投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】海未「卒業」凛「かなしい」

【ラブライブ!】海未「卒業」凛「かなしい」

2016年02月12日 18:51:50 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:11:34.94 ID:pZcAJRzt


カランカラン~♪

凛「え〜っと・・・」

ナンメイサマデショウカー

「凛ちゃんこっちこっちー」

凛「ぁ、まちあわせなので」

凛「おまたせ」

真姫「まったく遅いわよ・・・凛」

花陽「まぁまぁ」

凛「えへへ、ごめんね」

花陽「凛ちゃんもドリンクバーでいいよね?」

凛「うん、いいよー」



:名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:11:34.94 ID:pZcAJRzt

人気の記事

    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:12:10.83 ID:pZcAJRzt


    ピンポーン

    オマタセイタシマシター

    花陽「ドリンクバーひとつおねがいします」

    カシコマリマシター

    凛「はぁ・・・」

    真姫「なによため息なんてついちゃって・・・」

    凛「なんかさぁ・・・」

    花陽「うん」

    凛「終わっちゃったんだなぁって」

    真姫「・・・そうねぇ」



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:12:37.41 ID:pZcAJRzt


    花陽「・・・うふふ」

    凛「な、なんで笑うのかよちん」

    花陽「凛ちゃんらしくないなぁって」

    真姫「まぁ確かに、凛にセンチメンタルな雰囲気は似合わないわね、ふふ」

    凛「なんだよもう・・・」

    花陽「ふふ・・ごめんね凛ちゃん・・・でも・・・ふふっ」

    真姫「早かったわね、この一年」

    花陽「・・・ほんとにね」

    凛「はぁ・・・卒業式かぁ」

    真姫「あの三人が卒業なんて信じられないわね、まったく」

    花陽「そんなこと言うと穂乃果ちゃん怒っちゃうよ」



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:13:12.67 ID:pZcAJRzt


    凛「でも確かに真姫ちゃんの言う通りだね、穂乃果ちゃんとことりちゃんなんてずっとかよちんに抱き着いてたにゃ」

     穂乃果『うああぁん!花陽ちゃーん』スリスリ

    ことり『えぐえぐ・・・花陽ちゃぁん』エグエグ

     花陽『え?えぇぇ』ピャア

    花陽「あはは・・」

    真姫「ほんとに、あれじゃどっちが先輩かわからないわね

    凛「ほんとほんと」

    真姫「はぁ、凛も人のこと言えないわよ」

    凛「え!?」



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:13:44.34 ID:pZcAJRzt


     凛『うえぇえぇぇ・・・海未ぢゃあぁぁあぁん』ムギューー

     海未『ちょ、ちょっと凛!?』

    真姫「あなただって海未にずっと抱き着いてたじゃないの」

    花陽「ふふ」

    凛「そ、それは・・・」

    真姫「ま、あなたの気持ちもわからないではないけどね・・・」

    凛「凛ね・・」

    凛「希ちゃんが卒業しちゃって、すごく悲しかったんだ」

    花陽「・・・凛ちゃん」

    凛「それでちょっと元気なくなっちゃって・・・練習もあんまり気合入らなくてさ」

    真姫「確かに、あの時の凛は、何というか覇気がなかったわね」

    凛「そうそう、それでさ、放課後ちょっと海未ちゃんに呼び出されちゃってさ」

    ―――――
    ―――



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:14:07.93 ID:pZcAJRzt


    凛(最近ぼんやりしてたし・・・きっと怒られるんだろうなぁ)

    凛(希ちゃんもいないし、癒しがないよぉ・・・)ブルブル

    ガチャ

    凛「・・・海未ちゃん?いる・・・?」

    海未「凛、来ましたか」

    凛「う、海未ちゃん、あのね、最近ぼんやりしてたかもだけど、凛もうすぐやる気でそうっていうか・・・えっと、その、えっと・・・
    海未「凛」

    凛「は、はい!」

    海未「・・・・・遊びに行きましょうか?」

    凛「・・・・ふぇ?」キョトン

    海未「練習はおやすみすると伝えておきました、今日は二人で気分転換にどこか行きましょう、といっても放課後の時間ですからできることも限られていますが」

    凛「海未ちゃん・・・」

    海未「それとも・・・私じゃダメでしょうか?」

    ―――――
    ―――



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:14:34.41 ID:pZcAJRzt


    凛「海未ちゃんそのときすごく悲しそうな顔でわらっててさ・・・」

    凛「・・・わかったんだよ、悲しいのは凛だけじゃないって、凛は海未ちゃんのこと見えてなかったんだって・・・」

    花陽「そっか・・・」

    凛「結局最後に少し怒られちゃったんだけどね、えへへ」

    凛「でもさ、うれしかったんだ、海未ちゃんに怒られてうれしかったのなんて初めてだよ・・・」

    真姫「いきなり元気になったのは、そんなことがあったからなのね」

    凛「えへへ」

    真姫「単純ね、凛も」



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:15:06.54 ID:pZcAJRzt


    凛「・・・それだけじゃないんだよ?」

    真姫「どういうこと?」

    凛「凛・・・海未ちゃんに迷惑かけてばっかりだけど、こんな凛でも海未ちゃんの力になれればって・・・穂乃果ちゃんみたいに海未ちゃんを引っ張っていければいいなぁってさ」

    真姫「・・・また凛らしくないこと考えたのね、ふふ」

    凛「なんだよもー!」

    花陽「ふふ、凛ちゃん、海未ちゃんのこと大好きだもんね」

    凛「・・・うん、だから・・・って思ったんだけど、うまくいかないよね、やっぱり」

    真姫「いいんじゃない?それでも、気持ちはきっと伝わってるわよ」ナデナデ

    凛「・・・海未ちゃんすごいんだもん、何でも一人でやっちゃうし、凛がダイジョブかなぁって心配になる時には、もうほとんど片づけちゃってるんだ」

    花陽「作詞とか練習メニューとか、おうちのお稽古とかね・・・」

    凛「今まで、怒ってる海未ちゃんから逃げてばかりいたから、ぜんぜん、きづかなくて・・・いやいや、大変なことはわかってたけどさ・・・」

    凛「結局、卒業式の日になっちゃった、海未ちゃんに引っ張られたまま・・・」



    :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:15:30.82 ID:pZcAJRzt


    花陽「凛ちゃん・・・」

    凛「・・・もう、卒業しちゃうんだなって思ったよ、結局海未ちゃんを引っ張ることなんてできなかったって、でもさ、それ以上に・・・」

    凛「もう、怒ってくれないんだなぁって・・・迷惑も、かけられないんだなぁて思ったら・・・か、かな・・・かなじく・・・なっじゃって・・・」ポロポロ

    真姫「な、なに泣いてるのよ」

    凛「あれ・・・あれぇ・・・止まらないよぉ・・・」ポロポロ

    花陽「う、うぅ・・・凛ちゃん・・・ふぇえ・・」

    真姫「ちょ、ちょっと花陽まで・・!」

    凛「海未ちゃん・・・う“み”ちゃぁん・・・」ポロポロ

    花陽「穂乃果ちゃん・・・ごどり“ちゃぁぁん・・・うあぁぁ」ポロポロ

    真姫「ふたりがそんなんだと・・・わた、わたしまで・・」

    真姫(どうすればいいの・・・にこちゃん・・えりぃ・・・)ポロポロ

    ―――――
    ―――



    10 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:15:52.71 ID:pZcAJRzt


    公園

    穂乃果「はい、海未ちゃん、コーラだよ」

    海未「ありがとうございます・・・って炭酸じゃないですか!?」

    ことり「もう穂乃果ちゃんたら、冗談だよ海未ちゃん、本当はこっち」

    海未「はぁ、まったく、やめてくださいよ」

    カシュッ
    カシュッ
    プシュ

    穂乃果「げふ・・・おいしいねぇ」

    海未「はしたないですよ、穂乃果」

    ことり「くすくす」

    穂乃果「だってぇ、いっぱい泣いたら喉乾いちゃったんだもん、ねー」

    ことり「ねー♪」

    海未「・・・まったく、後輩を困らせてどうするんですか」



    11 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:16:24.33 ID:pZcAJRzt


    穂乃果「だって、花陽ちゃんとはずっとプランタンでやってきたし・・・離れるなんて考え」たくなかったんだもん」

    海未「はぁ・・・」

    ことり「海未ちゃんは逆に凛ちゃんに抱き着かれてたねぇ」ヒューヒュー

    海未「まぁ、あなたたちにとっての花陽が、凛ですから」

    穂乃果「海未ちゃん、好かれてたんだねぇ」

    海未「・・・そう、みたいですね、不思議です」

    ことり「不思議・・・?」

    海未「えぇ、私は凛を叱ってばかりいましたし・・・希のように一緒になってふざけるようなこともありませんでしたから」

    穂乃果「だから嫌われてるんじゃないかって?」




      12 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:16:48.24 ID:pZcAJRzt


      海未「・・・はい」

      ことり「もう!嫌ってたら抱き着いたりなんてしないでしょ!」プンプン

      海未「そう・・・ですね、それはわかっているのですが・・・」

      海未「私も・・・」

      穂乃果「・・・え?」

      海未「私も、一緒に泣いてあげるべきだったのでしょうか・・・」

      ことり「・・・違うでしょ、海未ちゃん」

      海未「・・・そうですね、私も・・・私も一緒に泣いて、別れを惜しみたかった」

      穂乃果「海未ちゃん・・・」

      海未「不器用、なんです、私は・・・・本当は凛を抱きしめてあげたかったのに・・・いざ凛を前にすると、励まさなきゃいけない、そんな気分になってしまうんです・・・」

      ことり「なんか、お姉ちゃんみたい」

      海未「・・・そう、かもしれませんね、リリーホワイトとして一緒にいるうちに、そう言う感情が芽生えてしまったのかもしれません」



      13 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:17:53.37 ID:pZcAJRzt


      穂乃果「頼もしいお姉ちゃんができて、凛ちゃんがうらやましいにゃー」

      海未「あなたも一応姉だと思うのですが・・・」

       雪穂『うわぁ・・・』

      穂乃果「雪穂には引かれましたけどねぇ」シクシク

      海未「そりゃあんなに花陽に抱き着いていたらそうなるでしょうよ・・」

      ことり「ふふっ」

      海未「しかし、もう凛の姿を同じ学校で見ることができなくなるんですね・・・」

      ことり「さびしいの?」

      海未「・・・まぁ迷惑もかけられていましたし、変なことに巻き込まれないというのも平和でいいかもしれませんね」

      穂乃果「えぇ!?」

      海未「うふふ、冗談ですよ」



      14 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:18:27.76 ID:pZcAJRzt


      ことり「でもさ、最近は凛ちゃんのこと叱ることもあんまりなかったんじゃない?」

      海未「そうですね・・・凛も、すごく頑張っていたようですから」

      ことり「そうなの?」

      海未「とはいっても、空回りばかり、ですけどね・・・ふふ」

      穂乃果「もう、来年度からはあの三人も3年生だもんねぇ・・・」

      海未「頼もしくなったものです」

      ことり「海未ちゃんが言っても全然そう思ってるように聞こえないよぉ」

      海未「いいえ、確かにあの三人は頼もしくなりましたよ、入学した時とはひとまわりもふたまわりも大きくなって・・・」

      穂乃果「早かったねぇ・・・時間がたつのがさ」

      海未「えぇ、そうですね」

      穂乃果「海未ちゃんとカンヅメになって勉強してる時の時間のほうが長く感じるもん」

      ことり「穂乃果ちゃんらしい」



      15 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:19:01.58 ID:pZcAJRzt


      海未「穂乃果」

      穂乃果「なぁに海未ちゃん?

      海未「ありがとうございました、アイドルに誘ってくれて」

      穂乃果「な、ななななにさいきなり///」

      海未「いいえ、言いたくなったので」ニコッ

      ことり「私も私も♪・・・コホン、ありがとう!穂乃果ちゃん!」

      穂乃果「や、やめてよぉ・・・///」

      海未「いつもの仕返しですよ♪」

      穂乃果「むー!なにさ!凛ちゃんには素直になれないくせにー!」プンプン

      海未「ちょ、やめてくださいよ」

      イクジナシー
      ナンデスッテー

      ことり「・・・ふふっ」

      ギュッ!

      穂乃果「なになに!?」

      海未「どうしたんですことり!?」

      ことり「二人とも!だーいすき!!」

      ―――――
      ―――



      16 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:19:28.00 ID:pZcAJRzt


      海未「それでは、穂乃果、ことり、失礼します」

      穂乃果「うん!じゃーね海未ちゃん!」

      ことり「メールたくさんするからねー!」

      海未「えぇ、楽しみにしてます」ニコ

      海未「・・・卒業、ですか・・・私が?」

      海未「実感なんて、意外とわかないものですね・・・」

      海未「あの楽しい時間が、毎日続くものだと思っていましたよ・・・ふふ」

      海未「希達がいなくなって、わかってはいたつもりなんですが・・・」

      海未「・・・」ホロホロ

      海未「おかしいですね・・・」ポロポロ

      海未「本当に・・・スクールアイドル、やってみてよかったです・・・」ポロポロ

      ―――――
      ―――



      17 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:20:01.43 ID:pZcAJRzt


      テクテク

      海未「なんとなく、家には帰りたくないです・・・」

      テクテク

      海未「・・・そうだ、希の家にでも行きましょう、最近受験勉強で全然行ってませんでしたし」

      テクテク

      海未「そうしましょう!きっと希も寂しいはず」

      「誰が寂しいって?」

      海未「それは希です!って希!?」

      希「これは久しぶりにワシワシが必要かもしれんなぁ」

      海未「うみゅぅ・・・・やめてください」

      希「じょうだんやよ♪、うちにくるつもりだったん?」

      海未「えぇ、そうしようかと」

      希「うれしいやん、じゃあ、一緒にいこ」

      海未「はい、よろこんで」

      ―――――
      ―――



      18 :名無しで叶える物語 :2016/01/19(火) 20:20:30.49 ID:pZcAJRzt


      ピンポーン

      シーン

      凛「おかしいなぁ・・・いないのかなぁ」

      凛「一緒に遊ぼうと思ったのに・・・」

      ソウナンデスカー
      ソウナンヨ

      凛「ん、声が聞こえる・・・あ、あれはっ!」

      海未「り、凛!?」

      凛「海未ちゃんと希ちゃんだー!!」

      モッギュー

      凛「おかえり二人とも!待ってたにゃ♪」

      海未「凛・・・」ジワァ

      のぞうみ「ただいま♪」

      おしまい



      29 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:50:17.16 ID:a69vYywl


      凛「にゃ〜!」

      海未「うわぁ!?」

      凛「うっしっし、また凛の勝ち〜♪」

      海未「むむむ・・・また負けですか、μ’sにはババ抜きが強いメンバーが多いですね・・」

      希「・・・もしかしてこの一年もずっとこんな感じだったん?」

      凛「うんうん、むしろ海未ちゃんに負ける人なんていないと思う」

      海未「こ、この前一回だけ花陽に勝ちました!」

      希(気使わせとるやないか・・・)

      凛「ねぇねぇ、次は何する〜」

      ボーン、ボーン・・・

      希「あらら、もうこんな時間だ・・・」

      凛「えぇ〜・・・」

      海未「それでは、お暇しましょう、凛」

      凛「えー、泊まろうよ〜」

      希「うちはええよ」

      凛「やったぁ!」

      海未「はぁ、もしかして凛はいつもこんな感じなんですか?」



      30 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:50:36.88 ID:a69vYywl


      希「うんうん、ちょくちょくうちに来て泊まってくよ、この前凛ちゃんのママからおいしそうなお菓子貰っちゃうくらい」

      海未「そうですか、まぁ希が迷惑していないなら、いいと思いますけど・・・」

      凛「にゃー★」ゴロゴロ

      海未「くつろいでる・・・」

      希「まぁ、うちらは一緒に園田教官のお説教から逃亡し続けた戦友やし」

      海未「あなたたちが変なことしなければそもそも怒らないですよ、まったく」

      海未「・・・凛」

      凛「はーい」

      海未「あまり迷惑、かけてはいけませんよ」

      凛「・・・海未ちゃんは泊まらないの?」

      海未「私はいろいろとやることがあるので、今日は帰ろうと思います」ニコ



      31 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:51:13.08 ID:a69vYywl


      凛「そっか、わかった」

      希「気をつけて帰るんやで〜」

      海未「わかってますよ、それでは二人とも、お元気で」

      凛「海未ちゃん!」

      海未「・・・はい?」

      凛「えっと・・・その、今日はごめんなさい、迷惑、かけたくなかったんだけど・・・寂しくなっちゃって・・・あはは・・・」

      海未「ふふ、迷惑なんかじゃないですよ、私も、うれしかったです」

      凛「そっか・・・あはは、よかった」

      海未「・・・凛、今まで、ありがとうございました、あなたがいたから、私は元気でいられたんだと思います、もう・・・練習を見てあげることはできませんが・・・頑張ってくださいね」ニコ

      凛「・・・・」

      海未「・・・・っ」ポロ

      凛「海未ちゃん・・・」

      海未「・・・失礼します」

      ガチャ・・・バタン



      32 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:51:57.66 ID:a69vYywl


      凛「・・・ねぇ希ちゃん」

      希「はいはい」

      凛「お泊りだけどさ、ちょっとキャンセル」

      希「うん、わかったよ凛ちゃん・・・いっておいで」

      凛「・・・・」コクン

      ガチャ・・・バタン

      希「キャンセル料は・・・二人の笑顔やで・・・なんちゃって」

      ―――――
      ―――



      33 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:52:31.45 ID:a69vYywl


      海未(結局、最後まで年上でいようとしてしまいました・・・)

       海未『迷惑なんかじゃないですよ』

      海未(もっと言いたいこと、あったはずなのにな)

      海未「・・・・凛」

      「・・・なぁに、海未ちゃん」



      34 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:53:01.27 ID:a69vYywl


      海未「え・・・」

      凛「一緒に帰ろ、海未ちゃん」

      海未「希の家に泊まるんじゃ・・・」

      凛「そんなことはどうでもいいの!」

      海未「・・・わかりました、では、帰りますか」

      スッ

      ギュ

      凛「ねぇ海未ちゃん」

      海未「はい・・・?」

      凛「朝練とか、来てくれないの?」

      海未「ふふ、凛の口から朝練なんて言葉が出てくるなんて思いませんでした」

      凛「もう、凛だって真面目に練習するもん」

      海未「ふふ、そうでしたね」

      凛「海未ちゃん、朝はいつも走ってるんでしょ?」

      海未「そうですね・・・ですが顔を出すのはやめておきます」

      凛「・・・なんで」

      海未「そんな顔しないでください・・・、今のアイドル研究部を引っ張るのは、凛たち三人じゃないですか」

      凛「だってぇ・・・」ポロポロ



      35 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:53:26.82 ID:a69vYywl


      海未「来年度から三年生でしょう?」

      凛「海未ちゃんの前では・・・後輩だもん・・・」ポロポロ

      海未「先輩後輩禁止」

      凛「・・・ふぇ」

      海未「なんていうのも今日が最後です」

      凛「・・・やだ」

      海未「・・・え?」

      凛「うぅ、そんなの・・・やだよぉ」ポロポロ

      ピタ

      凛「練習に行っても・・・学校に行っても・・・海未ちゃんたちがいないなんて、凛、我慢できない・・・!」ポロポロ

      海未「た、立ち止まらないでください、凛」

      凛「やだ・・やだぁ・・・」ポロポロ



      36 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:53:52.77 ID:a69vYywl


      海未「・・・凛」

      凛「・・・叱って」

      海未「・・・へ?」

      凛「叱られたら、凛も歩くよ・・・」

      海未「そんなこと・・・」

      凛「凛・・・迷惑ばかりかけてたと思うけど・・・頑張ってたんだもん」ポロポロ

      凛「海未ちゃんに叱られないようにって・・・海未ちゃんを引っ張りたいなって・・・」ポロポロ

      凛「でも・・・叱ってくれる海未ちゃんがいなくなるなんて、考えられない・・・!」ポロポロ

      凛「大好きだから・・・海未ちゃんが・・・大好きだから・・・」ポロポロ

      海未「凛・・・」

      凛「叱って・・・凛を叱ってよ・・・りんを・・・

      ギュッ

      凛「・・・ぇ」



      37 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:54:27.17 ID:a69vYywl


      海未「できません・・・できませんよそんなこと・・・!」ポロポロ

      凛「海未ちゃん・・・泣いて

      ギュー

      凛「むぐ・・・

      海未「今まで、一緒にやってきて・・・後輩の中で一番時間を共にして・・・!寂しくないわけないじゃないですか・・・!」ポロポロ

      海未「わたしだって・・・できるなら立ち止まって・・・ここでずっと周りの時だけが進むのを見ていたいです・・・凛ともっと一緒にいたいです・・・!」ポロポロ

      海未「なんで・・・大好きな人を残したまま卒業なんてしなくちゃいけないんですか・・・!」ポロポロ

      凛「海未ちゃん・・・」



      38 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:54:46.11 ID:a69vYywl


      海未「いいですか、凛」

      凛「・・・うん」

      海未「あなたが私を思う気持ちの数倍、数十倍・・・いいえ、数百倍も、私は凛が好きです、性格はバラバラですが、一緒にスクールアイドルができてよかったと・・・私は思います」

      凛「うん・・・うん・・・」ポロポロ

      海未「私は不器用ですから・・・きっとあなたを抱く手を離したら、いつもの私に戻ってしまいます・・・けれどこれだけは言わせてください・・・私も、凛が・・・あなたたちが大好きです・・・」

      パッ

      凛「う“み”ちゃぁん・・・」ポロポロ

      海未「さ、帰りましょう、凛、立ち止まってる暇はありませんよ」

      スッ

      凛「わかった・・・凛、がんばるから・・・」

      ギュ

      海未「それでこそ凛です」

      凛「ね、もっとお喋りしよ」

      海未「はい、よろこんで・・・そうですねぇ」



      39 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:55:31.11 ID:a69vYywl


      それから、凛と海未ちゃんのおしゃべりは、家に着くまで続いた
      一歩一歩、踏み出すたびに縮まるのは、家までの距離だけじゃなくて
      一緒にいられる時間も、そう思うと、凛の足は段々と歩幅が狭くなっていって

      でも、立ち止まることはなかった

      海未ちゃんも意識してか、それとも自然にか、歩幅を合わせてくれて
      また気を使わせちゃった・・・そう思ってしまう
      だから結局凛が海未ちゃんを引っ張るのはとても難しいことだなって、あはは

      海未「そういえば希の家によく泊まりに行ってるようですが、感心しませんね」

      凛「・・・うぅ、説教しないってさっき言ったのに・・・」ボソ

      お喋りに熱が入ってくるとついつい説教みたいになっちゃう海未ちゃんだけど
      なぜか、今だけはなんとなく、説教が心地よかった

      海未「それでは凛、身体にお気をつけて」

      凛「海未ちゃんもね」

      海未「それでは、か、帰りますよ」

      凛「ど、どうぞ」

      海未「むむ、足が動きませんね」

      凛「ふふ、さっきの凛みたい」



      40 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:56:55.82 ID:a69vYywl


      海未「毒されてしまったのでしょうかね、ふふ」

      凛「もう少しおしゃべりしてく?」

      海未「・・・いいえ、それはやめておきましょう、そんなことしたらいよいよ帰れなくなりそうですから」

      凛「そうだね」

      海未「それでは凛・・・・さようなら」

      クルッ

      凛「・・・海未ちゃん!」

      海未「はい?」

      凛「さよならじゃなくて、またね、だよ」

      海未「ふふ、どこかで聞いたセリフですね」

      凛「あはは、ばれた?」

      海未「・・・そうですね、それじゃあ・・・またね、凛」

      凛「またね」

      テクテク

      凛「・・・・」

      テクテク

      凛「・・・っ」

      ダッ

      ムッギュー

      海未「ちょ、凛!?」

      凛「園田パワーたっぷり吸収〜〜!」

      バッ

      凛「ばいばい///」

      ダダダッ

      海未「まったく・・・凛は・・・」

      海未「またね、ですか・・・」

      海未「そうですね・・・また、会いましょう、絶対に」

      おしまい



      41 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 01:58:34.91 ID:a69vYywl


      本当は
      凛「卒業がやってきた」にしようかなっとちょっと思ってたんですが
      書いてたらそこまで軽いノリじゃないことに気が付いたのでやめたウイグルでした
      (やわ銀だけど)



      42 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 02:21:07.88 ID:DP5Z+1qT


      いい話だにゃー



      43 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 03:05:44.31 ID:5uSBUSr8


      μ’s活動終了後ユニットがどうなってるかはわからんが
      真っ先に上級生二人を同時に失う真姫
      一年毎にメンバーが一人づつ卒業していく凛
      揃ってる時間の長さが反動の大きさにも繋がる花陽
      三者三様の喪失感があるんだろうな



      44 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 05:25:37.86 ID:int/2U1v


      乙です
      卒業の話は涙腺にくるな…



      45 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 07:32:04.74 ID:cHR9ihD/


      これいいな いいSSみつけたよ



      46 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 07:34:59.63 ID:WvFiykUE


      良い話だった
      結局凛ちゃんが我慢できなくて家までしょっちゅう会いに行きそう



      47 :名無しで叶える物語 :2016/01/20(水) 07:34:59.63 ID:WvFiykUE

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1453201894/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど