投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】穂乃果「今日は日曜日!」

【ラブライブ!】穂乃果「今日は日曜日!」

2016年03月15日 4:40:52 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 09:55:23.63 ID:z+3cgXES


穂乃果「いい朝だなぁ……」

穂乃果「いい朝だなぁ〜!!!」

雪穂「おねぇちゃん、うるさい」

穂乃果「えへへ。今日は何をしようかなぁ〜」

雪穂「>>3
するって言ってなかったっけ?」



:名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 09:55:23.63 ID:z+3cgXES

おすすめのウェブサイト

    戦争映画とゾンビ映画のコラムサイト|戦争映画が好きだッ!

    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 09:56:41.58 ID:qYbN7Imd


    日曜お日様穂乃果ちゃん



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 09:56:44.75 ID:cDBZ7oNP


    ラジオ体操



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:00:54.16 ID:z+3cgXES


    穂乃果「そうそう! ラジオ体操するって言った気がする」

    雪穂「もう……だから、4時に起きたんでしょ?」

    穂乃果「そうだったね。うわっ、まだ外も暗いなぁ」

    雪穂「おねぇちゃん起こしたし、もうちょっと寝ようっと……ふわぁ」

    穂乃果「雪穂も一緒にやろうよ〜」

    雪穂「え〜。眠いからいいよ〜」

    穂乃果「ほらほら、外でて〜」

    雪穂「えぇ〜、本気?」



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:04:29.50 ID:z+3cgXES


    穂乃果「さむっ! 風邪ひきそう」

    雪穂「何でおねえちゃんに付き合わなくちゃいけないの……」

    穂乃果「よしっ。ラジオ体操はじめ〜。チャンチャンチャラッチャッチャッチャ♪」

    雪穂「えっ、音楽無いの!?」

    穂乃果「穂乃果が歌うから大丈夫! ほら、続いて〜」

    雪穂「音楽止まってるよ〜」

    穂乃果「あっ、そうだったね。チャンチャンチャラッチャッチャッチャ♪」

    雪穂「早くして〜」



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:07:53.34 ID:z+3cgXES


    穂乃果「えぇっと……最初は何の運動?」

    雪穂「知らないの!? もうっ、なんで始めたの!」

    穂乃果「怒らないでよ〜、今動画サイトで探すから」

    雪穂「先に探しといてよ〜。うぅ、寒い……もう先にやってるからね?」

    穂乃果「だめだめ〜! 一緒にやろうよ〜!」

    雪穂「抱きつくな〜!」

    穂乃果「あっ、ちょっとあったかいね」

    雪穂「早く探して!」



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:11:33.80 ID:z+3cgXES


    穂乃果「あうぅ、寒くて上手く検索できない……あっ、始まった」

    腕を前から上にあげて、大きく背伸びの運動から

    雪穂「うわっ、いきなり始まった!」

    穂乃果「何!? 何て言ったの? 雪穂、ねぇ」

    雪穂「背伸び! 背伸び!」

    穂乃果「は〜い」



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:15:54.09 ID:z+3cgXES


    手をまわしまぁす

    穂乃果「あぁあぁ〜、気持ちいい〜」

    雪穂「おねぇちゃん、うるさい。いたっ!」

    穂乃果「あっ、ごめん。ぶつけちゃった」

    雪穂「もうっ、気をつけてよ……」



    :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:19:56.90 ID:z+3cgXES


    深呼吸でぇす

    穂乃果「んっ……はぁ」

    雪穂「はぁ……終わったぁ」

    穂乃果「おぉっ? ちょっと体があったかくなったような」

    雪穂「あんまりそうは思わないけど」

    穂乃果「ほら、絶対あったかくなってるよ?」

    雪穂「だから、いちいち抱きつかないでってば……」



    10 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:22:19.01 ID:z+3cgXES


    穂乃果「体もあったかくなったところで」

    雪穂「うん」

    穂乃果「寝よう!」

    雪穂「えぇ……せっかく起きたのに?」

    穂乃果「だって眠いんだもん」

    雪穂「じゃあ、>>11
    でもしたら?」



    11 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:23:46.30 ID:KwXKL64O


    坂ダッシュ




      12 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:32:51.93 ID:z+3cgXES


      穂乃果「雪穂、スパルタ……」

      雪穂「お姉ちゃんは家でゴロゴロしてるだけだし、鍛えたほうが良いんじゃない?」

      穂乃果「平日は部活で練習とかしてるもん」

      雪穂「昨日ずっとゴロゴロしてたじゃん」

      穂乃果「うっ……」

      雪穂「ツバサさんとかは、ダラダラする日なんてないんだろうな〜」

      穂乃果「……雪穂、行こう!」

      雪穂「だから何で連れ回されるの〜」



      13 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:36:45.89 ID:z+3cgXES


      雪穂「はい、ここの坂を走って戻ってくるまでのタイムを測るからね」

      穂乃果「雪穂も走ろうよ〜」

      雪穂「いや」

      穂乃果「雪穂、最近太ったんじゃない?」

      雪穂「!? 太ってないよ!」

      穂乃果「お腹出して」

      雪穂「何でこんなとこで出さなきゃいけないの/// いや〜!」

      穂乃果「へっへっへ。あれ? あんまりお腹出てないね。あいたっ!」

      雪穂「さっさと走ってきなさい!」



      14 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:41:51.09 ID:z+3cgXES


      雪穂「ほら、ペース落ちてきてるよ!」

      穂乃果「いたっ! お尻叩かないでよ〜」

      雪穂「おねえちゃん、歩いてるんだもん」

      穂乃果「はぁ、はぁ……だって、何周走らせるの……」

      雪穂「じゃあ、ラスト一本!」

      穂乃果「ひぃ、ひぃっ……早く帰りたいよぉ〜」

      雪穂「一緒に走ってあげるから、ほら」

      穂乃果「雪穂、早い〜」



      15 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:48:34.82 ID:z+3cgXES


      穂乃果「うぅ……死んじゃう……」

      雪穂「ふふっ、おつかれさま。たまに走るのもいいかもね」

      穂乃果「雪穂は……一周走っただけじゃん……」

      雪穂「もう一周走る?」

      穂乃果「もうっ、むり!! 海未ちゃんじゃないんだから、そんなにスパルタ特訓しないでよぉ〜」

      雪穂「じゃあ、お家に帰ろっか」

      穂乃果「帰ったら>>16
      しよう……」



      16 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:49:12.26 ID:cDBZ7oNP


      乾布摩擦



      17 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 10:54:37.09 ID:z+3cgXES


      雪穂「乾布摩擦!?」

      穂乃果「うん、たしか健康になれるんでしょ?」

      雪穂「いや、どうなのかなぁ……まぁ、そのまま寝るよりは良いかもね」

      穂乃果「ちょっとググろうっと……うぅん、よく分かんないけどやってみようかな」

      雪穂「お姉ちゃんは、このままだと寝ちゃいそうだしね」

      穂乃果「うん。じゃあ……シャワーしながらやってみようかな」

      雪穂「先に入っていい?」

      穂乃果「一緒でいいんじゃない?」

      雪穂「えぇ……もう高校生なんだけど」



      18 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:00:08.51 ID:z+3cgXES


      高坂家

      穂乃果「ほら、雪穂も入って」

      雪穂「ほんとに一緒に入るの?」

      穂乃果「うん、一緒に乾布摩擦もやろうよ♪」

      雪穂「えぇ、それはやりたくないんだけど」

      穂乃果「じゃあ、雪穂が洗ってる後ろで乾布摩擦する」

      雪穂「それだったら一緒に入らなくて良いじゃん」

      穂乃果「う〜ん、じゃあ後で背中洗ってあげる!」

      雪穂「まぁ、それなら……」



      19 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:08:14.07 ID:z+3cgXES


      穂乃果「ふんふんふふ〜ん♪」ゴシゴシ

      雪穂「……」

      穂乃果「ねぇ、これって本当に効能とかあるのかな?」

      雪穂「ん〜? 知らない」

      穂乃果「冷たいなぁ……おっ、雪穂。成長した?」

      雪穂「えっ? おっ、おねえちゃん/// ジロジロ見ないでよ!!」

      穂乃果「気のせいかぁ〜」

      雪穂「このっ! ……目が痛い……シャンプーが目に入ったぁ」

      穂乃果「大丈夫? はい、洗ってあげるからこっち向いて」

      雪穂「うぅ〜」



      21 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:16:48.92 ID:z+3cgXES


      穂乃果「もう、痛くない?」

      雪穂「うん……だいじょうぶ。ありがとう、おねえちゃん」

      穂乃果「ごめんね、雪穂。じゃあ、背中洗ってあげるね」

      雪穂「いいよ、別に……」

      穂乃果「遠慮しない遠慮しない。嬉しいくせに〜」

      雪穂「そんなことないし……優しくしてよ?」

      穂乃果「雪穂が色っぽい」

      雪穂「早くして」



      22 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:26:46.57 ID:z+3cgXES


      穂乃果「終わったよ? 前も洗う?」

      雪穂「洗わせるわけないじゃん。ありがとう、もういいよ」

      穂乃果「そっかぁ……えぃっ!」

      雪穂「ふわぁっ/// おねえちゃん!!」

      穂乃果「うぅむ……柔らかいけど、まだまだかなぁ」

      雪穂「ばかー!!」

      穂乃果「きゃあっ、冷たい! 雪穂、水かけないでよぉ〜!」

      雪穂「知らないっ!」



      23 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:32:30.76 ID:z+3cgXES


      穂乃果「はぁ……お風呂気持ちよかった」

      雪穂「あっ、変態だ」

      穂乃果「えぇっ!? ひどいよ雪穂〜」

      雪穂「だから、いちいち抱きつかないでってば」

      穂乃果「でも、ことりちゃんは喜んでくれるよ?」

      雪穂「そんなこと言われても……ことりちゃんはお姉ちゃんが好きだからじゃない?」

      穂乃果「雪穂は嫌いなの!?」

      雪穂「……きらいじゃないけど」

      穂乃果「けど?」

      雪穂「……もうっ、いいでしょ/// 髪乾かしてるからアッチ行って」

      穂乃果「お姉ちゃんが乾かしてあげよう」

      雪穂「あっ……もう、じゃあお願い」

      穂乃果「は〜い」



      24 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:39:00.29 ID:z+3cgXES


      穂乃果「雪穂の髪の匂い……良いね」

      雪穂「お姉ちゃんと同じ匂いだと思うけど」

      穂乃果「そうかなぁ……あっ、もう乾いちゃった」

      雪穂「もうほとんど乾いてたしね。お姉ちゃんにもやってあげる」

      穂乃果「えっ、今日は雪穂優しいね」

      雪穂「乾かしてあげないよ? ほら、ここ座って」

      穂乃果「は〜い」

      雪穂「お姉ちゃん、この後ご飯食べたら何するの?」

      穂乃果「う〜ん、>>25
      とか?」



      25 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:43:01.13 ID:LWWIrwEX


      海未ちゃんにイタ電



      27 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:51:22.24 ID:z+3cgXES


      雪穂「海未ちゃん、かわいそ……さて、部屋に戻ろうっと。あっ、一応止めたからね?」

      穂乃果「はいは〜い。どんな電話しようかなぁ」

      穂乃果「家の電話からかけようっと……〜♪ あっ、もしもし」

      海未「穂乃果ですか?」

      穂乃果「(速攻でバレた)」

      穂乃果「違います」

      海未「失礼しました……どちら様でしょうか」

      穂乃果「……どんなパンツ履いてるの?」

      海未「穂乃果、怒りますよ」

      穂乃果「私は穂乃果ではありません」

      海未「はぁ……朝から何かと思えば……」



      29 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 11:58:38.82 ID:z+3cgXES


      穂乃果「ねぇ、何色のパンツを履いてるの? 海未ちゃん、教えてよぉ〜」

      海未「海未ちゃん? 海未ちゃんと呼ぶ間柄ですか?」

      穂乃果「……そんなことないよぉ〜。調べただけだよ〜」

      海未「通報しますよ?」

      穂乃果「ごっ、ごめんなさい! 穂乃果です! 高坂穂乃果です!」

      海未「知ってます。もう、変な電話してこないでくださいね」

      穂乃果「ごめんなさい……」

      海未「穂乃果、今日は朝早いんですね」

      穂乃果「うん! ラジオ体操して、坂ダッシュしたんだよ! 偉いでしょ!」

      海未「ふふっ。穂乃果にしては有意義な一日の始まりですね。寝ないでくださいよ?」

      穂乃果「う〜ん、そうだね……」

      海未「なんで迷ってるんですか……」



      30 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:03:23.14 ID:z+3cgXES


      穂乃果「うそうそ! もう目が冴えちゃったから、寝ないよ!」

      海未「本当ですかね……では、穂乃果は今日何をするんですか?」

      穂乃果「う〜ん……>>31
      とかしようかなぁって」



      31 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:06:52.81 ID:+jnSpdKH


      希ちゃんと遊びに行く



      32 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:13:15.91 ID:z+3cgXES


      海未「ちゃんと予定があったんですね。では、穂乃果がぐうたらしなくて済みそうです」

      穂乃果「えぇっと、予定はしてないけど……」

      海未「なんですかそれ……では、早く連絡してあげた方が良いですよ」

      穂乃果「そうだねぇ……今、LINEで聞いてみる」

      海未「希も大変ですね」

      穂乃果「えへへ……じゃあ、海未ちゃんまたね! ありがとぉ〜」

      海未「はいはい。また」

      穂乃果「さて……希ちゃんは暇かなぁ」



      33 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:16:17.25 ID:z+3cgXES


      穂乃果:希ちゃん!

      希:穂乃果ちゃん!

      穂乃果:おぉ、返信が早い

      希:そうやね

      穂乃果:今どこにいるの?

      希:神社!

      穂乃果:巫女さん?

      希:巫女さん!

      穂乃果:行っていい?

      希:いいよぉ〜

      穂乃果:じゃあ、ご飯食べたらすぐ行く!

      希:は〜い!

      穂乃果:は〜い!

      希:は〜い!



      34 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:19:23.08 ID:z+3cgXES


      穂乃果:お掃除?

      希:お掃除!

      穂乃果:偉いなぁ

      希:それほどでも……

      希:あるよ!

      穂乃果:あるんだ!

      希:ある!

      穂乃果:じゃあ、また後でね!

      希:は〜い



      35 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:25:55.41 ID:z+3cgXES


      神田明神

      穂乃果「希ちゃ〜ん!」

      希「穂乃果ちゃん! おはよぉ〜」

      穂乃果「おはよう! えへへ、来ちゃった」

      希「来てもいいけど……ウチ、掃除してるよ?」

      穂乃果「いいのいいの。なんとなく希ちゃんに会いに来たかっただけだから」

      希「ふふっ、そうなん? 嬉しいなぁ……じゃあ、ウチの話相手になってね」

      穂乃果「うんっ!」

      希「いつまでいるん?」

      穂乃果「いつまででもいるよ。希ちゃんが望むかぎり……」

      希「ふふっ、恋人かっ」

      穂乃果「えへへ……希ちゃんはいつで終わりなの?」

      希「午前中で終わりかなぁ」



      36 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:30:35.01 ID:z+3cgXES


      穂乃果「午後は? っていうか、希ちゃんの今日の予定は?」

      希「う〜ん、今日のスケジュールは>>37
      って感じやね」

      穂乃果「なるほど」



      37 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:31:30.11 ID:w9H9y9BL


      パワースポットのスカイツリーに行く



      39 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:39:13.29 ID:z+3cgXES


      穂乃果「スカイツリー!? 穂乃果も行きたい!」

      希「いいよぉ〜。二人のほうが楽しいやん?」

      穂乃果「スカイツリーだぁ〜。でも、スカイツリーってパワースポットなの?」

      希「高い所って、パワーが天に向かって集まる場所やからね」

      穂乃果「ほへ〜、そうなんだぁ」

      希「まぁ、ウチがなんとなく行ってみたかっただけなんやけどね」

      穂乃果「えぇっ? ふふっ。な〜んだ、そっかぁ」

      希「ゴロゴロするよりは、お散歩する方が運気は上がるからね♪」

      穂乃果「そっ、そうだよね〜」



      40 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:50:39.24 ID:z+3cgXES


      希「ふふっ。穂乃果ちゃんは家でゴロゴロが好きなんやもんね?」

      穂乃果「あはは……でも、散歩するのも好きだよ! 今日は珍しく早起き出来たし」

      希「おぉ、すごいやん」

      穂乃果「ラジオ体操でしょ……坂ダッシュでしょ……海未ちゃんにイタズラでしょ」

      希「海未ちゃん? なになに? 何のイタズラしたん?」

      穂乃果「えへへ。イタズラ電話して、パンツの色聞こうとしたの」

      希「で、で? どうだったん?」

      穂乃果「すぐバレちゃった」

      希「あぁ〜、残念やね。でも、穂乃果ちゃんの声は分かっちゃうかもね」

      穂乃果「う〜ん、そうだねぇ」

      希「ふふっ……じゃあ、一緒にスカイツリー見に行こっか」

      穂乃果「行く〜!」



      41 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 12:57:16.67 ID:z+3cgXES


      希「さて……そろそろ掃除も切り上げよっか」

      穂乃果「は〜い!」

      希「掃除、手伝ってくれてありがとね」

      穂乃果「いいよ別に〜。巫女さんの衣装も久しぶりに着たかったしね」

      希「ふふっ、似合ってるよ」

      穂乃果「えへへ/// じゃあ、電車に乗って行く?」

      希「うん、そうやね」

      穂乃果「レッツゴー!」



      48 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 18:45:38.55 ID:z+3cgXES


      希の家

      穂乃果「と言いつつ、希ちゃんの家に来ちゃいました」

      希「ごめんね。一旦家に帰ってから行こうって思ってたんよ」

      穂乃果「いやいや、ごめんね。いきなり付いて行くなんて言い出しちゃって」

      希「ウチは別にええよ〜。はい、おうどん」

      穂乃果「わぁい! おいしそ……では、いただきまぁす」

      希「ふふっ。いただきます」

      穂乃果「あっ、さっき調べたんだけど、スカイツリーの展望台って結構高いんだね」

      希「ウチ、のぼらんよ?」

      穂乃果「のぼらんの!?」

      希「ふふっ、口調がうつった」



      49 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 18:51:46.60 ID:z+3cgXES


      穂乃果「てっきり展望台まで行くのかと思ってたよ」

      希「ただ近くまで行って、高いな〜って見るだけ。あとスカイツリー周りを散歩するん♪」

      穂乃果「そっかぁ〜。でも、そっちの方がお財布に優しいよね」

      希「そうそう。夜景とかそういうのは、いつか素敵な人と行く時までとっとこ?」

      穂乃果「そうだね……素敵な人かぁ」

      希「穂乃果ちゃんは好きな人とか、いないん?」

      穂乃果「ううん、分かんない。でも、希ちゃんは好き!」

      希「そう? 嬉しいなぁ」

      穂乃果「じゃあ、電車じゃなくって歩いて行ってみる?」

      希「そうやね。時間もいっぱいあるし」



      51 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:08:50.05 ID:z+3cgXES


      スカイツリーまで散歩中

      穂乃果「展望台は安い方が820円……当日券はすごく並ぶみたい」

      希「事前に買っといた方が良いみたいやね……でも、買ってたら穂乃果ちゃんと一緒に出掛けられなかったから……」

      穂乃果「穂乃果的には、ラッキー♪」

      希「ふふっ、着いたらウロウロしようね」

      穂乃果「そうだね〜。オシャレな感じだし、色々見てるだけで楽しそう」

      希「あっ、スカイツリーが見えた!」

      穂乃果「たかいなぁ〜」



      52 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:18:48.41 ID:z+3cgXES


      穂乃果「えぇっと……もうすぐ着くみたい」

      希「意外とあっという間だったかもね。でも、帰りは電車にする?」

      穂乃果「そうだね……穂乃果、朝から走ってたから足パンパン」

      希「ふふっ。おんぶしてあげようか?」

      穂乃果「さすがにそれは恥ずかしいよ〜///」

      希「あぁ……スピリチュアルなオーラを感じる」

      穂乃果「ほんと? 全然分かんないんだけど」

      希「今のはテキトーに言っただけ〜♪」

      穂乃果「えぇっ!? もぅ、希ちゃんってば」



      53 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:24:59.92 ID:z+3cgXES


      希「って、言ってる間に着いた〜!」

      穂乃果「着いた〜! さて、スカイツリーは……高い!」

      希「周りもオシャレな感じがする……良いオーラがこの辺りを纏ってる……気がする」

      穂乃果「上見てたら首がぁ」

      希「ふふっ、穂乃果ちゃん大丈夫?」

      穂乃果「えへへ、後ろに倒れちゃうところだったよぉ〜」



      56 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:37:33.67 ID:z+3cgXES


      穂乃果「おいし〜♪」

      希「おいし〜ね〜♪」

      穂乃果「希ちゃん、一口食べる? イチゴ美味しいよ?」

      希「いいの? じゃあ、食べたいなぁ」

      穂乃果「あ〜ん」

      希「あ〜ん……んっ。おいしぃ〜!」

      穂乃果「良かったぁ〜」

      希「はい、穂乃果ちゃん。あ〜ん」

      穂乃果「わ〜い。あ〜ん……うんっ、おいしっ♪ 濃厚!」

      希「ふふっ、もっとあげたくなっちゃうなぁ」



      57 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:41:45.90 ID:z+3cgXES


      希「食べ終わったし、あるこっか」

      穂乃果「えへへ、ちょっと眠くなってきちゃった」

      希「今日いい天気やもんね〜。ベンチで膝枕してあげよっか?」

      穂乃果「良いの!? えっ、あっ/// うそうそ。気持よくて寝ちゃうからやめとく」

      希「別に寝てもいいよ? 少ししたら起こしてあげる」

      穂乃果「どうしようかなぁ……じゃあ、10分だけ……いい?」

      希「うんっ、どうぞ」

      穂乃果「えへへ……じゃあ、お言葉に甘えて///」

      希「よしよし♪」

      穂乃果「希ちゃん、あったかい〜」



      58 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 19:47:40.43 ID:z+3cgXES


      10分後

      希「時間がゆったり流れてるなぁ……」

      希「お日様もあったかくしてくれてる……」

      希「ここにいるお日様は、まだまだお休みみたいやね。ふふっ」

      希「穂乃果ちゃ〜ん。起きないと、わしわししちゃうよ〜?」

      希「ほっぺにチュ〜しちゃうよ〜?」

      穂乃果「いいよ〜」

      希「あれ? 起きてたん?」

      穂乃果「最初から寝てなかったと思うよ〜? たぶんね〜」

      希「そっかぁ……お散歩する?」

      穂乃果「うん」



      62 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 20:10:55.89 ID:z+3cgXES


      希「どっちかっていうと、ゆっくりしたい感じ?」

      穂乃果「うん……そこの小川の水音が聞きたい気分かも」

      希「そっか。穂乃果ちゃん、詩人みたいやね」

      穂乃果「えへへ/// 穂乃果の落ち着いた魅力……なんちゃって」

      希「うん、良いと思うよ。そういう穂乃果ちゃんも……はぁ、ほんとやね。心が安らぐ」

      穂乃果「希ちゃんは、いっつも落ち着いてると思うけど?」

      希「ん〜、そうかもね。でも、穂乃果ちゃんと一緒にここにいると、いつもより……」

      穂乃果「いつもより?」

      希「なんやろうね……不思議な気分。ずっと、ココにいたいなって」

      穂乃果「そうだね……」



      63 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 20:20:38.36 ID:z+3cgXES


      穂乃果「せっかく色々オシャレなお店もあるのに、まわらないと勿体ないよね……」

      希「そんなことないと思うよ? 楽しい所に行ければいいんよ」

      穂乃果「うん……希ちゃんとデートできて良かったなぁ」

      希「ふふっ。デートだったんやね」

      穂乃果「デートだよ……好きな人と一緒に出掛けてるんだもん」

      希「そっかぁ……でも、穂乃果ちゃんにしては、意外なデートプランやね」

      穂乃果「えへへ……穂乃果だって、いつも暴走して連れ回すわけじゃないからね〜」

      希「でも、ウチは穂乃果ちゃんに手を引かれたら……どこまでも行っちゃうよ?」

      穂乃果「希ちゃん、女の子だなぁ〜」

      希「穂乃果ちゃんだって女の子やん」



      65 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 21:22:46.18 ID:z+3cgXES


      穂乃果「はぁ。もうそろそろ暗くなっちゃうのかなぁ」

      希「うん……冬は日が落ちるのが早いんよね」

      穂乃果「……よしっ、帰ろっか!」

      希「うん、そうやね」

      穂乃果「電車って、久しぶりに乗るかも。ちょっと楽しみだなぁ」

      希「そうなん? じゃあ、反対側のホームに乗らないようにね?」

      穂乃果「もうっ、希ちゃん。さすがの穂乃果でも、そんな失敗はしないよぉ〜」

      希「そうかなぁ?」



      66 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 21:31:24.57 ID:z+3cgXES


      電車内

      穂乃果「数駅しかないけど、座ったから寝ちゃうかも」

      希「あったかいからね」

      穂乃果「……手、握っていい?」

      希「ええよ……ふふっ。あったかくて、柔らかい」

      穂乃果「うん……そうだね…………すぅ……すぅ」

      希「ほんとに寝ちゃったんやね……乗り過ごしたら、もうちょっと隣にいれるんよね」

      希「なんてね……ちゃんと起こさなきゃ」

      穂乃果「希ちゃん……ありがとう……」

      希「穂乃果ちゃん……ふふっ、こっちこそありがとう」

      希「良い日曜日やったなぁ」



      67 :名無しで叶える物語 :2016/02/21(日) 21:46:06.44 ID:57myMwJA


      いいねー



      71 :名無しで叶える物語 :2016/02/22(月) 00:46:31.55 ID:J4B2gyp4


      素晴らしい



      72 :名無しで叶える物語 :2016/02/22(月) 00:46:31.55 ID:J4B2gyp4

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1456016123/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど