アイドル――」

      穂乃果「ええぇぇぇ!!?」

      穂乃果「ほ、ほ、ほのかが、プロのアイドルでびゅー!?」

      真姫「ええ」

      穂乃果「で、で、できるかな……?」

      真姫「できるわよ」

      穂乃果「即答っ!?」ゴーン

      真姫「……穂乃果なら」

      穂乃果「真姫ちゃん……」



      38 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:34:29.03 ID:opa6pHCp


      真姫「……何よ、さっきの決意、忘れたの?」

      穂乃果「あぅ……」

      真姫「あなたが自ら輝こうとすれば、必ず光になる」

      真姫「……わ、私も応援……するし」クルクル

      穂乃果「真姫ちゃんも?」

      真姫「そ、そうよ!当たり前でしょう!?」

      真姫「わ、私だけじゃなく、みんな応援するわよ!」

      穂乃果「あ、ありがとう……///」

      真姫「///」

      真姫(……もう)

      真姫(みんな……だなんて)

      真姫(私は……いつまでも、意気地なし……よね)



      39 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:35:00.95 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……」

      真姫(でも……)

      穂乃果「あ、真姫ちゃん」

      真姫(穂乃果は……やっぱり)

      穂乃果「いいこと思いついたよっ!」

      真姫(穂乃果だ―――)

      穂乃果「真姫ちゃんが曲作ってよ!」

      真姫「ヴぇぇぇ!?」



      40 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:35:39.57 ID:opa6pHCp


      真姫「な、なにそれ……?イミワカンナイ!!」

      穂乃果「私がもしアイドルになれた時……」

      穂乃果「……いや、アイドルになった時!」

      穂乃果「真姫ちゃんが作った曲を、ほのかが歌う!」

      穂乃果「すごいっ!いいアイディア!」

      真姫「ちょ……そんな簡単に……!」

      穂乃果「えー?できないのー?」

      真姫「で、できるわよ!それぐらい!」

      穂乃果「あははっ!真姫ちゃんならそう言ってくれると思った♪」

      真姫「〜!///」



      41 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:36:26.08 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……多分、真姫ちゃんとアイドル活動することは、できないんだろうなと思う」

      真姫「そんなことは……」

      真姫「……」

      穂乃果「ごめん、真姫ちゃんの家庭の事情はそこまで分からないけど」

      穂乃果「やっぱり、大きな意志っていうのは……そう変えられないと思うから」

      真姫「……いいえ、その通りだわ」



      42 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:37:00.29 ID:opa6pHCp


      真姫「私がいくらわがままをいったところで、医者になるという選択肢は、覆らない」

      真姫「それぐらい、大きくて、強い意志……」

      真姫(私は、そのどうしようもない意志の前に、屈し……)

      真姫(答えのない無理難題を、穂乃果に投げかけて……)

      真姫(どうしたかったの……?)

      真姫(慰めをもらおうとしていたの……?)

      穂乃果「だったら、医者をやりながら曲を作ってよ!」

      真姫「――っ」

      穂乃果「ほのかが歌う、ほのかがみんなのことを輝かせあげられるような、最高の歌を!!」

      真姫(違う)

      真姫(私は……穂乃果に)

      真姫(また、照らしだして欲しかったんだ)

      真姫(……きっと、その照らしだされた道こそ、私の目標……)



      43 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:37:45.36 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……だめ、かな?」

      真姫「……」

      真姫「無茶な相談ね」

      穂乃果「そ、そっか……。や、やっぱり、難しいかな……」

      穂乃果「……ごめんね真姫ちゃ」

      真姫「誰も」

      真姫「できないなんて言ってないわよ」

      穂乃果「……へ?」キョトン



      44 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:38:25.03 ID:opa6pHCp


      真姫「い、いいわ」クルクル

      真姫「穂乃果のために、最高の曲を書いてあげる!」

      穂乃果「ほ、ホント……?」

      真姫「あなたがアイドルとして活動し続ける限り、最高の歌を書き続けてあげるわ!」

      真姫「だから!あなたも、必ずアイドルとして成功しなさいよね!!」

      真姫「そこからが、スタートなんだから……」

      穂乃果「……うん!うん!」

      穂乃果「真姫ちゃん、ありがとーーーっ!!」ギュウ

      真姫「だ、だからダキツカナイデ!!」

      カチコチ…カチコチ…



      45 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:39:09.79 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……やっぱり真姫ちゃんに相談してよかった」

      真姫「……そう」

      穂乃果「他のメンバーに相談しても、みんなそれぞれ違った答えが帰って来たと思うけど……」

      穂乃果「多分、真姫ちゃんじゃなきゃダメだったんだなって思う」

      真姫「……///」

      真姫「わ、私も……穂乃果に打ち明けることができて、良かったわ……」

      穂乃果「まさか、真姫ちゃんが泣いちゃうなんてねぇ……」

      真姫「ちょっ!穂乃果ぁ!誰かに言ったら怒るわよ!!」

      穂乃果「言わないよ〜!」

      穂乃果「せっかくの真姫ちゃんの泣き顔だもん、ほのかと二人だけのひ・み・つ♪」

      真姫「〜〜〜!///」

      穂乃果「……♪」



      46 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:40:00.81 ID:opa6pHCp


      穂乃果「ねぇ、真姫ちゃん?」

      真姫「な、何よ……?///」

      穂乃果「何か、曲聴きたいな♪」

      真姫「曲……?」

      真姫「いいけど……また寝るんじゃないでしょうね?」

      穂乃果「う……それは否定できないけど……」

      穂乃果「でも、こうやってお互いの道を一緒に歩くことを決めたんだもん」

      穂乃果「何か、ほのかの為に弾いてほしいな?」

      真姫「……な、何よそれ」

      穂乃果「真姫ちゃん、おねがぁい!」キラキラ

      真姫「……///」



      47 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:40:57.26 ID:opa6pHCp


      真姫「い、いいわ」

      真姫「……穂乃果のために、一曲弾いてあげるわ」

      穂乃果「わーい!!真姫ちゃんありがとう!」

      真姫「……」クスッ

      穂乃果「わくわく♪」

      真姫「……」

      真姫「……」コト

      ポロロン…♪



      48 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:41:37.96 ID:opa6pHCp


      真姫(……穂乃果と二人、これから一緒の道を……か)

      真姫(……)

      真姫(最初は全然考えていなかったことだけど……)

      真姫(すごい、嬉しいんでしょうね、私は……)

      ポロロン……♪



      49 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:42:20.43 ID:opa6pHCp


      真姫(……でも)

      真姫(結局、想いを伝えることはできなかったわね……)

      真姫(……)

      真姫(……ううん。これから先、ずっと一緒なんだもの)

      真姫(いつだってチャンスはあるわよ)

      真姫(そう……いつかきっと)

      ポロン…♪



      50 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:43:15.27 ID:opa6pHCp


      穂乃果「……」スースー

      真姫「……」コト…

      真姫「……はぁ」

      真姫「やっぱり寝ちゃってるじゃないのよ」

      トコトコ…

      真姫「……」

      真姫「……穂乃果」

      真姫「好きよ」

      穂乃果「……私も」

      終わり。



      51 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 18:44:37.49 ID:cRZA9whY


      ほのまきすき



      55 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 19:35:08.83 ID:inX/93nN


      雪の人でしょ
      乙乙



      56 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 19:44:09.71 ID:C5/jkCy5


      おつ



      57 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 19:50:26.13 ID:jd0jNLh3


      乙です



      58 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 19:57:43.95 ID:u486kIyJ


      静かに話が流れて静かに完結したって感じ
      よかったよ



      61 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 20:56:43.73 ID:jwqt0I0p


      いいなぁ



      63 :名無しで叶える物語 :2016/03/13(日) 22:04:52.37 ID:xFfqBeTS


      おつおつ



      66 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 00:23:26.75 ID:O6XALsWq


      なくなった後のことを考えさせられるss最高か



      67 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 00:45:18.02 ID:ml9Q+CAq


      俺は凄い好きだったよ
      お疲れ様



      70 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 00:54:45.96 ID:E00bvEPs


      良かったよ乙



      72 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 02:01:52.61 ID:wyOi4Kzb


      ほのまき、いい…



      75 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 10:07:21.95 ID:sGO5dooP


      ほのまきいいぞー
      最近ほのまきSSあんま見かけないからどんどん書いて欲しい



      76 :名無しで叶える物語 :2016/03/14(月) 10:07:21.95 ID:sGO5dooP

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1457859807/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど