投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】千歌「ダイヤさんが二股してるだってぇ!?」

【ラブライブ!】千歌「ダイヤさんが二股してるだってぇ!?」

2017年09月15日 3:01:58 , JST | 未分類
  2017/09/13(水) 13:42:24.79


二年教室

千歌「またまたご冗談を」

曜「それが本当なんだって!」

梨子「私達見ちゃったの……」

千歌「どうせ見間違いでしょ」

千歌「ダイヤさんに限ってそんな――」

曜「そっか……千歌ちゃん興味ないか……」

千歌「えっ」



  2017/09/13(水) 13:42:24.79

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

      2017/09/13(水) 13:44:31.98


    梨子「残念よね。あのダイヤさんがまさかって話なのに」

    曜「しょうがないよ。どうする? ルビィちゃんに話す?」

    梨子「ルビィちゃん傷ついたりしないかな?」

    曜「大丈夫だよー。ルビィちゃんああ見えて、こういう話大好きだから」

    梨子「え、そうなの?」

    曜「うん。この前も三人組のスクールアイドルグループって絶対長続きしないよねって話してた」

    梨子「こわ。怖いよルビィちゃん」

    スタスタ

    千歌「ちょっと待って!」

    曜・梨子「え?」



      2017/09/13(水) 13:46:23.95


    曜「どうしたの千歌ちゃん?」

    梨子「ダイヤさんは二股なんてしないよ?」

    千歌「その……今の話もすごい気になるけど……」

    千歌「二人共ごめん! ダイヤさんの話――聞かせて?」

    曜「もう、しょうがないなぁ千歌ちゃんは」

    梨子「最初から素直に言えばいいのに」

    千歌「う、うん……ごめんね?」



      2017/09/13(水) 13:48:43.33


    曜「まずは私から話すね」

    曜「この前の休日。いつも通り善子ちゃんと遊んでたら――」

    ―回想―

    沼津

    善子「ねぇ曜」

    曜「んー?」

    善子「アレ。生徒会長と果南じゃない?」

    曜「――あ、ほんとだ。ダイヤさん珍しいねポニテなんて」

    善子「うん。まぁそれも気になるけど」

    善子「あの二人、手繋いでない?」

    曜「善子ちゃん見て! あの二人手繋いでるよ!」

    善子「人の話聞いてる?」



      2017/09/13(水) 13:50:18.58


    曜「ごめんごめん。二人ってそういう関係だったのかな?」

    善子「マリーがいない間に……よくある展開よね」

    曜「そこに鞠莉ちゃんが帰ってきて」

    善子「二人は隠れて逢瀬を……」

    曜「うわー! 私達とんでもない物見ちゃったね!」

    善子「確定とは言えないけど……髪型お揃いにして恋人繋ぎまでしてたらほぼ黒よね……」

    曜「一応、このことはみんなには秘密にしておこ?」

    善子「そうね、静かに見守ってあげましょう。恋の堕天使ヨハネの祝福を――」

    曜「恋の堕天使ってあまり縁起よくないよね」

    善子「うっさいわね!」

    ―回想終―



      2017/09/13(水) 13:52:43.48


    曜「ってことがあってね」

    千歌「……みんなには秘密なんじゃ?」

    曜「うん! だから他の人に話しちゃダメだよ?」

    千歌「う、うん……」

    千歌(こうやって噂が作られるのだ)

    梨子「いいなぁ。私も見たかった」

    曜「写真撮るの忘れちゃった。てへっ」

    千歌(盗撮。ダメ、ゼッタイ)



      2017/09/13(水) 13:53:09.08


    |c||^.- ^|| わわ、わたくしがううわきとかそそそんな



      2017/09/13(水) 13:54:43.90


    梨子「次は私ね」

    梨子「昨日、私が理事長室に行った時に――」

    ―回想―

    スタスタ

    梨子(鞠莉さんって本当に理事長なのね)

    担任『これ理事長に届けてくれる?』

    梨子(Aqoursの活動もこなしながら、理事長の仕事もしっかりしてるなんて)

    梨子(私ももっと作曲頑張らなきゃ!)

    ピタッ

    梨子(ちゃんとノックして――)

    ダイヤ『ちょっと鞠莉――こんなところで』

    鞠莉『いいじゃな〜い♪ 理事長室なんて人来ないんだから』

    梨子(!?)



      2017/09/13(水) 13:56:53.12


    梨子(え、呼び捨て……)

    梨子(一体何を……ちょっとだけ開けて……)

    ソォー

    鞠莉『最近忙しいの。だから充電させて♡』ギュー

    ダイヤ『もう……少しだけよ』

    梨子(なんだハグか……ハグならまぁ果南さんがよくしてるし……)

    鞠莉『後、私のやる気スイッチ押してくれる?』

    ダイヤ『なによそれ、どこにあるの?』

    鞠莉『こーこ♡』

    梨子(く、唇!? さすがにダイヤさんじゃ――)

    チュッ

    梨子「」



    10   2017/09/13(水) 13:58:39.52


    ダイヤ『満足?』

    鞠莉『イエス♪ ありがとダイヤ』

    ダイヤ『それじゃ、わたくしはこれで――仕事。頑張ってね』

    鞠莉『オフコース♪』

    梨子(まずい! 隠れなきゃっ)ササッ

    スッ

    ダイヤ(ん、隙間が……)

    ダイヤ(まさかね)

    ―回想終―



    11   2017/09/13(水) 14:00:24.71


    千歌「嘘でしょ」

    梨子「嘘じゃないのよ。これが」

    曜「果南ちゃんともあの後、ちゅっちゅしてたのかな……」

    千歌「嘘だあああああああああ!!」

    千歌「あのダイヤさんがだよ!? 『破廉恥ですわ!!』とか言ってたダイヤさんがだよ?」

    梨子「人間みんな裏の顔があるものよ」

    梨子「曜ちゃんだって一見完璧超人に見えるけど制服好きの変態さんでしょ?」

    曜「梨子ちゃん?」




      12   2017/09/13(水) 14:02:30.16


      梨子「破廉恥なのはともかく――」

      梨子「二股はダメよね。人として」

      曜「ダイヤさんの本命はどっちなんだろう」

      梨子「やっぱり果南さん?」

      曜「果南ちゃんかな〜二年も二人だったわけだし」

      梨子「でも、二年ぶりの再会で一気に燃え上がって……学校でき、キスしてるくらいだし///」

      曜「鞠莉ちゃんハーフだし……もしかしたらもう――」

      曜・梨子「キャー!!」

      千歌「君達すごい楽しんでるよね」



      13   2017/09/13(水) 14:04:27.61


      千歌「うー、あのダイヤさんがそんなぁ……」

      梨子「千歌ちゃん、信じたくないのはわかるけど」

      曜「私達、ハッキリこの目で見ちゃったんだよ」

      千歌「むぅ……今日って四月一日じゃ……」

      梨子「そんなに疑うなら千歌ちゃんも見てみれば?」

      千歌「え?」

      曜「百聞は一見に如かずって言うもんね」

      千歌「でもどうやって……」

      梨子「私に任せて!」

      ――



      14   2017/09/13(水) 14:06:30.93


      放課後・生徒会室付近の物陰

      千歌「ほ、ほんとにくるの?」

      梨子「ええ、鞠莉さんに届け物をお願いしといたから」

      曜「さすが梨子ちゃん」

      スタスタ

      三人「!」

      ガララ

      梨子「よし! 覗きに行くわよ!」

      曜「きたこれ!」

      千歌「う、うーん……」



      15   2017/09/13(水) 14:08:32.43


      生徒会室

      鞠莉「お疲れ〜ダイヤ」

      ダイヤ「ん、どうかしたの?」

      鞠莉「梨子っちにコレを渡して欲しいって頼まれたの」

      ダイヤ「梨子さんがわたくしに? 一体何を……」

      鞠莉「中身も気になるけど――それより」

      ヒソヒソ



      17   2017/09/13(水) 14:10:39.56


      生徒会室前

      曜「今の聞こえた?」

      梨子「ううん。でも、ここからよ」

      千歌「別にいつもの二人って感じだけど……」

      梨子「甘いわね千歌ちゃん」

      千歌「何が?」

      梨子「ラブラブカップルが二人きりで密室にいれば、それなりの行動をしちゃうものよ」

      千歌「へ、へぇ〜」



      18   2017/09/13(水) 14:13:14.36


      ダイヤ『ま、鞠莉……充電していい?』

      鞠莉『カモーン♪』

      ギュッ

      梨子「ほら! 二人がハグし始めた!」

      曜「会ってすぐにハグ……! やはり本命は鞠莉ちゃんか!?」

      千歌「ハグくらい、いつもみんなしてるし……」



      19   2017/09/13(水) 14:15:23.11


      鞠莉『痕、つけてもいい?』

      ダイヤ『――目立たない所なら』

      鞠莉『任せて♪』

      カプッ

      曜「あ! あーっ! 首筋にキス!!」

      梨子「これはもう確定ね……このままおっ始める気じゃ」

      千歌「女の子がおっ始めるとか言っちゃダメだよ梨子ちゃん……」

      果南「何が始まるって?」

      梨子「それはもう、神聖な生徒会室で神聖な行いを――って」

      三人「果南ちゃん(さん)!?」



      20   2017/09/13(水) 14:17:36.21


      果南「三人とも何してるのさ。覗き?」

      千歌「あ、いや、これは、その……」

      果南「まぁ話は後で聞くよ。とりあえず中入ろうか」

      曜「今はダメ!」ガシッ

      果南「へ?」

      梨子(ナイス曜ちゃん! ダイヤさんの浮気現場なんて見たら果南さんがどうなるか……)

      ガララ

      三人「!?」



      21   2017/09/13(水) 14:19:26.55


      鞠莉「作戦成功ね、果南♪」

      果南「千歌と曜までいるとはね」

      ダイヤ「三人共、自分達が何をしたかわかっていますの?」

      梨子「作戦……?」

      曜「まさか最初から……」

      千歌「ごめんなさい!」



      22   2017/09/13(水) 14:22:14.05


      生徒会室

      三人「本当に――すみませんでした!!」

      ダイヤ「まったく……鞠莉さんが覗かれてるから悪戯しようなんて言うから何かと思えば――」

      三人「……」

      果南「あっはっは、ダイヤが二股だって」

      ダイヤ「はぁ、わたくしがその様なことをするとお思いですか……」

      梨子「ならどっちが本命なんですか!?」

      ダイヤ「は?」

      曜「私と善子ちゃんは見たよ! 沼津で二人が恋人繋ぎしてるの!!」

      ダイヤ「あぁ……あれですか」



      23   2017/09/13(水) 14:24:38.91


      果南「あれはね。ダイヤが映画で感動して足がおぼつかないから支えてただけだよ」

      千歌「なんだそういうことだったんだ」

      曜「そんなことだろうと思ったよー」

      梨子「……」

      梨子(いやいやいやいや!!)

      梨子(二人は騙せても私は騙せないわよ!)



      24   2017/09/13(水) 14:26:25.12


      梨子「なら昨日の理事長室でのき……キスはどういうことなんですか!?」

      果南「キスって鞠莉とダイヤが?」

      梨子「そうです! この目でしかと見ました!」

      鞠莉「ノンノン、私とダイヤがそんなことするわけないじゃない」

      ダイヤ「梨子さん、悪ふざけも度が過ぎましてよ。証拠もなしに」

      梨子「なっ……」

      梨子(二人してしらを切るつもりね……)

      梨子「二人の会話だってハッキリ覚えてます!」

      カクカクシカジカ



      25   2017/09/13(水) 14:28:51.31


      鞠莉「確かに梨子っちの言う通り、充電のためにハグはしたわ」

      鞠莉「こんな風に」

      ギュッ

      ダイヤ「ま、鞠莉さん……」

      鞠莉「でも、その後のキスはしてないわ」

      梨子「ぐぬぬ」

      鞠莉「第一……」

      チュッ

      四人「!!!!!」

      ダイヤ「ななななななななにをするんです鞠莉さん///」

      鞠莉「ほっぺにしただけでこんな顔真っ赤にして驚くダイヤがそんなこと出来ると思う?」



      26   2017/09/13(水) 14:31:18.64


      果南「ちょっと鞠莉やりすぎ!」

      千歌「やっぱダイヤさんはこうだよね///」

      曜「梨子ちゃん。普段からそういう妄想してるからそんな幻覚見るんだよ!」

      梨子「してないわよ!」

      ダイヤ「鞠莉さん……もう離れてください」

      鞠莉「ちぇー残念」

      梨子「……」

      梨子(本当に私の見間違え? 確かに私自身、目を疑ったけど……)

      果南「はい、これでこの話はおしまい」



      27   2017/09/13(水) 14:33:33.29


      ダイヤ「三人共――今回の所は、わたくしの軽率な行動が誤解をさせてしまったということで大目に見ます」

      三人「……ありがとうございます」

      ダイヤ「で・す・が。覗き等という下賤な行為、二度としてはいけませんよ」

      三人「はーい……」

      千歌「果南ちゃん一緒に帰ろー」

      果南「ごめん、今日このまま鞠莉の家に泊まりで勉強会なんだ」

      千歌「そっかー。一応受験生だもんね」

      果南「一応ってねぇ……」

      曜「勉強頑張ってね」

      果南「ん、ありがとう」

      梨子「ダイヤさんもですか?」

      ダイヤ「ええ。もちろん」

      梨子「……そうですか」

      ダイヤ「何か?」

      梨子「いえ、失礼します」

      ダイヤ「ふふ、ごきげんよう」

      ――



      28   2017/09/13(水) 14:35:58.16


      帰り道

      果南「ダイヤの名演技のおかげで上手く誤魔化せたね」

      ダイヤ「梨子さんは最後まで納得してなかったみたいだけど」

      鞠莉「ななななななななにをするんです鞠莉さん!?」

      果南「あははっ、似てるー!」

      ダイヤ「ちょっとぉ? 元はと言えばあ・な・たのせいなのよ?」

      ダイヤ「鞠莉がやる気スイッチなんて言わなければ、あそこまでせずとも――」

      鞠莉「だって本当にやる気がなかったんだもの」

      鞠莉「大体、いつも誰も来ない理事長室にタイミング良きに来る梨子っちが悪いのよ」

      ダイヤ「……まぁ迂闊にキスをしたわたくしにも非はあるけど――」

      果南「バレなかったんだし、もういいじゃん?」

      ダイヤ「それもそうね」



      29   2017/09/13(水) 14:40:07.28


      鞠莉「にしてもキスくらいであんな大騒ぎするなんて、二年生は随分とピュアなのね。果南もだけど♪」

      果南「どういう意味……」

      ダイヤ「千歌さんと曜さんはともかく。梨子さんまでああとは」

      鞠莉「今夜、私達がすることを知ったら泡拭いて倒れたりして♪」

      果南「え、今日するの?」

      ダイヤ「するわよ」

      鞠莉「久々に三人で出来るんだからしないわけないじゃない」

      果南「今日は勉強会じゃ……」

      ダイヤ「もちろん勉強もね」

      鞠莉「明日はホリデーだから夜は長いわよ?」

      ダイヤ「もしアレなら果南は見てるだけにする?」

      果南「……いや。する」

      ダイヤ「ふふ、夜が楽しみね」

      おわり



      30   2017/09/13(水) 14:52:43.29


      まったく関係ないパロネタと前のおまけ



      31   2017/09/13(水) 14:54:50.36


      ダイヤ「何見てますの?」鞠莉「ダイヤのパンツ」

      鞠莉の部屋

      ダイヤ「んー……」

      ダイヤ「少し休憩しますか」

      鞠莉「おっけー」

      ダイヤ「ベッド借りますね」ドサッ

      鞠莉「ちょっと」

      ダイヤ「わたくしもベッド欲しいですわー」

      鞠莉「まぁダイヤだからいいけど……」



      32   2017/09/13(水) 14:56:47.82


      ダイヤ「はぁ……一番勉強しなくてはいけない果南さんはいつになったら来るのやら」

      鞠莉「途中で海にでも落ちたんじゃない?」

      鞠莉「ちゃんと乾かしてから来て欲しいところね」

      ダイヤ「それもそうですわねー」グデー

      鞠莉「……」ジー

      ダイヤ「? 何見てますの?」

      鞠莉「ダイヤのパンツ」」

      ダイヤ「っ!?」バサッ



      33   2017/09/13(水) 15:00:09.77


      ダイヤ「何見てるんですか!?」

      鞠莉「別にいいじゃない。女同士なんだから」

      ダイヤ「よくありません!!」

      鞠莉「裸だってお互い見てるのに下着くらい今更――」

      ダイヤ「時と場合というものがあって……」

      鞠莉「それともなに? マリーのこと意識してるから見られたくないとか?」

      ダイヤ「そんなわけないでしょう」

      鞠莉「なら見てもいいでしょ?」

      ダイヤ「――そんなにわたくしのパンツが見たいんですか」

      鞠莉「ええ。ダイヤがどんなパンツを穿いて私の部屋に来たのか気になるの♪」

      ダイヤ「……」



      34   2017/09/13(水) 15:04:19.18


      ダイヤ「わかりました……」

      ダイヤ「もう好きにしてください……」タクシアゲー

      鞠莉「ほっほ〜やっぱりダイヤは黒よねぇ」

      鞠莉「白い肌に黒い下着。こんなドスケベな組み合わせを自分でするなんて……」

      鞠莉「ダイヤも成長したわね〜♪」

      ダイヤ「……」プルプル

      ダイヤ「もう……よろしいですか……」

      鞠莉「ええ♪ 満足♡」

      ダイヤ「……ふぅ」

      鞠莉「さて、勉強の続きを――」

      ダイヤ「次は鞠莉さんの番ね」

      鞠莉「えっ」



      35   2017/09/13(水) 15:06:13.63


      ダイヤ「人にパンツを見せさせておいて、自分は見せないなんて言いませんよねぇ?」

      鞠莉「何!? ダイヤ私のパンツ見たいの!?」

      ダイヤ「見たいとかではなく、わたくしが辱めを受けたのだからあたなにも受けてもらう」

      ダイヤ「当然の権利ですわ」

      鞠莉「待って! 今日はズボンだしまた後日に……」

      ダイヤ「人に見せられない様なドスケベなパンツでも穿いていますの?」

      鞠莉「そういうわけじゃ……」

      ダイヤ「どちらにせよ、この場で見せてもらいますわ!」ガシッ

      鞠莉「ちょっ!? わかった! わかりました! 見せます!!」

      ダイヤ「わかればよろしい」



      36   2017/09/13(水) 15:07:34.50


      鞠莉「うぅ……ダイヤがこんな強情だとは知らなかったわ……」スッ

      ダイヤ「ちゃんと脱ぎきってくださいね」

      鞠莉「そこまで!? パンツ見られればいいでしょ!?」

      ダイヤ「ダメです。スカートのたくし上げにはそれくらいして貰わないと釣り合いません」

      鞠莉「そんな価値基準初めて聞いたわよ!」

      鞠莉「くっ……」ヌギヌギ

      鞠莉「こ、これでいい……///」ポスッ

      ダイヤ「おほーっ」



      37   2017/09/13(水) 15:08:45.33


      ダイヤ「鞠莉さんのことだからセクシー系かと思いきや」

      ダイヤ「随分と可愛らしい、ピンクがお好きなんですね」

      鞠莉「うっさいわね……たまたまよ……」

      ダイヤ「ふふふ、顔もピンクでお可愛いこと」

      鞠莉「ぐっ……人にパンツを見せるのがこんなに恥ずかしいなんて……」

      ダイヤ「そうです。たまには自分が他人に何をしているか、きちんと理解して頂かないと……」

      ダイヤ「こんな風に!」サッ

      鞠莉(後ろに回り込まれ……!)

      鞠莉「ひゃん!?」



      38   2017/09/13(水) 15:08:45.94


      ダイヤさんがガニ股なのかと思った



      39   2017/09/13(水) 15:10:56.06


      鞠莉「ちょっダイヤ! どこ触って!?」

      ダイヤ「日頃あなたに揉まれてばかりですからね。今日はわたくしが揉んで差し上げます!」モミモミ

      鞠莉「揉み方がやらし、あっ――」グラッ

      ダイヤ「あっ」

      ドサッ

      ダイヤ「ふふっ、この程度で離しませんわよ」モミモミ

      鞠莉「んっ……ダイヤまずいって……ベッドの上でこんな格好のとこ果南に見られたら」

      ダイヤ「果南さんならどうせ魚と一緒に――」

      ガチャッ

      果南「ごめん遅れたー」



      40   2017/09/13(水) 15:12:43.43


      果南「って、二人とも何して――」

      果南が見た光景。
      それはベッドの上で、下はパンツだけの鞠莉が息を乱しながら、ダイヤに胸を揉まれている光景だった。

      ダイヤ「ち、違うんです!」

      鞠莉「助けて果南! ダイヤが無理やり」

      ダイヤ「なっ! 元はと言えばあなたが――」

      果南「ひどいなぁ二人共」

      果南「ヤるなら私も混ぜてよ」ヌギヌギ

      ダイヤ・鞠莉「」

      おわり



      48   2017/09/13(水) 15:54:58.37


      おつ



      50   2017/09/13(水) 16:00:45.92


      おつおつ
      まさかのおまけまでありがたや



      52   2017/09/13(水) 18:03:41.01


      >>47

      どれもめちゃくちゃ好きな作品だ
      今回も面白かったです、乙



      56   2017/09/13(水) 19:26:16.65


      乙ですわ
      三人組は長続きしないと言ったルビィちゃんの御意見が気になる



      57   2017/09/13(水) 21:59:48.43


      タメ口で呼び捨てのダイヤさんすき



      58   2017/09/13(水) 22:16:45.87


      自家発電の奴好きだった



      60   2017/09/13(水) 22:51:37.39


      >>56

      ルビィも実は混ざってて4人だという可能性



      61   2017/09/13(水) 22:55:08.37


      タメ口のやつめっちゃ好きやったわ
      おつー



      65   2017/09/14(木) 02:33:36.77


      ダイヤさんのおほーっで笑うわ



      66   2017/09/14(木) 02:33:36.77

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1505277744/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど