投稿カレンダー

2019年5月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

月間アーカイブ

お問い合わせ

ラブライブ総合まとめちゃんねる へのお問い合わせは、こちらのメールフォームをご利用下さい。

※相互リンク・相互RSSはいつでも大歓迎です!お気軽にご連絡下さい!

Twitter でフォロー

逆アクセスランキング

ホーム > 未分類 > 【ラブライブ!】ことり「海未ちゃんが場所選ばないでどこでもキス求めてくる……」

【ラブライブ!】ことり「海未ちゃんが場所選ばないでどこでもキス求めてくる……」

2016年01月25日 0:04:20 , JST | 未分類
:名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:11:16.79 ID:NGudDjgq0


海未「穂乃果! 一人だけ遅れています!もう少しタイミングを早くしてください!」

穂乃果「は、はい〜、ふい〜……」

海未「にこ! また一人で勝手にアレンジをくわえないでください!」

にこ「ご、ごめん」

海未「凛も!はやいですよ!」

凛「はいっ!」

海未「ラストー!!」

〜〜〜

穂乃果「ふぁ、もう動けない……」

海未「では、15分間の休憩にします。各々、水分補給は必ずしておいてください」

海未「それと、次は一度通してやってみますので、注意したところなど、気をつけておいてくださいね」

凛「はーい」

海未「……」

海未「あとは、そうですね……」

海未「――ことり、ちょっと来てください」

ことり「ん? うん」

〜トイレ〜

ことり「……我慢できないの?」

海未「だめです……出来ません……もう、早く……」

ことり「……いいよ」

海未「んっ……」ムチュ

ことり「んっ、んんん……」

海未「ハァ……ハァ……ん」クチュ

ことり(……)

ことり(どうしちゃったんだろう、海未ちゃん……)



:名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:11:16.79 ID:NGudDjgq0

人気の記事

    :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:16:02.14 ID:NGudDjgq0


    海未「んふっ、んっ、はむっ……」チュ、クチュチュル

    ことり「う、海未ちゃん激し……んんっ!?」ガシッ

    海未「ことりの唇美味しいれす……」クチュチュル

    ことり(う、動けない……)

    海未「むっ、んんんん……ぷはっ」ハァハァ

    ことり「……」ハァハァ……

    海未「……ありがとうございます、ことり。……すっきりしました」

    ことり「……どういたしまして」

    海未「……さ、そろそろ15分経ちますかね……戻りましょう」

    ことり「……うん」

    ことり(……キスしてる時は、別人みたいにべったりしてくるのに、終わるといつもの海未ちゃん……)

    ことり(ドライっていうか……)

    ことり(恥ずかしく、ないのかな……?)



    :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:21:33.45 ID:NGudDjgq0


    ことり「……いつからだったかなぁ」

    ことり「あんなにキス求めてくるようになったの……」

    海未「……」

    ことり「……?どうしたの海未ちゃん?戻らないの?」

    海未「……や、」

    海未「やっぱり、あとちょっとだけ……」

    ことり「ええっ?」

    海未「あ、あと本当に少しだけでいいんです!あと五分だけでも……」ウルウル

    ことり「た、だめだよ、皆も待ってるんだし……」

    海未「で、ですが……」

    ことり「……」

    ことり(普段の海未ちゃんからは絶対に見られない光景……つい、いいよ、って許しちゃいそうになるけど……)

    ことり「だめだよ、ちゃんと指定した時間は守らなきゃ」

    海未「こ、ことり……」

    ことり「じゃ、じゃあ、練習終わったら……いいよ?」

    海未「……ほんとですか?」

    ことり(可愛い)

    ことり「うん、本当に」

    海未「……では、戻りましょう」

    ことり「うん」



    :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:27:53.70 ID:NGudDjgq0


    〜〜〜〜

    〜〜

    海未「はやく、ことり、はやく……」

    ことり「うん、わかってる。……トイレいこ?」

    〜〜〜

    ガチャ

    海未「んんっ……!」チュ

    ことり「んっ……」

    海未「ことりっ、ことひぃ……」クチュチュルムチュル

    ことり(……呂律が回ってないよ)

    海未「ハァ、ハァ……」

    クチュ……

    ことり「ん、んん!?」

    ことり(し、舌がはいって……!?)

    海未「んっ、むむっ、あっ、ん……」クチュルチュラ、ピチャ

    ことり「んんんっ〜!?」

    ことり(こ、これ……やばい……頭くらくらしゅる……)



    10 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:35:38.76 ID:NGudDjgq0


    海未「んっ……」ハァ、ハァ……

    ことり(あ、足がくがくして……た、立ってられない……こ、これ本当に、まずいかも……)ビクンッ

    ことり(気持ちいい、かも……!!)

    海未「んっ、クチュ、むうっ、んん……」クチュチュルムチュル

    ことり「んんんんんんんんっ!??」ビクンッビクンッ

    海未「ぷはっ……」ハァ、ハァ……

    ことり「あひっ、はひ……」ハァ、ハァハァ、ハァ……

    海未「ありがとうございます、ことり……」ハァ、ハァ……

    ことり「うん……」ハァ、ハァ……

    ことり「ど、どういたしまひて……」ハァ、ハァ……



    12 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:42:06.59 ID:NGudDjgq0


    帰り道〜

    海未「……」

    ことり「……」

    穂乃果「じゃ、二人とも、またねー!」ガララッ

    ことり「うん、またね」

    タダイマー

    ……

    ことり「……」

    海未「……ことり、すみません」

    ことり「え?」

    海未「いえ……迷惑をかけてるな、と……」

    ことり「そんな、気にしないで……わたしは全然平気だよ?」

    海未「……」

    ことり「それより、海未ちゃん。キスは私以外にはしちゃだめだよ?」

    ことり「やっぱり、女の子同士でってのは……良くは思われないよ……」

    海未「……そう、ですね」

    ことり「……私になら、いくらでもしていいから」

    ことり「我慢も、しなくていいからね?」

    海未「……ありがとうございます、ことり」

    ことり「うんっ。じゃ、また明日」



    13 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 19:45:43.94 ID:NGudDjgq0


    〜〜〜

    ことり「遊園地?」

    穂乃果「うん!なんかね、真姫ちゃんが連れてってくれるんだって!」

    穂乃果「ディスティニーランド!」

    凛「ディスティニーランド!?本当に!」

    真姫「ええ、本当よ」

    凛「わー!すっごい!凛行ってみたかったんだ!」

    凛「あのネズミかリスかよくわからないのに会いたーい!」

    花陽「カピバラだよ凛ちゃん」



    17 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 20:01:22.52 ID:lVqrhuDOa


    まだ場所を選んでるからセーフ



    19 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 20:43:01.18 ID:NGudDjgq0


    穂乃果「行こう行こう!」

    絵里「日にちって何時なの??」

    真姫「えっと……×日ね」

    希「あ、その日って、確か……」

    にこ「三年生は仮模試ね」

    凛「あー……」

    絵里「ううん、気にしないで。私達の事は気にしなくていいわよ」

    真姫「そう?……悪いわね」



    21 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 20:54:16.43 ID:NGudDjgq0


    〜〜〜
    遊園地の日
    〜〜〜

    凛「ひゃっほー!ディスティニーランド!行こっ、穂乃果ちゃん!」

    穂乃果「いえーい!カッピーを探せーい!」

    真姫「ちょっと二人とも、落ち着きなさいよ!」

    アハハハハハ……

    真姫「行っちゃった……」

    花陽「じゃ、私達も行こっか」

    ことり「そうだね」

    海未「……」

    〜〜〜

    真姫「かんっぜんにあの二人を見失ったわ……」

    花陽「どこに行ったんだろ……」

    ことり「うーん……まあ、とりあえず、遊びながら探そっか」

    花陽「そうだね……じゃ、まず何に行く?」

    ことり「やっぱり最初はジェットコースターじゃない?」



    22 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 21:09:05.92 ID:NGudDjgq0


    ガヤガヤガヤ……

    真姫「すごい並んでるわね……」

    ことり「ちょっと、時間かかっちゃうかな……?」

    花陽「そうだ、飲み物買ってくるね。みんな、なにがいい?」

    真姫「え、悪いわね……トマトジュース」

    ことり「わたしは午後ティー」

    海未「あ……私はお茶で……」

    花陽「うん、行ってくるね……」

    〜〜〜

    海未「……」

    ことり「すごい人だねぇ」

    海未「ことり……」

    ことり「うん?なぁに?」

    海未「そ、その……」




      23 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 21:24:16.76 ID:NGudDjgq0


      海未「……き、キス…したいです…」

      ことり「えっ?!今?!」

      海未「い、一瞬だけ、一瞬だけでいいので……」

      ことり「だ、ダメだよ、こ、こんなところで……」

      海未「……大丈夫です、意外と気づきませんよ、この混雑ですし……」

      ことり「う、海未ちゃん……んん!?」

      海未「んんっ……」チュツ



      24 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 21:36:39.77 ID:NGudDjgq0


      ことり(う、海未ちゃん……!?)

      海未「んぅ、ちゅっ……」チュルッ

      ことり(海未ちゃん〜〜?!)

      ことり「も、もうだめ!」

      海未「あっ……」

      ことり(うう、絶対他の人に見られたよぉ……)

      海未(……)



      26 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 21:49:40.86 ID:NGudDjgq0


      花陽「お待たせ〜……あれ?どうしたのことりちゃん。顔赤いよ?」

      ことり「な、なんでもないよ?」

      花陽「そう?……あ、ちょうどだね」

      〜〜〜

      ゴー!!!!

      花陽「キャーーー!!!」

      ことり「ウワーーー!!!」

      海未「ッッッッツツ!!!」

      真姫「ヴェェェエエエエ!!??」

      〜〜〜

      真姫「思わず変な声で叫んじゃった……」

      花陽「怖かったぁ……」

      ことり「でも面白かったね!」

      海未「……」フラフラ

      花陽「だ、大丈夫?海未ちゃん」

      海未「え、ええ大丈夫です……」



      29 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 22:43:40.59 ID:NGudDjgq0


      凛「カッピーいない……」

      穂乃果「全然会えない……どこにいるの……」

      凛「……あれ」

      穂乃果「いた!?」

      凛「いや、違くて、ことりちゃんと海未ちゃん」

      穂乃果「ん?あ、本当だ。トイレかな」

      〜〜〜

      ガチャンッ!!

      ことり「海未ちゃん……っん!?」

      海未「はっ、ふっ、んっ……」クチュチュル

      ことり「んっ、むんっ……」チュ、チュツ

      海未「……さっきは、ごめんなさい」

      海未「でも、我慢出来なくて……」

      ことり「……」

      ことり(……確かに、我慢しなくていいとは、私は言ったけども……)

      海未「……そうだ、ことり。あれに乗りましょう」

      ことり「あれ?」



      30 :名無しで叶える物語 :2015/12/08(火) 22:56:40.04 ID:NGudDjgq0


      ことり「……観覧車か」

      海未「ええ……こ、ここなら」

      海未「誰にも邪魔はされないので……」

      ことり「え、でも、見える人には見えちゃうよ……」

      海未「……」

      海未「……」ガシッ

      海未「んっ……」チュルル

      ことり「ふぅんっ?!」

      海未「……クチュ、ヌチュ……はふっ……」ジュルッチュックチュ

      ことり(や、やだ、なんでよりによってこんな透明のに乗っちゃったんだろ……)

      海未「……ことり、顔、真っ赤ですね」

      ことり「ふぇえ……」

      海未「んっ……」ムニュ、クチュルル

      ことり「んふぅ!?」

      〜〜〜

      アリガトゴザマシター

      ことり「……海未ちゃん」

      海未「はい?」

      ことり「今日の間はもうキス禁止!」

      海未「ええっ!?」

      ことり「わかった!?」チュチュン!?

      海未「は、はい……」(´・_・`)



      39 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 18:47:51.18 ID:XUBpakr/0


      〜〜〜

      凛「いやー!いっぱい遊んだにゃー!」

      真姫「結局どこ行ってたのよ……」

      花陽「でも、楽しかったね」

      穂乃果「だねぇ」

      ことり「次は絵里ちゃん達とみんなで行こう」

      海未「そうですね」

      真姫「……それもいいけど、再来週からはテストよ。わかってる?凛、穂乃果」

      凛「うげっ、思い出させないでよ……」

      穂乃果「ぶーぶー」

      ことり「……赤点、とっちゃだめだよ?」

      穂乃果「わかってるよ〜…………」

      穂乃果「おねがいっ、海未ちゃん!勉強教えて!」

      海未「またですか……穂乃果、前回は次は全部自分でやって見せると言ったではないですか」



      40 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 20:31:20.19 ID:XUBpakr/0


      ことり「まあいいじゃない。実際、穂乃果ちゃんが赤点とっちゃったら不味いし……」

      海未「ですが……何時までも甘やかしていては、穂乃果のためには……」

      ことり「……」

      ことり「……教えてあげるなら、後でキスしてあげる」

      海未「まったく穂乃果は仕方ありませんねぇ」

      穂乃果「わーい!」



      41 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 21:03:05.25 ID:XUBpakr/0


      穂乃果「じゃ、今日は解散だね〜」

      凛「ばいば〜い」

      ことり「じゃあね、またあし……た!?」グイッ

      海未「……」タッタッタ

      ことり「う、海未ちゃん!?そんな引っ張っちゃ……」

      〜〜

      海未「ことり、ことり……」

      ことり「待って海未ちゃん!せめてどこか、個室で……」

      海未「いやです……」

      ことり「でもここ公園だよ……」

      海未「隠れば大丈夫です……」

      ことり「で、でも、子供達とか……むうっ!?」

      海未「んっ、ちゅ、ちゅる……」チュッ

      キャッキャッ……

      ことり「……!」

      ことり(や、やだ、男の子たちがこっち来ちゃう……!)



      42 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 21:37:25.96 ID:XUBpakr/0


      ことり「う、海未ちゃん……」

      海未「んっ、んっ……♡」クチュチュル

      ことり(む、夢中になってる?!)

      男の子A「あ、ボール変なとこ投げちゃった」

      男の子B「とってくるー」

      男の子A「うんー」

      男の子B「あるぇ、ないなー」

      男の子B「どこかなー」

      男の子B「……ん?」

      ことり「……んっ、ふ、むぅ……」クチュチュル

      海未「はふ、むう……」チュルッ



      43 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 21:42:26.81 ID:XUBpakr/0


      ※ごはん食べてきます。※



      44 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 21:51:01.67 ID:Kslyw7P90


      食べ終わったか



      45 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 22:08:32.58 ID:XUBpakr/0


      男の子B「……」

      ことり「……!」

      ことり(や、やだ!見られてる!海未ちゃん、見られてるからぁぁあ!?)

      ことり「んっー!んんー!?」

      海未「はふっ、んちゅ、…♡」クチュ、ヌチュ

      ことり「んふぅっ!?」

      男の子B「」ポケー

      ことり「……ぷはっ!」

      海未「あふ……」

      ことり「海未ちゃん、もう行くよ!?」ダッ

      海未「あっ、……」

      タッタッタッタ……

      男の子B「……」

      男の子A「おーい、なにしてんだー」

      男の子B「いや、別に……」

      男の子A「ってうわ。お前」

      男の子B「ん?」

      男の子A「なんでチ○コたってるの」

      〜〜〜

      ことり「……もう、海未ちゃんってば」



      49 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 22:36:36.82 ID:XUBpakr/0


      海未「……」

      ことり「お願いだから、もう少し周りを見てよ」

      ことり「まだあんな小さい子だったからよかったけど……」

      ことり「万が一、大人や、同級生に見られたら、大変だよ?」

      ことり「……特に、スクールアイドルの今はね」

      ことり「μ’sに迷惑かかっちゃうよ」

      海未「……すみません」

      ことり「もう……」

      ことり「……」

      ことり「海未ちゃん、テストの日まで、キス禁止ね」

      海未「!?!?!?」



      50 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 22:41:40.31 ID:XUBpakr/0


      海未「何故ですか!?」

      ことり「こんな事じゃ、穂乃果ちゃんにまともに勉強教えられるか不安だよ」

      ことり「だからね、海未ちゃん。こうしよう」

      ことり「テストが終わったら、その日、海未ちゃんの好きにしていいから」

      海未「……私の、好きに?」

      ことり「うん。でも、本当に今からは禁止だよ」

      海未「……好きなだけ?」

      ことり「うん。一日中でもいいよ」

      海未「……わかりました」

      海未「なら私も耐えましょう……」

      ことり「うんっ。じゃ、また明日」

      海未「ええ……」



      51 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 22:51:23.18 ID:XUBpakr/0


      そしてその日から地獄でした。

      海未「ことり、あの……」

      ことり「忘れたの?約束」

      海未「あ……」

      ことり「ちゃんと我慢しなきゃ、もう今後もさせてあげない」

      海未「あう……」

      ことりが鬼のようです……。

      〜〜

      海未「ここは、なんやかんやで、あーなってこーなって」

      穂乃果「なるほどなるほど」

      穂乃果「わからない」

      海未「ですから……こうしてあげると……」

      穂乃果「ああっ!そっかぁ、今のならわかった!」

      穂乃果は気楽でいいですね……。

      海未「うっ、うう……」

      ことり「なに?何か、苦しそうだけど……どうしたの?」

      海未「こ、こ、ことり……」

      ことり「ん〜……?」ツヤツヤプルプル

      海未(ことりの唇……)

      ことり「だめだよ〜、我慢我慢」

      海未「ううう……」



      52 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:09:21.03 ID:XUBpakr/0


      寝付けない。

      海未「……」ハァ、ハァ……

      胸のうちの欲が、鼓動と一緒にどくどくと蠢いているようです……はあ……。

      〜〜〜

      海未「こ、ことり……?」

      ことり「んー?」

      海未「な、なぜそんなに近寄るっているのです?」

      ことり「特には」

      海未「……」

      海未(こ、ことり、まさか挑発のつもりですか!?)

      海未(ふ、ふふ、私も舐められたものですね……)

      海未(耐えてみせます……後4日!)

      海未(そして、そして!そのあと、ことりが泣き出すくらいに、めちゃくちゃに……)

      海未(……ふふ)



      53 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:15:01.12 ID:XUBpakr/0


      〜そしてテスト最終日がきた〜

      海未(や、やりとげました……)

      海未(これで……今日、あと3教科が終われば……)

      海未(……)

      海未「……それにしても、ことり。遅いですね。もうすぐホームルームが始まってしまいますよ」

      先生「はい、座って〜」

      先生「えー、南さんは体調不良の為お休みです」

      海未「」

      海未「……………………え?」



      54 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:19:43.79 ID:XUBpakr/0


      キーンコーンカーンコーン

      穂乃果「ふぅ〜おわったー!」

      海未「……」

      穂乃果「海未ちゃん、どうだった?」

      海未「最悪です……」

      穂乃果「えっ!?海未ちゃん出来なかったの?!」

      穂乃果「ど、どうしよう、じゃあ穂乃果、実は全然出来てなかったのかな……?」

      海未「ああいえ……テストは出来ましたよ」

      穂乃果「え?じゃあ最悪ってのは……」

      海未「……気にしないでください」

      穂乃果「? うん」

      〜部室〜

      海未「はあ……」

      海未「特になにもないのに部室にきてしまいました……」

      海未「他の皆も今日は帰ってしまいましたし……」

      海未「……はあ」

      ガチャッ

      「……あれ、海未ちゃん?」



      55 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:23:21.72 ID:XUBpakr/0


      海未「え……」

      凛「なにしてるの?」

      海未「いえ、凛こそ……どうしたんですか?」

      凛「うん、かよちんが今提出用のノート類を集めて持って行って、そのついでにアルパカの世話に行って帰ってくるのここで待つつもりー」

      海未「そうですか……」

      凛「海未ちゃんは?」

      海未「……特に、用はないんです」

      凛「そっかぁ」

      海未「……」

      海未(ことり……なぜやすんだのです……)

      海未(……はあ)

      海未「はあ……」

      凛「……海未ちゃん?」

      海未「え……はっ」



      56 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:26:25.86 ID:XUBpakr/0


      凛「なにか、悩みでもあるの?落ち込んでるみたいだけど……」

      海未「そ、そんな、悩みだなんて……」

      凛「ううん。そんな風に見えるよ。海未ちゃん、もし、凛に出来ることあるなら、何か言ってね」

      海未「……」

      凛「……」ツヤツヤプルプル

      海未(う……)

      『ことり以外の人とはダメだよ?』

      海未「……」

      海未(ことり……)

      海未(……)

      海未(ごめんなさい……約束、破ります……)



      58 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:33:11.07 ID:XUBpakr/0


      海未「じゃ、凛……目を閉じてくれますか?」

      凛「? うん」スッ

      海未「……」ガシッ

      凛「……海未ちゃん?」

      海未「……ごめんなさい」

      凛「……? なにを謝っ……んんっ!?」

      海未「ふぅっ、ん……」ルチュリュヌ、チュル

      凛「☆?Agdjtdk♡!〜Ω!?!」

      海未「はふっ、……」クチュチュル

      凛「ん、んんん……」

      チュ、チュッ、チュルル……

      海未「……ぷはっ」

      凛「……」ハアハア……

      海未「……」

      凛「……めて」

      海未「……?」

      凛「初めて……ファーストキス、だったんだよ、いまの」

      海未「……」

      凛「……」

      凛(……どうしよう、普通なら、嫌がったり、怒ったりするはずなのに……さっきのキスが……)

      凛(気持ちよくて、嫌じゃなかったなんて……い、言えない……!)



      62 :名無しで叶える物語 :2015/12/09(水) 23:57:51.22 ID:XnQZC6l10


      快楽即堕ち凛ちゃんまで見られるなんてなんてスレッドなんだ……!



      73 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 18:54:24.71 ID:Zh+Md05N0


      凛「……」

      海未「あ、あの、凛……」

      凛「……」

      海未「……その」

      凛「……」

      海未(き、気まずい!)

      凛「……えっと」

      凛「み、みんなには……内緒にしておくね、この事……でも海未ちゃん」

      凛「……いや、やっぱりなんでもないや」

      海未「……」

      凛「じゃ、じゃあ凛、帰る……」

      凛(かよちんごめん、先に帰る…)

      ……ガチャン

      海未「……」



      74 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 20:00:15.84 ID:Zh+Md05N0


      海未「……」

      海未(どうして私は……)

      海未(……明日会ったとき、謝りましょう……)

      〜〜〜

      凛「……」

      凛「……キスって、あんな……」

      凛「……」

      凛「……はあ」

      凛「どうしよう、またしてみたいって思っちゃう凛って……変なのかな……」

      〜〜〜

      ことり「ふええ熱が39度も出ちゃった……」

      ことり「これじゃ焼き鳥になっちゃううう」



      78 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 20:55:57.20 ID:Zh+Md05N0


      〜翌日〜

      海未「あっ……」

      凛「あ……」

      バッタリ

      海未「……」

      凛「……」

      海未「えっと、その……凛」

      海未「昨日は、本当に……」

      凛「べ、別にいいよ、そんな……」

      海未「ですが……」

      海未「やはり私の気持ちが……」

      凛「……えっと」

      凛「じゃあ、じゃあさ」

      凛「……」

      〜トイレ〜

      海未「……凛?」



      81 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 21:25:16.92 ID:Zh+Md05N0


      凛「もっかい、してくれたら、いいよ」

      海未「はい?」

      凛「だから、もう一回……」

      凛「キスしてくれたら……それでいいよ」

      海未「……」

      海未(……それは)

      海未(……)

      海未「……そ、……それは」

      海未(ダメです。……凛は……)

      海未「ダメです。……あの時は、私がとにかくおかしくなってただけなんです……」

      海未(凛は……いまの私みたいになっては、だめなのです)



      82 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 21:30:51.81 ID:Zh+Md05N0


      凛「……」

      海未「……ですので、キスは……」

      凛「……そっか」

      海未「ええ……わかってくれm」

      凛「じゃあみんなに言おうかな」

      海未「え」

      凛「海未ちゃんが私のファーストキス盗ったって」

      海未「……え」

      凛「部室で二人きりの時にいきなりキスしてきたって言おうかな」

      海未「……」

      凛「……」

      凛「どうしようか?」

      海未(りぃぃぃぃん!?)



      83 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 22:08:38.98 ID:Zh+Md05N0


      海未「えと、その……」

      凛(……)

      凛(……海未ちゃんが悪いんだからね)

      海未「わ、わかりました、しましょう」

      凛「……うん」

      海未「……」

      凛「……」

      海未「あ、いきますよ……しますよ?」

      凛「う、うん……」

      ガシッ

      凛(な、なんで腕掴むの!?)

      海未「……」スッー

      凛(…………ッ!)カァァ

      海未「んくっ……」チュッ

      凛「んゆぅっ……」///

      凛(やっぱり、暖かくなって……)

      凛(気持ちいい……)

      海未「んふ……」チュ、チュク、ピチャ

      凛「ふぅぅん……」サレルガママー

      海未(……)

      海未「……ハア、ハァ……」

      凛「ふにぃ……」

      海未「こ、これで……満足です、か……?」

      凛「……」

      凛「うん……」

      凛「また、よろしく……」

      海未「…………え、今なんて」

      凛「……」スースー

      海未「ってちょっと!トイレで寝ないでください!?」

      〜〜〜
      真姫「あわわわ……」ナンテコッター



      88 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 22:42:58.12 ID:Zh+Md05N0


      真姫「り、凛が……海未が……」

      真姫「……」

      〜〜〜

      凛『ああん、だめだよ海未ちゃん……』

      海未『よいではないですか……』

      〜〜〜

      真姫「ああああ……」ガクガク

      真姫「こ、これは私の胸の内に留めておくしかないわね……」

      真姫「他の子に知られたら大変だわ……」

      〜〜〜

      海未(……とりあえず、凛を教室に送っていきましたが……)

      海未(また、よろしく……とは……)

      海未(……嫌な予感が)

      ことり「――おはよう、海未ちゃん」

      海未「ぁ……おはようございます、ことり」

      海未「体調は良くなったのですか?」

      ことり「うん、なんとか」

      ことり「でも晩御飯にチキン出てきて少し複雑な気分になったよ」

      海未「え?」

      ことり「ううん、なんでもないの」



      89 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 23:14:20.19 ID:Zh+Md05N0


      ことり「というか、大丈夫だった?」

      海未「なにがです?」

      ことり「いや、ほら……」ゴニョゴニョ

      海未「……ああ」

      海未「もち、もちろんです。ええ」

      ことり「……ふぅん」

      海未「はははは……」

      ことり「……」



      90 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 23:26:03.30 ID:Zh+Md05N0


      海未(……と、とはいえ)

      海未「うっ……」ムズッ

      海未(……久しぶりにことりを見たら、やっぱり、その気が……)

      海未「……ことり」

      ことり「なぁに?」

      海未「その、今から……」

      ことり「……病み上がりだよ?もしかしたら風邪、うつしちゃうかもだよ?」

      海未「か、構いません、今……したいんです」

      ことり「……」

      ことり「仕方ないなぁ、海未ちゃんは」



      91 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 23:30:54.45 ID:Zh+Md05N0


      ことり「でも、まだだめ」

      海未「え?」

      ことり「それじゃあ、おもしろくな…………やっぱり今後、減らさなきゃいけないだろうし、我慢出来るようにならなきゃ」

      海未「で、ですが、もう二週間我慢しましたよ!?」

      海未(いえまあ、出来なかったんですけどね……)

      ことり「でも、まだ余裕あるよね?ならまだ大丈夫だよ、きっと」

      海未「そ、そんな……」

      ことり(……)



      92 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 23:46:13.35 ID:Zh+Md05N0


      ことり(……情けない顔の海未ちゃん)

      ことり(……)ンゾクンゾク

      ことり(正直、……可愛い!!)

      ことり(もっといじめたい!)

      ことり「……じゃ、我慢の限界、その時が来たら、教えてね」

      ことり「その時なら本当に好きなだけキスしてもいいから」

      海未「今度こそ本当ですよ!?」

      ことり「うん……じゃ、とりあえず」

      ことり「一ヶ月ね」

      海未「いっ……!?」

      ことり(ふふ……♪)

      海未(……)

      海未「い、一ヶ月……ですよ」

      海未「お、覚えている事ですね……」

      ことり「もちろん」

      ことり「じゃ、頑張ってね」



      93 :名無しで叶える物語 :2015/12/10(木) 23:52:18.17 ID:Zh+Md05N0


      海未(うう……絶対に、ことりに……)

      海未(やめておけばよかった、と思わせるくらい、やってやります……!)

      海未(どこでも、いくらでも……!)

      〜〜〜

      でもことりもひどいです。

      穂乃果「ことりちゃん、最近海未ちゃん好き?すっごいべったべたにくっついてるけど」

      ことり「ことりは何時だって海未ちゃんの事大好きだよ〜」ギュー

      海未(……ことりの匂い……いい匂い)

      海未「……」

      海未(なんのつもりですか……)

      〜〜〜

      ことり「新しいリップクリーム買ってみたんだ〜」

      ことり「どう?穂乃果ちゃん?」

      穂乃果「うわー!すごーい!ことりちゃん、唇ぷるっぷるだぁ〜!」

      海未(ぬおおおお)

      〜〜〜

      海未(ま、まだ二週間……)

      海未(こ、こんなにも辛いなんて……)

      ことり「辛そうだね」

      海未「こ、ことり……」



      94 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 00:00:12.49 ID:GXS+Nwwr0


      ことり「……」

      ことり「……キス、させてあげてもいいよ?」

      海未「えっ!?本当ですか!?」

      ことり「その代わり」

      ことり「今したら、今後は絶対にさせてあげない」

      海未「え……」

      ことり「どうする?」

      海未(そ、そんなの……出来るわけないじゃないですか!)

      海未「くっ……」

      ことり(悔しそうな顔……可愛い!)

      海未「……あと二週間です」

      海未「そのときを覚悟しておくんですね……」

      ことり「お手柔らかに……」



      105 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 18:23:17.83 ID:GXS+Nwwr0


      〜二週間前〜

      凛「……」

      凛「…………」

      凛「………………」

      凛「うわああああああああ!?」ゴロゴロゴロゴロ

      凛「なにしてんの!?なにしてんの!?」

      凛「なに言ってんの凛!?何をしているの凛!??」

      凛「馬鹿じゃないの馬鹿じゃないの!?!?」

      凛「うわあああああ!?」枕に顔うずめ



      106 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 19:18:25.68 ID:GXS+Nwwr0


      凛ママ「うるせーぞ凛!!」

      凛「あ、ごめんなさい……」

      凛「……」

      凛「……はあ」

      凛「……」

      凛「うわああああああああ!!」

      凛ママ「うるせっーって言ってんだろ!!」

      〜〜〜

      凛「……うう、明日から海未ちゃんとどんな顔して会えばいいのさ……」

      凛「……」

      凛「……またしてくれるかな」

      凛「……」

      凛「うわあああ((ry」バコッ

      凛ママ「お前はさっきからどうしたんだチョップ」

      凛「……」(´・_・`)



      107 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 19:34:25.25 ID:GXS+Nwwr0


      凛「……」

      凛「……」ゴロゴロゴロゴロ……

      凛「……はあ」

      凛(なんなんだろう、この気持ち……)

      凛(なんとも言えない……なんて言えばいいのか分からない……)

      凛(形容しにくい……)

      凛(凛は……どうしたいんだろ)

      凛「……」

      凛「海未ちゃん……」



      108 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 19:48:26.57 ID:GXS+Nwwr0


      凛「……寝よ」

      〜例のキスのあと〜

      凛「……」

      凛「だぁぁぁぁかぁぁぁらぁぁぁ」

      凛「ばっかぁぁぁ!?」

      凛「もう意味わかんない!本当に自分でもなにしてるかわかんない!」

      凛「あ、あ、でも、本当に気持ちよか……」

      凛「……」

      凛「うわああああああああ!!」

      凛ママ「晩飯に小骨たっぷりの煮魚だすぞ」

      凛「」(´・_・`)



      110 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 20:50:14.55 ID:GXS+Nwwr0


      凛「うう……」

      凛「なんなんだぁ、これ……」

      凛「はあ……」

      凛「……」

      凛「凛は……」

      〜〜〜

      海未「……凛」

      『また……よろしく』

      海未「……」

      海未「何かの、間違い……ですよね」



      112 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 20:56:34.05 ID:gyFVZLVGM


      うみりん、うみこと
      見事に俺得な組み合わせ



      113 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 22:31:05.27 ID:GXS+Nwwr0


      海未「……考えてても仕方ありません」

      海未「……どうすれば」

      〜翌日〜

      海未「……凛」

      凛「あ、海未ちゃん……」

      海未「あの、凛……」

      凛「っ!」

      海未「昨日の事なのですが……」

      凛「うわあああ!!」

      海未「!?」

      凛「言わないでええええ!!」ダッー

      海未「りーん!?」

      〜〜〜

      それからというもの。

      海未「凛……」

      凛「ひゃっ!?」

      〜〜〜

      海未「凛っ」

      凛「わぁー!?」

      〜〜〜



      114 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 22:36:07.27 ID:GXS+Nwwr0


      何故か避けられるのです。

      海未(凛……)

      海未(私は……嫌われてしまったのでしょうか……)

      海未(……それとも……)

      海未(……わかりまけん)

      そして、凛と上手く話す事が出来ないまま、二週間が経ったのでした。

      ※テスト最終日→トイレで凛とキス→ことりと一ヶ月我慢の約束→凛と上手く話せず二週間が経過(イマココ!)→今から残りの二週間(イマカラココ!)※



      115 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 22:44:04.21 ID:GXS+Nwwr0


      海未「凛……」

      凛「ぎにゃーー!?」

      〜〜〜

      ことり「デネデネー」

      海未(……)ムラッ

      〜〜〜

      海未(……なにを考えれはいいのか)

      海未(分からなくなってきました……)

      海未(なにもかも忘れて、キスがしたい事)

      海未(凛と……前のように、普通に接したい事)

      海未(……私は、どっちを重要だと思っているのです……?)

      海未(……)

      海未(自分の欲に、飲み込まれて……大事な事を、見失いそうです……)

      海未(でも……)



      116 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 22:46:27.02 ID:GXS+Nwwr0


      海未(……キスがしたい)

      海未「うっ、……うう」ポロポロ

      海未(そればかり考えてしまう私は……なんなんですか)

      海未(最低です……)

      海未(本当に……)

      海未(……でも、でも)

      海未(したいものは……したいんですっ!!)

      海未「ううううっ……」ポロポロ



      117 :名無しで叶える物語 :2015/12/11(金) 23:46:37.92 ID:GXS+Nwwr0


      凛「……」

      凛(海未ちゃん……最近、苦しそうだな……)

      凛(はあ……)

      真姫「なにしけた顔してるのよ」

      凛「うひょぉあ!?」

      真姫「驚きすぎでしょ、失礼ね……」

      凛「ま、真姫ちゃん……」

      真姫「どうしたのよ、凛」

      凛「べ、別に……」

      真姫「ふぅん……?」

      真姫(……)

      真姫「……早く行きましょ、部室」

      凛「う、うん……」



      126 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 16:52:15.18 ID:NxF9+uP301212


      海未「……」

      ことり「……海未ちゃん?」

      海未「あ……はい、なんでしょうか」

      ことり「ボッーとしてたけど……大丈夫?体調悪い?」

      海未「いえ、大丈夫です……」

      ことり「そう……」

      〜〜〜
      約束の日

      海未「ハアハア……」

      ことり「さって、今日までよく頑張ったね、海未ちゃん」

      ことり「約束どお」

      海未「……」ガシッ

      ことり「え」

      ことり「ちょちょちょ、どこ行くの〜!?」

      〜部室〜

      海未「んくっぅ!」チュッ

      ことり「んふっ……」

      海未「はあ、はあ……ことり、ことり……」チュルクチュル

      ことり「んふぅん……!」



      127 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 18:43:02.35 ID:NxF9+uP301212


      〜〜〜

      凛「決めた」

      凛「海未ちゃんとちゃんと話して、全部、無かった事にするにゃ!」

      凛「そうするのがべすとだね、うんうん」

      凛「海未ちゃん今どこにいるかな、部室かな?」

      〜〜〜

      海未「んふっ、んちゅ……」チュルミチュリ

      ことり「んっふ、んん……」チュク

      海未(あ、あああ、こ、これです……)

      海未(これが……したかったんです……)

      ことり(んゆぅっ!?舌入れてきたぁ……!)

      チュ、ルチリュル、チュル……

      海未「ん……」チュルミ

      〜〜〜

      凛「……」



      129 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 19:33:51.65 ID:NxF9+uP301212


      凛「……」

      〜〜〜

      海未「んっ、んくっ、ふっ、はぁ……」チュリチュル

      ことり「んんっ、うん……」

      〜〜〜

      凛(……う、海未ちゃん……?)

      凛(なにしてんの……ことりちゃんと……)

      凛「……」



      130 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 21:12:46.30 ID:NxF9+uP301212


      海未「んぅん、はふっ、はっ……」チュッチルリ

      ことり「んきゅ……」

      海未「ことり、もっと……」

      ことり「そん、な急かさないで……」

      海未「はっ、あふっ……」ジュルリッ、チュ

      ことり「んくっ……」

      凛「……」

      凛「……っ!」

      ガチ、ン……

      凛「っ!!」

      海未「っ!?」

      ことり(っ、誰……!?)



      131 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 21:43:30.18 ID:NxF9+uP301212


      凛「っ、……!」

      ダッ

      タッタッタッタッ

      ことり「……っ!」ガチャン!!

      ※部室の前にいたのが凛だとバレるorバレない※
      10時半くらいまで作業するんでそれまでにどっちがいいか書いてくれていると助かります。※



      135 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 21:49:40.25 ID:RlN5Ma5901212


      ばれる



      144 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 22:41:34.09 ID:NxF9+uP30


      ガチャン!

      ことり「……」キョロキョロ

      ことり「……!」

      ダッタッタッタ……

      ことり「り、凛ちゃん……」

      海未「……!」

      ことり「ど、どうしよう……」

      海未「……」



      145 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 22:50:40.87 ID:NxF9+uP30


      凛「……」ダッタッタッタ

      凛「はあ、はあ、はあ、はあ……!」

      凛「海未ちゃん、海未ちゃん、海未ちゃん……!?」

      なんで。

      〜トイレ〜

      凛「はあ、はあ……!」ガチャ

      凛「……」ハア、ハア、ハア……

      凛「なにしてんだろ……」

      凛「なにが、起きてんだろ……」

      凛「……」ポロポロ

      凛「なんで泣くのぉ……」ポロポロ

      凛「うっぐ、ひぅ、えうっ……」ポロポロ……



      146 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:39:28.60 ID:NxF9+uP30


      希「……」

      希「……」ビリィ!

      希「……っ!?」ビクッ

      希「急にタロットカードが破けた……」

      希「……なんや」

      希「これから悪い事でも始まるとでも言うんか……?」

      〜〜〜

      ことり「どうしよう、海未ちゃん。……凛ちゃんに見られたかもしれない」

      海未「そんな……」

      ことり「……と、とりあえず」

      ことり「……知らぬ存ぜぬ、貫き通そう。わたし達は、何もしてなかったって」

      海未「え、ええ……」

      海未(……凛)

      〜〜〜

      凛「……」

      凛「凛は……凛は」

      凛「……なんで泣いてるんだろ」

      凛(……わかんないや)

      凛「あはは…………」

      ガチャン……

      真姫「あら、凛……ってどうしたの!?目真っ赤よ?」

      凛「……真姫ちゃん」

      真姫「どうしたのよ凛、あなた、泣いてたの……?」

      凛「……」



      147 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:44:55.09 ID:NxF9+uP30


      真姫「なにかあったの?」

      凛(……)

      凛(ああ……)

      真姫「? ……凛」ガシッ

      真姫「え」

      凛「――」

      〜〜

      ※キスするorキスしない、で多数決※今日はここまでにしときます。展開考えるの結構大変多数決最高に楽寝ますノシ※



      148 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:48:27.58 ID:g08+BGCra


      する



      149 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:49:47.19 ID:nX8IyeWk0


      してるところをかよちんに見られて修羅場。



      150 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:56:55.93 ID:clSNVNjx0


      キスけど全部話して
      真姫ちゃん激おこで



      151 :名無しで叶える物語 :2015/12/12(土) 23:57:38.80 ID:clSNVNjx0


      >>150

      キスしないけど
      です誤字ごめん



      153 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 00:05:37.56 ID:0AGxQ8Dn0


      しない



      154 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 00:07:24.26 ID:2QPvUZdGK


      >>150

      これで



      155 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 00:07:55.66 ID:flKkxARO0


      どちらにせよ海未ちゃんが修羅場を歩むのは間違いない
      しない



      156 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 00:08:13.34 ID:71ksL99T0


      する
      修羅場れー



      158 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 01:06:21.91 ID:TdkLzSPq0


      >>150

      俺もこれ支援



      161 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 10:14:51.99 ID:jsQzD2Ila


      >>150

      これがいいです〜



      165 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 14:09:19.58 ID:UxsNM644a


      >>150

      これがいいにゃ



      166 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 14:19:49.26 ID:eDT/K8Bzd


      >>150

      まきちゃん支援



      167 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 16:02:12.66 ID:oNT2kNOd0


      凛(……っ)

      真姫「……?」

      真姫「どうしたのよ凛……本当に」

      真姫「悩みでもあるなら、話してみなさいよ……」

      凛「……」

      凛(言えるわけ無いじゃん……)

      凛「……なんでもないよ」

      真姫「嘘言わないで。なにかあったんでしょ?」

      凛「……」

      凛「……なん、ぇも、ない……ヒッグ」ポロポロ

      真姫「!?」

      凛「う、うぇ、え……」ビョエエエ

      真姫「り、凛……」



      168 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 16:29:53.15 ID:TPFCBzfH0


      slipの仕様よくわからないけど>>150
      賛成してる人というかしない派にslip後ろ四文字uz0PとCUYL多いけどこれって結構被るものなんだね



      170 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 17:53:42.72 ID:oNT2kNOd0


      凛「き、かないで……」

      真姫「……」

      凛「……ごめん、ごめん……」

      真姫「……わかったわ」

      真姫「もう無理には聞かない……でも、凛」

      真姫「辛い時は、頼ってよ」

      凛「……」

      凛(そういう、問題じゃあ、ないんだ……)

      真姫「……」



      171 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 17:59:42.88 ID:oNT2kNOd0


      真姫「……」

      真姫(……なにが、あったか……気になって仕方ないわ……)

      真姫(……!)

      真姫(そういえば……あの時……)

      〜〜〜

      凛『んくっ……』チュリル

      海未『んんうっ……』

      〜〜〜

      真姫「……」

      真姫「……」カァアッ

      真姫「って照れてる場合じゃないわね……」

      真姫「……っていうか、これ絡みとしか考えられない……」

      真姫「……海未に訊くのが、いいのかしら……?」



      173 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 18:33:07.24 ID:oNT2kNOd0


      〜〜

      海未「……」

      海未(凛……)

      海未(…………本当に、明日から)

      海未(凛とどんな顔して会えって言うんですか……)

      海未(……)

      海未「……っ」

      海未「どうすれば……」



      174 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 18:52:10.79 ID:oNT2kNOd0


      〜翌日〜

      海未(……昨日は眠れませんでした……)

      海未「ふぁ……」

      凛「……!」

      海未「あ……」

      凛「……」

      海未「り、り……」

      凛「っ……」

      海未「……」

      凛「……海未ちゃん」

      海未「なんですか……?」

      凛「海未ちゃんってさ……」

      凛「誰でも、いいの……?」

      海未「え……」

      凛「あんな事、誰とでもするの……?」

      海未「ち、違います!そんな事は……」

      凛「……やっぱり、してたんだ、本当に」

      海未「あ……」



      175 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 19:29:55.24 ID:oNT2kNOd0


      凛「……」

      凛(あれが……特別な事って思ってたのは
      凛だけだって事……?)

      凛(海未ちゃんは……)

      海未「いや、ちが……」

      凛「……い」

      海未「え……」

      凛「聞きたくない……」

      凛「海未ちゃんの言うことなんか……聞きたくない……」

      海未「……っ」



      176 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 19:30:55.72 ID:oNT2kNOd0


      ※いまから飯&作業あるんでちょっと落ちます※



      177 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 20:07:16.18 ID:oNT2kNOd0


      穂乃果「おっはよー、海未ちゃん」

      海未「……」

      穂乃果「ん?おはよう、海未ちゃん」

      海未「……」

      穂乃果「?」

      海未「……」ダバッー

      穂乃果「海未ちゃん!?なんで泣いてんの!?」

      海未「ほにょか……」

      穂乃果「ほにょか!?なんで朝から震えて呂律回んないくらい泣いてるの!?」



      178 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 20:26:42.44 ID:oNT2kNOd0


      カクカクシカジカ……

      〜〜〜

      穂乃果「なんと……」

      穂乃果「私の知らないところでそんな事が……」

      海未「……あの」

      穂乃果「ん?」

      海未「その……自分で言うのもなんですけど」

      海未「……軽蔑、しないんですか?」

      穂乃果「うーん……なんて言ったらいいのかな」

      穂乃果「どんな理由があって、そうなったのかは気になるけど」

      穂乃果「隠さないで話してくれたからいいかなって」

      海未(か、軽いですね……でも今は助かります)

      海未「それで、どうすればいいのでしょうか……」

      穂乃果「うーん」



      179 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 20:51:36.23 ID:oNT2kNOd0


      穂乃果「海未ちゃんってさ」

      海未「はい」

      穂乃果「ことりちゃんと凛ちゃん」

      穂乃果「どっちが大事なの?」

      海未「は?」

      穂乃果「それによって海未ちゃんが今後とる行動変わると思うんだけど」

      穂乃果「まあ、まずは凛ちゃんだね……」

      穂乃果「謝って終わる問題じゃないよね」

      海未「……まあ、そうですよね」

      穂乃果「……やっぱり、凛ちゃんと二人きりで、しっっかり話してくるのがいいと思うよ」

      穂乃果「海未ちゃんがやっちゃった事とか」

      海未「……」



      180 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 21:08:04.93 ID:oNT2kNOd0


      海未「……」

      海未(私は……)

      海未(……)

      穂乃果「……海未ちゃんが無性にキスしたくなるなんだかよくわからない状態なのは、穂乃果にはまったくわからないけど」

      穂乃果「ことりちゃんは、そういう事を知っててキスしてて……」

      穂乃果「凛ちゃんは何も知らなかったんだ」

      海未「……」

      〜〜〜
      凛『海未ちゃんってさ……誰でも、いいの……?』
      〜〜〜

      海未「……」



      181 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 22:14:19.17 ID:oNT2kNOd0


      海未(私は……)

      海未(私が大事なのは)

      海未「当然、二人ともです……どっちもなんてありません」

      穂乃果「……」

      穂乃果「そう」

      穂乃果「……じゃあ、海未ちゃん」

      穂乃果「凛ちゃんのとこに、行っておいで。今日」

      海未「はい……って今日!?」

      穂乃果「うん。善は急げ」

      海未「そ、そんなでも!」

      穂乃果「こういうのは引きずっちゃうとあとが大変だよ」

      海未「う……」



      182 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 22:34:33.36 ID:RFqCw4iia


      選べないのか・・・・



      184 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 22:42:14.40 ID:LnhPzYVaM


      構わん、もっと俺にもキスをしろ



      186 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 22:50:28.34 ID:oNT2kNOd0


      穂乃果「で、海未ちゃん」

      穂乃果「凛ちゃんと、今日お話、してくる?」

      海未「……」

      ※行くor行かない、で多数決※
      ※あと、これどちらか(ルート?)次第では不幸になるのでよろしこです。今日も疲れたのでここまでで。また明日※

      P.S.一体いつからこのSSがことうみだと錯覚していた?さーせんでした。



      188 :名無しで叶える物語 :2015/12/13(日) 22:55:56.37 ID:7iwBEQb40


      絶対行かないが不幸ルートじゃん
      行く、で



      207 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:36:52.55 ID:nciXwnzs0


      海未「行きます。それ以外には、なにもありません」

      穂乃果「……そっか」

      穂乃果「頑張れ!」

      海未「……ええ」

      〜放課後〜

      海未(さて……)

      ことり「海未ちゃん」

      海未「ことり……なんですか?」

      ことり「穂乃果ちゃんに聞いたんだけど……」

      ことり「凛ちゃんのところに行くの?」

      海未「ええ。……凛には、いろいろと、話さなければいけないことが、ありますから」

      ことり「……そっか」

      ことり「……」

      ことり「海未ちゃん、これ、あげる」

      海未「? なんですか、これ。……飴?」

      ことり「食べるといいよ」

      海未「……? ええ、ありがとうございます……」

      ことり「うん。……」



      208 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:43:01.73 ID:nciXwnzs0


      〜〜〜

      ことり「……」

      ことり「ごめんねー海未ちゃん……」

      ことり「キス魔にしちゃって……」チャリン

      ことり「この希ちゃんがくれた『飲んでから最初に見た相手にキスしたくなってたまらなくなる』っていう都合のいいお薬飲ませちゃって」



      209 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:43:25.98 ID:nciXwnzs0


      ことり(さっき飲ませたのは解毒薬っていうか、そんなお薬)

      ことり(最初はことりも半信半疑だったけど、ここまでとは……思わなかったよ)

      ことり(あんな海未ちゃんが見れるなんて……でも、凛ちゃんとそんな事になっちゃったってたとは……)

      ことり(……やっぱりこれ、希ちゃんに返そう)

      ことり(……頑張れ、海未ちゃん)

      ことり(騒ぎの種のことりが言うのはおかしいけどね)

      〜凛家前〜

      海未「……」

      海未(なんでしょう、さっきから、妙に気分が落ち着きますね……)

      海未「……」ピンポーン

      凛ママ「……はい?どなた様?」
      海未「初めまして、私はほし……凛さんの」

      凛ママ「ああ!あんたが海未ちゃん?」

      海未「はい……って、え?」

      凛ママ「長髪の大和撫子……あれ、もしかして違った?凛からそう聞いてるんだけど」

      海未(……)

      海未「そ、それは……ど、どうでしょう、ね?」

      凛ママ「ってまあ、そこで頷けるような自意識過剰ではないのね」

      凛ママ「とりあえず上がんな」



      210 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:45:29.42 ID:nciXwnzs0


      凛ママ「凛からよく話聞くよ。海未ちゃん海未ちゃんって」

      海未「そうなのですか?」

      凛ママ「もう毎日毎日うるさいくらいさ」

      凛ママ「……それで?今日はどうしたんだい。わざわざ」

      凛ママ「凛、帰ってきてから、部屋に閉じこもっててさ。何か、知ってる?」

      海未「……はい」

      海未「というか、私のせいです。それ」



      211 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:49:23.87 ID:nciXwnzs0


      凛ママ「おや、そうなのか」

      海未「……私は、凛を傷つけてしまいました」

      凛ママ「……」

      海未「私は凛に嫌われてしまったのかもしれません。でも」

      海未「私は凛の事が好きです。嫌われるのは辛いです……傷つけておいて、勝手ですが」

      凛ママ「まあー、そんなもんでいいんじゃない?学生ってのはそんなもんそんなもん」

      凛ママ「海未ちゃんだって、大人びてるけど、結局は所詮はまだ高校二年生なんだから」

      凛ママ「空回りすることの方が多いでしょ」

      凛ママ「まあ私は学生時代アホな事ばっかりやってたんだけどね」



      212 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 20:52:39.51 ID:nciXwnzs0


      凛ママ「適当でいいのよ」

      海未「……適当、ですか」

      凛ママ「そそ。なんとかなる、甘い考えもってたっていいの。問題はその考えに頼りきらない事」

      海未「……」

      凛ママ「まあ頑張りたまえよ、海未ちゃん。わはは」

      凛ママ「凛との仲を、取り繕っておいで」



      214 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 21:13:45.77 ID:nciXwnzs0


      海未「……」

      海未「……」コンコンッ

      凛『……はい?ママ?』

      海未「……海未です」

      凛『……!』

      海未「入ってもいいですか?」

      凛『……』

      凛『……いいよ』

      海未「……」カチャッ

      〜〜〜

      凛「……なに?」

      海未「……」

      海未「仲直りをしに、きました」



      215 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 22:27:21.62 ID:nciXwnzs0


      凛「仲直りって……別に喧嘩なんか……」

      海未「……」

      凛「……」

      海未「私は……」

      海未「……凛。私は凛の事が好きです」

      海未「だから凛と、ちゃんと話に来たんです」

      凛「……じゃあさ」

      凛「凛の事好きなら、なにかいうこときいてくれる?」

      海未「いいですよ。なんでも」



      219 :名無しで叶える物語 :2015/12/14(月) 23:47:19.87 ID:S1zwiE300


      ここで終わりはキツイぞぉ



      223 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 18:44:06.90 ID:xoGRskrF0


      凛「……」カチャッ

      凛「髪でも切ってよ」

      海未「……?」

      凛「その綺麗な、髪」

      凛「何年くらい? 結構かかってるよね」

      凛「それ。凛のために切れる?」

      海未「……」

      凛「……」

      海未「はあ……」

      凛「……やっぱ、そんな事でき」

      ヂョギンッ!

      凛「……え」

      パラ、パラ……

      海未「……」

      ヂョギンッ!

      凛「……え、ちょっと」

      ヂョギンッ!ヂョギンッ!

      凛「やめて、まって」

      ヂョギンッ!

      凛「やめてって言ってるんじゃん!!海未ちゃん!!」

      ヂョギンッ!

      凛「ご、ごめんなさい、ごめんなさい……凛ちょっとおかしくなってて、本気で言ったわけじゃ……」

      ヂョギンッ!

      凛「やめてぇっ!!」

      パラ、パラ……

      海未「……」



      224 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 18:46:55.33 ID:xoGRskrF0


      カタン

      凛「う、海未ちゃん……」

      海未「……凛と同じくらいになっちゃいましたね」

      凛「な、なっちゃいましたねって、そんな……」

      海未「……」

      海未「なんでも出来ますよ。ええ」

      海未「それに、見てくださいよ、凛」

      海未「お揃いみたいで……仲良しみたいで…………良くありませんか?」

      凛「……」



      225 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 18:50:46.12 ID:xoGRskrF0


      凛「……馬鹿じゃないの」

      凛「本気にしちゃって、ホントに髪切っちゃって」

      凛「部屋に散らかって、迷惑だよ」

      凛「後で片付けてね」

      凛「だいたい何さ」

      凛「仲良しみたいって」

      凛「……仲良し、みたい、って」

      凛「……凛達って、仲良し……じゃ、なかったの?」

      海未「……」

      凛「……あの時、海未ちゃんがキスしてきた時」

      凛「ちょっと、凛、自分が海未ちゃんにとって、特別な存在、なのかな?って思っちゃって。思い上がって」



      226 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 19:24:28.36 ID:xoGRskrF0


      凛「でもことりちゃんとしてて」

      凛「なんか悲しくなって」

      凛「なんでなのかな。本当に」

      凛「おかしい事の、はずなのに……」

      海未「……」

      凛「ねえ海未ちゃん……凛たちは……なに?」

      海未「……友達です」

      海未「……きっと、これ以上なく、仲のいい、友達です」

      海未「私はそう思います」

      凛「……」

      海未「…」

      海未(……何が正しいのでしょうか……)



      227 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 19:36:20.29 ID:xoGRskrF0


      凛「……そっか」

      海未「……」

      凛「なら、いいかな……ねえ海未ちゃん」

      海未「……はい?」

      凛「凛さ、多分ね」

      凛「海未ちゃんの事、女の子として」

      凛「好きになりだしちゃってたと思うの」

      海未「……」

      凛「でも。違う、んだよね」

      凛「それは違うんだよね」

      海未「……ええ」

      凛「……だよね」

      海未「私は……凛の事、好きですが、それは友達としてです」

      凛「……」

      凛「うん……ありがとう、そう言ってくれて」

      海未「……」



      228 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 19:37:12.81 ID:nrAE4+m9d


      坊主になったか



      230 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 20:37:48.52 ID:aDff/TJL0


      この時期の全裸待機は身体に悪い
      はよ



      231 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 20:59:41.30 ID:xoGRskrF0


      凛「……ことりちゃんは?」

      海未「……友達です」

      凛「そっか」

      凛「……」

      凛「ねえ海未ちゃん」

      海未「はい」

      凛「最後でいいからさ」

      凛「キスしてくれない?」



      232 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 21:22:21.62 ID:xoGRskrF0


      海未「……」

      凛「……って、ごめんね、嫌だよね……」

      海未「……」スッ

      凛「え……」

      海未「……目を閉じなさい」

      凛「えっ、あ、は、はい……」スッ

      海未「……」

      凛(……)

      チュ……

      凛「あ……」

      海未「……これで、許してくれますか?」

      凛「おでこ……」

      海未「……」

      凛「……うん。いいよ」

      凛「許してあげる」

      海未「……ありがとうございます」

      凛「……えへへ」

      〜〜〜

      凛ママ「お、終わったのか……ってどうしたその髪!?」

      海未「あ、いえ、ちょっといろいろありまし」

      凛ママ「そんなちょっとどころじゃねーだろ。ちょっとおいで、整えてやるから」

      〜〜〜

      凛ママ「こんなもんよ」

      海未「……これって」

      凛ママ「ん?そうだな、凛の髪型だな」

      凛ママ「いやだったか?」

      海未「いえ、そんな事ありません」

      凛ママ「そっか。んじゃま、気をつけて帰りな」

      海未「はい」



      233 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 21:38:35.85 ID:xoGRskrF0


      海未(……あ)

      凛「……」フリフリ

      海未「……!」

      海未「……」フリフリ

      〜数週間後〜
      海未「……凛。これはどういうことですか」

      凛「いや違うにゃ、これは何かの間違い……」

      海未「そうですね!間違いだらけですね!なんですこの×の量は!」

      海未「これはみっちり勉強する必要がありますね……」

      凛「ええっー!?テスト終わったのに!?」

      海未「終わったあとの復習が大事なんです。さあ、いまから凛の家に行きますよ!」

      凛「え、でも……」

      海未「なにか?」(ニッコリ)

      〜〜♡

      凛ママ「おっ、海未ちゃん。また来たのかい」

      凛ママ「今日で3週間埋まったじゃねーか」

      海未「あはは……」

      凛「何かと理由つけて家に来るようになったよね」

      海未「べ、別に……無理やり来てるわけでは……」

      凛ママ「だよな。来たくて来てるんだよな」

      海未「え、ええ。まあ……」

      凛「……海未ちゃん」

      凛「勉強するんでしょ」

      凛「早く部屋に行くにゃ!」

      海未「はいはい…………ふふ」

      凛「? なに笑ってるの?」

      海未「……いいえ」

      海未「なんでも、ないですよ」

      これから。
      これからも、よろしくおねがいしますね。凛。

      おしまい



      235 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 21:45:27.30 ID:ndysbbt40


      乙です
      新作待ってますぜ



      236 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 22:01:05.17 ID:yYngZgcE0



      次も楽しみにしてるぜ



      237 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 22:04:59.73 ID:aDff/TJL0


      おつ
      よくまとめた、感動した



      239 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 22:09:37.93 ID:AiKuvMBi0


      乙乙 次作も期待してる



      240 :名無しで叶える物語 :2015/12/15(火) 22:09:37.93 ID:AiKuvMBi0

      おすすめ記事


        引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/lovelive/1449569076/

        (-∀・)b シェアよろしくお願いでごますッ!

        コメント

        コメントを残す

        *

        このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

        スポンサード広告

        アンテナがビビビッだぜ!

        ラブライブ総合まとめちゃんねる で人気のあるスレッド

        世間様が注目しているニュースなど