投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】白身魚の繊細な脂の旨味を愛でる海未ちゃん

【ラブライブ!】白身魚の繊細な脂の旨味を愛でる海未ちゃん

2017年07月10日 12:20:37 , JST | 未分類
  2017/07/08(土) 11:29:58.84


そしてタルタルソースたっぷりのフィッシュバーガーを頬張る穂乃果ちゃんだ
これを忘れるでないぞ




  2017/07/08(土) 11:29:58.84

おすすめのウェブサイト

    サバゲーマーの為のまとめサイト|サバゲー通信をよろしく♪

      2017/07/08(土) 11:30:22.21


    承知した



      2017/07/08(土) 11:35:09.30


    おっそうだな



      2017/07/08(土) 11:36:14.12


     

      こ  と  り  ち  ゃ  ん  は  ?



      2017/07/08(土) 11:40:09.10


    穂乃果「ところで海未ちゃん、このお魚のフライ、なんのお魚なんだろうね?」

    海未「ホキやメルルーサのようなタラの仲間が多いようですが……ちょっと一口」

    穂乃果「あーっ!」

    海未「もぐもぐ……ふむ。味が強くて分かりづらいですが、おそらくオヒョウですね」

    穂乃果「おひょう? ……お寺?」

    海未「それは和尚です。オヒョウはカレイの仲間で、だいたい畳一枚分くらいの大きさのお魚ですね」

    穂乃果「へえ〜……え、畳一枚!? でっか!」

    海未「でかいのです。だから安く流通するのでしょう」

    穂乃果「じゃあなんで普通のハンバーガーより高いの!? 値下げしてもらおう!」

    海未「え、ちょっと」

    こうじゃ



      2017/07/08(土) 11:47:00.97


    ことり「海未ちゃんはお魚料理だと何が好き?」

    海未「そうですね……やはりお刺身でしょうか。もちろん煮付けや塩焼きなども好きですが。ことりは?」

    ことり「ことりはね……うーん……あ、鱒寿司!」

    海未「し、渋いですね」

    ことり「えへへー、ピンクで、きれいにカットされてて、ケーキみたいでカワイイ♡」

    海未「ああ……な、なるほど……」

    穂乃果「穂乃果はかにぱん!」

    海未「カニはお魚じゃないですよ」

    ことり「いや、それ以前に……」

    こうじゃ



      2017/07/08(土) 11:49:49.80


    鱒寿司じゃ
    自分でやっといて何だけど訳わかんねーしただお腹空いてきただけだコレ



    10   2017/07/08(土) 12:02:18.92


    (^8^)フィッシュ&チップスちゅん



    11   2017/07/08(土) 12:05:13.32


    ことり「海未ちゃんはどうしてお刺身が好きなの?」

    海未「失敗がないから、というのは大きいかもしれません。お魚さえいいものを選べば、私が捌いてもちゃんと美味しいですから。煮付けなどは私が煮ると、どうしても味が薄いか、煮過ぎてパサパサにしてしまうかで……」

    にこ「煮付けなら任せなさい!」

    海未「そ、その声はにこ! いつの間に!?」

    にこ「煮魚の美味しさはまず『霜降り』で決まると言っても過言ではないわ!」

    ことり「しもふり? お肉みたいな?」

    海未「いえ、魚料理で言う『霜降り』とは、一度魚の身を熱いお湯で洗うことです。これをすると魚の生臭みがとれ、味の含みもよくなります……しかし、それは私もすでに」

    にこ「分かってるじゃない。……なら海未、あなたどのタイミングで煮汁に魚を入れてる?」

    海未「え、さ、最初から……」

    にこ「どぁめどぁめどぁめ〜っ! お魚はぁ、煮汁が沸騰してから入れるも・の♡」

    海未「な──!」

    にこ「そして大事なのは、たっぷりの煮汁で、短時間煮ること! 海未のことだし、少なめの煮汁で詰まるまで煮てるんでしょう」

    海未「すべて……お見通しというわけですね……」

    凛「お腹すいたにゃ〜」



    12   2017/07/08(土) 12:06:55.29


    うまい魚が食いたいだけのスレじゃ



    13   2017/07/08(土) 12:10:31.99


    いいじゃん




      14   2017/07/08(土) 12:18:02.16


      もっと書いていいのよ?



      15   2017/07/08(土) 12:18:34.31


      なにげに勉強になる良スレ



      16   2017/07/08(土) 12:19:54.84


      ことり「イギリス料理は美味しくないって言うけど、フィッシュアンドチップスは有名だよね」

      海未「あれは味付けがセルフですからね。塩、ビネガー、マヨネーズやチリソースなど、好きな味を自分でつけられます」

      ことり「なるほどぉ」

      海未「そもそもイギリス料理はこういう体系で提供されることが多いようです。ただ茹でただけ、焼いただけ、揚げただけのものを提供し、あとはテーブルに備え付けられている好きなソースをお客さんがかけて食べる、という」

      ことり「そうなんだ! それじゃあ、そんなに美味しくない訳じゃないんじゃない?」

      海未「……そうでもないのです。この茹でるだけ、焼くだけ、揚げるだけ……を、やりすぎてしまうようなんですね」

      ことり「やりすぎる?」

      海未「ええ。お肉なら脂が落ち切ってしまうまで焼きますし、野菜なら形がなくなるまで茹でます。お魚も身が崩れるまで煮ますし……それを、塩すらせずに提供するので」

      ことり「そ、それは……」

      海未「まあ、最近はそうでもないとは思うのですが……如何せん伝統を重んじるお国柄ですから、なんとも……イギリス人が日本のフィッシュアンドチップスを食べていたく感動していた、なんて話もありますし」

      ことり「日本の食べ物っておいしいんだねえ……」

      なんだこれ?



      17   2017/07/08(土) 12:35:36.63


      絵里「近くに回転寿司屋さんができたみたいよ。今度みんなで行きましょう」

      希「えりちのことやし、お茶のお湯出るボタン押して「あっつ!」とかやりそうやな〜」

      絵里「ええ? 何よそれ、するわけないでしょう……」

      海未「いいですね──回転寿司。あのお店は安いのに流通も板前さんもしっかりしていて美味しいと評判ですから、一度行ってみたかったのです」

      花陽「お、お米は……銀シャリは一体どこのお米を……」

      海未「黄金米の幟が立っているのを見たので、きっと銀シャリも美味しいでしょう」

      花陽「すばらしいです!」

      海未「お寿司におけるシャリはネタと同等、あるいはそれ以上に重要な部分と言っても過言ではありませんからね。握り具合ひとつで大きく表情が変わります」

      真姫「……お寿司の話始めてから海未の目の色が」

      海未「楽しみですねえ。いつにしますか? 次の休日?」

      真姫「あのね」



      18   2017/07/08(土) 12:40:54.38


      やれやれ
      今日の夜は魚やな



      19   2017/07/08(土) 12:41:41.93


      天ぷらで一番美味しいと思う魚種ってついて語ってほしい
      個人的には自分で釣ったという補正がかかるけどハゼが最高だと思う



      21   2017/07/08(土) 12:46:08.78


      前回のラブライブ!
      なんやかんや色々あって回転寿司屋さんに来た!

      真姫「こぢんまりとしてて、いいお店ね」

      絵里「評判って聞いてたから並ぶかと思ったけれど……思ったより空いててよかったわ」

      花陽「ほわあぁあ……流れてくる色とりどりのお寿司……!」

      にこ「でも五、四で分かれないと座れないわね。どうする、海未──ってもう座ってる!」

      ことほのうみのぞりん「ワイワイ!」

      にこ「……ま、いいか。座りましょ」

      花屋「すみません! イカを……アオリイカを握ってもらえますか!」

      真姫「うーん……とりあえず、だし巻き卵かしら」

      絵里「生しらす軍艦ですって。おいしそうね」

      板前「あいよーっ! アオリイカにだし巻き、生しらすね!」

      にこ「ちょっとぉ!」



      22   2017/07/08(土) 13:01:16.25


      しゅごい
      教養の波動を感じる



      23   2017/07/08(土) 13:01:42.70


      >>19

      穂乃果「なに食べようかなあ……あっ、海未ちゃん、天ぷらとかもあるよ!」

      海未「天ぷらですか。お魚の天ぷらはおいしいですからね」

      穂乃果「よ、読めないお魚ばっかりだ……」

      海未「どれ……これは鱧(ハモ)、こっちは鯒(コチ)……ほう、魴鮄(ホウボウ)ですか! どれもおいしそうです」

      希「海未ちゃん、ダジャレみたいになっとる」

      海未「た、他意はないのですが……」

      ことり「鯛の天ぷらはないの?」

      海未「いえ、そうではなく……ああ、でも確かに鯛の天ぷらはないですね。縁起が悪いからでしょうか」

      凛「え、鯛って縁起がいいお魚じゃないの? めでタイ! って」

      海未「基本的にはそうなのですが、天ぷらとなると話が変わるんです。というのも、家康は鯛の天ぷらを食べて死んだ、という話がありまして」

      穂乃果「そうなの!?」

      海未「もちろん、諸説あるうちのひとつですけれど。……鯛の天ぷら、おいしいんですが……食中毒を連想させるので、提供を避ける場合もあるとか、ないとか……」

      ことり「知らなかったよぉ」

      海未「ふふ。さ、お腹もすきましたし注文しましょう。握りはコハダと、天ぷらは……そうですね、鱚にしましょう。好きなんですよね」

      穂乃果「キスしましょう!?!?」

      ことり「好きなんです!!?」

      海未「あのですね」



      24   2017/07/08(土) 13:17:17.34


      絵里「天ぷらですって。私たちも何か頼む?」

      真姫「天ぷらね……思えばお魚の天ぷらって、ハモくらいしか食べたことないかも」

      海未「──もったいないですッ!」

      真姫「ゔぇえ!! う、海未!? びっくりさせないで!」

      海未「し、失礼しました。つい」

      真姫「はあ、もう……じゃあ、オススメはどれ?」

      海未「ふむ、時期などもありますが……やはり鉄板でおいしいのはキスでしょうか。ああ、ワカサギやメヒカリもおいしいですね……意外なところでは子持ちシシャモなども……」

      真姫「ちょ、ちょっと」

      海未「ハゼなどもいいのですが、これは新鮮すぎると天ぷらには難しいお魚でして……キスやハゼのような水っぽいお魚は、一夜干しなどして水気を抜くと旨みが一層引き立って……」

      絵里「止まらないわよ、これ」

      にこ「立て板に水ね。ステージの上でもこうだといいんだけど」



      25   2017/07/08(土) 13:21:47.33


      いいぞ



      26   2017/07/08(土) 13:26:48.38


      なんだこのスレ言葉にできない良さがある



      27 ちなみに俺はメゴチの天ぷらが一番うまいと思う 2017/07/08(土) 13:35:55.16


      真姫「はあ、やっと帰って行った……で、結局何がオススメなんだっけ……」

      にこ「ま、ここはにこに任せなさい。ん゛んっ──すみませぇん、コハダの……ううん、シンコの天ぷらってできますかぁ?」

      板前「──! お、お嬢ちゃん、今なんて……」

      にこ「シンコの天ぷら、食べたいなぁって……ダメですかぁ?」

      板前「ツウだねェ、お嬢ちゃん! シンコ天一丁ーッ!」

      にこ「やーん♡ ありがとうございます♡」

      絵里「しんこ……お漬物?」

      にこ「それはお新香。シンコってのは、コハダの子供みたいなもんね」

      花陽「出世魚なんですね!」

      にこ「そ。シンコ、コハダ、ナカズミ、コノシロ、だったかしら」

      真姫「そのシンコがどうしてツウなワケ?」

      にこ「あんまり天ぷらにしない魚だから、っていうのもあると思うけど……小さくて小骨が多いから、捌くのが難しいのよ。だからツウは、シンコとかコハダを食べて、職人の腕を見るの。ま、にこは腕が分かるほどグルメじゃないけどね。ただ好きなだけ」

      絵里「ハラショー……海未もだけど、にこもすごいわね。生き字引ってやつ?」



      28   2017/07/08(土) 13:38:32.51


      >>8

      世界一の絶品



      29   2017/07/08(土) 13:45:55.50


      でも凛ちゃん魚嫌いなんだよな



      30   2017/07/08(土) 13:59:59.19


      希「そういえば凛ちゃん、お魚嫌いなんやなかった?」

      凛「嫌いっていうか、昔、喉に骨が刺さったことがあって、ちょっと怖いの。だからお刺身とかは食べられるんだけど……」

      希「なるほどなあ」

      海未「そういえば最近、骨の気にならない焼き魚が現れたらしいですよ」

      穂乃果「そんなのあるの?」

      ことり「サケとか、カレイとか?」

      海未「いえ、骨が少ないとかではなく……なんでも、焼いてから真空パックし、それに強い圧力をかけることで、骨ごと食べられるよう加工しているそうです」

      凛「それなら凛も大丈夫かも!」

      海未「お魚を丸ごと一尾食べられるわけですから、身体にいいでしょうし、いい試みだと思います。エコですしね」

      穂乃果「カルシウムたっぷりだね!」

      海未「カルシウムは骨や歯の強化だけでなく、筋肉の収縮──つまり運動能力にまで作用しますし、魚の脂に含まれるDHAは記憶力の向上やストレスの低減といった効果があると言います。好き嫌いはせず、しかし無理もせず──いつかおいしく、焼き魚を食べられるといいですね」

      凛「うんっ!」



      31 凛ちゃんの魚嫌いは覚えてたけどえりちの海苔嫌いをすっかり忘れてたぞ俺! 2017/07/08(土) 14:21:44.47


      花陽「ふわあ……アオリイカ、おいしいです……強い旨味、ねっとりもっちりな歯ざわり、そして酢飯の丸い酸味に、抜けていくワサビの香り……やはり夏はアオリイカです……♡」

      にこ「分かってるわね。この時期のアオリイカは本当においしいから」

      絵里「今が旬なの? あっ、生しらすもおいしいわ」

      にこ「剥ぐな剥ぐな、海苔を……ま、確かに今が旬ね。というか、夏になると、イカはアオリイカしか握らないって職人もいるみたい」

      絵里「海苔を消化できるのは日本人だけなのよ……しかし、それしか置かないだなんて、よっぽどおいしいのね」

      にこ「そりゃあもう。塩で食べたくなるくらいの、暴力的な旨味と甘みよ」

      真姫「でも、アオリイカって高級なイメージね」

      にこ「アンタが言うか……高級だけど。このお店でもほら、一皿一貫でしょ。スルメイカとかは二貫だけど」

      絵里「ほんとね」

      にこ「ああ、イカ食べたくなってきたわ。すいませぇん、コウイカ握ってくださぁい」

      板前「あいよーっ!」

      真姫「正直イカって、あんまり違いがわかんないのよね……」

      にこ「メジャーなのはスルメ、アオリ、ヤリにコウイカって感じかしら。違いって言われると難しいけど……スルメは厚みがあって肝がおいしくて、アオリは旨味と甘みが強い、ヤリイカは柔らかくて香りがよくて、コウイカは歯切れがいい感じ」

      真姫「へえ……食べ比べてみようかな」

      にこ「ブルジョワめ……」



      33 腹減ったわ俺もイカの握り食いてえ 2017/07/08(土) 14:43:50.32


      海未「……むっ! こ、このコハダ……!」

      穂乃果「わっ、何、どしたの?」

      海未「──おいしいです! 実に素晴らしい酢締め具合……しかし脂の旨さも舌によく残ります。ワサビもいいですね、少し多めにつけてくれているのでしょうか……とにかくおいしいです」

      希「ふふ、おいしそうに食べるなあ。……ん、炙りエンガワうまー」

      ことり「赤貝もおいしっ♡」

      海未「やっぱり妙に渋いですよね、ことりの好み……あ、すみません、涙巻きをお願いできますか」

      板前「お目が高いッ! 涙巻き一丁ーッ!」

      凛「海未ちゃん、なみだまきってなあに?」

      海未「ワサビの細巻きです」

      凛「……え?」

      海未「? ですから、ワサビの細巻き──」

      凛「辛いだけだよ! なんでそんなの食べるの!?」

      海未「ワサビの辛味と香りで口の中がリセットされますから、合間合間に食べるとネタの味がよく分かるのです。それに先ほどコハダを食べた瞬間、いいワサビを使っていると分かったので……ほら、見てください、カウンターで鮫肌でおろしてくれています」

      凛「いみわかんないにゃ……」



      35 のどぐろイイネ……食いてえ…… 2017/07/08(土) 15:23:21.48


      海未「さて、涙巻きもひとつ頂いたところで、次は……おおっ、アカムツの炙りですか……」

      ことり「それはどんなお魚なの?」

      海未「スズキの仲間です。最近はノドグロの名の方が有名でしょうか」

      穂乃果「あっ、聞いたことある! あのテニスの……」

      希「錦織選手やね」

      海未「そうですそうです。……脂がよく乗っていて、お刺身でも煮付けでもおいしいのですが……」

      ことり「ですが?」

      海未「……高いのです。超高級魚ですから……ほら」

      凛「ひ、ひぇ……」

      希「高ぁ……」

      海未「……ほう、夏場は新潟産を仕入れているのですね……それはそれは、さぞおいしいことでしょう……」

      凛「い、行くの? 行っちゃうにゃ?」

      海未「──すみませんッ! アカムツの炙りをお願いしますッ!!」

      穂乃果「行ったーッ!」

      板前「ラッキーだね、お嬢ちゃん! 今日のアカムツは特にうまいよ!」

      海未「本当ですか! 楽しみです……♡」



      36   2017/07/08(土) 15:28:42.21


      海未ちゃんに家柄的に舌が肥えてる風潮



      37   2017/07/08(土) 15:45:07.85


      板前「へい、お待ちどう! アカムツの炙りねっ!」

      海未「き、来ました……おお、炙られた脂がてらてらと輝いて……う、美しい」

      穂乃果「おいしそう……」

      希「あかんよ穂乃果ちゃん」

      穂乃果「し、しないよ横取りなんて!?」

      海未「では、まずはそのまま……いただきます」

      ことり「どう? おいしい?」

      海未「……」

      凛「……あれ? 海未ちゃん?」

      海未「……」スゥッ

      凛「!?」

      穂乃果「う、海未ちゃんが……」

      希「泣いている……!!」

      海未「……私は、これほど、この国に生まれてよかったと思ったことはありません……ああ、素晴らしいです、感動のおいしさです……」

      凛「そ、そんなに……凛も食べたくなってきたにゃ……」

      海未「口の中でとろける上質な脂を、ほどけたシャリがしっかと受け止め……そして噛むたびに襲い来る旨味の奔流! 炙られた皮の香ばしさとワサビが、におやかに鼻腔から抜けて……くらくらしてしまいます……」

      希「作詞家の語彙力よ」

      海未「それに……板前さん、これ、コハダや巻き物とはシャリを変えていませんか?」

      板前「ほーっ……よく分かるねえ、お嬢ちゃん。確かにシャリを変えてるよ。ちらし寿司に近いかね」

      海未「やはり……あれだけ旨味の強い脂を食べたのにシャリの味も強く感じたのは……甘めのお酢を使っていたのですね。それに、心持ち強く握られていた気がします」

      板前「それもまた、シャリが負けないための工夫よう! しかし本当に味のわかるお嬢ちゃんだ、気に入った! その握りは俺のオゴリだ!」

      穂乃果「えーっ、ずるい!」

      板前「むっ……分かった、連れのみんなも一貫ずつ食ってけ!」

      ほのりん「やったー!!」

      ことり「い、いいんですか……?」

      板前「い、い、いいって事よ! 江戸っ子に二言はねえからなっ!!」

      板前「……それに、おれの寿司食って泣いてくれたのは、お袋の他にゃ嬢ちゃんだけだ……おりゃ嬉しくってよう!」

      希「海未ちゃん、おそるべし……!」



      38   2017/07/08(土) 16:04:04.04


      前回のラブライブ!
      おいしいお寿司を堪能したμ’s! 板前さんの粋な計らいで、お代も安くなっちゃった!
      そんな九人は今日も部室でお魚の話──私たち、スクールアイドルだよね!?

      絵里「おいしかったわね、昨日のお寿司」

      希「もう、えりちそればっかり」

      絵里「だ、だって本当においしかったんだもの……いいでしょ」

      花陽「イカもお魚も、最後のおみそ汁まで最高でした……♡」

      真姫「まあ、確かにおいしかったわ。食べ比べてみてイカの違いも分かったし」

      にこ「あれだけ食べたのに一人千円にまでまけてくれたしね。赤字じゃないのかしら……」

      ことり「海未ちゃんのおかげかな?」

      海未「や、やめてください……あれは本当においしくて」

      凛「感動のおいしさです……」

      海未「凛!」

      凛「にゃはーん」

      穂乃果「うう、でも穂乃果、若干の心残りが」

      真姫「心残り?」

      穂乃果「うん、お魚の名前は忘れちゃったんだけど……昔おとーさんが連れてってくれたお店で食べた白身の握りがとってもおいしくて……なんで忘れちゃったんだろ……」

      海未「白身ですか……特徴は?」

      穂乃果「えーっと……白くて……白くてね」

      海未「迷宮入りですね」

      穂乃果「あーん!」



      39   2017/07/08(土) 16:17:41.95


      海未「もうちょっと何かあるでしょう……何か乗っていたとか、食べた時期とか」

      穂乃果「うーんと……時期は今くらいだったと思う……穂乃果が自転車に乗れるようになった日に、『うまいものでも食いに行こう!』って言って連れてってくれたんだけど……確か、セミが鳴いてた」

      海未「夏の魚でしょうか。他には?」

      穂乃果「……あっ、すだち! すだちが乗ってた……気がする。あとは……シャリが透けて見えたような」

      海未「なるほど。そのお店に生簀はありましたか?」

      穂乃果「──あった! 生簀からお魚出して捌いてくれてた!」

      海未「ですが、穂乃果のいうそのお魚は、すでにサクになったものを切りつけていたのではありませんか」

      穂乃果「そう! どうしてこれだけ泳いでるのじゃないんだろう? って不思議だったんだ」

      海未「なるほど、分かりました。それは十中八九──キジハタですね」

      穂乃果「あっ……確かにそんな名前だったかも!」

      凛「海未ちゃん、もうすごいを通り越してちょっと怖いにゃ……」

      希「まるで名探偵やね」

      海未「騒ぐんですよ、探偵の血が」

      にこ「わかるわ」

      絵里「んん?」



      40   2017/07/08(土) 16:28:38.43


      海未「キジハタは大変おいしい魚ですが、少し寝かせないと味がしないという不思議な特徴があります。なので、サクにしてから一晩ほど熟成させるんですね」

      花陽「なるほど、だから生簀からじゃなかったんだね」

      海未「ええ。それに、身の締まりが強い魚ですから、握りにするときは薄く切りつけるんです」

      絵里「シャリが透けるほど……フグみたいね」

      海未「“夏のアコウに冬のフグ”という言葉があるくらいですからね。アコウというのはキジハタの関西での呼び名です。……しかし、キジハタの握りを出してくれるとは、さすが穂乃果のお父様はいいお店をご存知ですね」

      穂乃果「そうなの?」

      海未「薄造りの握りなんて、普通やりませんからね。それに関東では、そもそもキジハタの扱いに慣れた職人さんが少ないでしょうから」

      ことり「親孝行しないとだよ、穂乃果ちゃんっ」

      穂乃果「か、肩もみとかしてあげようかな?」



      41   2017/07/08(土) 16:30:49.00


      キジハタの握りまた食いてえなあ……
      あともうネタがない
      ちょっと飯食ってる間に誰か魚料理っぽいお題ください



      43   2017/07/08(土) 18:48:12.27


      >>21

      唐突に出てくる花屋で草



      44   2017/07/08(土) 19:38:41.83


      闇医者なにやっとんねん



      47   2017/07/08(土) 23:14:44.43


      ゴンズイは蒲焼き風にしたことしかないな
      味噌汁にしてもいいらしいとは聞くけど



      53   2017/07/09(日) 11:50:55.04


      この時間にちょうどおあつらえ向きのスレを読んでしまった



      54   2017/07/09(日) 11:52:32.81


      断食修行者にこのスレを読ませちゃいけない



      55   2017/07/09(日) 11:52:41.44


      良スレを見つけた



      56   2017/07/09(日) 12:03:28.19


      こんなにも海未ちゃんが大和撫子してるスレは久しぶりに見る



      58   2017/07/09(日) 12:26:54.26


      海老の話 たのむ



      62   2017/07/09(日) 14:10:29.56


      海未「次は炒め物です。今度はエビをダイレクトに食べるので、少し下処理をします」

      希「冷凍のでも下処理せなダメなん?」

      海未「簡単で大丈夫ですよ。ボウルの中でお酒で洗って、霜降りするだけです」

      希「しもふり?」

      海未「>>11
      です。熱いお湯ですすぐ感じですね」

      希「なるほど〜」

      海未「では私はこちらを進めるので、餃子を包んでおいてください」

      希「りょうかい!」

      海未「下処理の済んだエビに塩こしょうをして、片栗粉を軽くまぶします。これをすると味馴染みも食感もよくなりますよ」

      希「ふむふむ」

      海未「次はアスパラです。硬い下3センチばかりの皮をむいて、はかまを取ったら、斜めに切ります」

      海未「あとは炒め合わせて味付けするだけです。今回はにんにく風味にしたいので、サラダ油でにんにくを熱して──」

      海未「香りが立ってきたらアスパラを入れます。油が馴染んでアスパラが青々としてきたら、エビも入れます」

      希「いい匂い〜」

      海未「お腹が空きますね。塩こしょうで味を整えたら、ここでカレー粉を──これでもかと入れます!」

      希「あ、あかん、お腹鳴りそう」

      海未「馴染ませたら火を止めて、マヨネーズを和えます!」

      希「そんなん絶対おいしいやん……」



      63   2017/07/09(日) 14:10:29.56

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1499480998/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど